プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

投信買付

グローバル・アロケーション・オープンを売却した資金が
口座に戻ってきました。
1週間ほどかかりました。
買付けるときには理解していましたが
この機動力の無さが致命的かもしれない。
レバレッジの効いた商品だとクールダウンも必要ですが
投信の場合はネックになるかも。
「日銀逆噴射」のお陰で円高に振れたので
ブラジル・ソブリン・ファンドとカナダドル債オープンを
投資金額がUSリートと同額になるよう買付けました。
あと5~6年は積み立てる予定。

これで毎月分配型以外の投信は無くなりました。
明日のコトも分からへんのに
「いずれ上がるだろう」と思いながら買うのはヤンピ。
ついつい保有期間が長くなって
逆にリスキーで勿体無く感じてしまう。
CFDを選んだ理由はココにあります。

GMOクリック証券の準備が整ってから
あちこち覗いていると
インヴァスト証券で新しいサービスが25日から始まったらしい。
その名もトライオートETF
ETFで自動売買をするそうな。しかも差金決済だと。
おお。トラリピくんのETF版ってカンジですかぁ。
ちょっと悔やまれましたが
ETFなので市場が閉じている時は取引ができない。
土日祝日はアカンし、夜間の取引もできない。
これはボラが大きくなるよね。
例えばこのGWなんかだと、売りたくても売れない状況になっちまう。
やっぱりCFDの方がエエような気がする。

あんまり色んな商品に手を出さず
基本的には日経225だけにするつもり。
最近になって、ようやくショートポジションにも慣れたし
損切りもできるようになってきました。
         (それでもまだ遅いけど)
資金管理をキッチリこなして
大切な収入源に育てたいものです。
スポンサーサイト

投信売却

グローバル・アロケーション・オープン。

やっぱり投信は鬼門なのかもしれない。
あんまり魅力を感じないので売却。
1年ほど放置して15%ほどの損失。
もういいかなってカンジです。

投信の基準価格の最も大きなファクターは為替だと思う。
複数の通貨、複数のファクターに投資する商品は
その価格決定の根拠が複雑で分かりにくい。
NYダウは堅調なのに、円高で下落というのはよくあること。
トラリピくんと同じように
買う時期、売るタイミングが重要だとは思うが
投資信託という商品の性質上
トラリピくんよりも損切りの判断が遅れる事が多い。
     (あくまで優柔不断な隠居おやぢの場合デス)
保有期間が延び、損失も拡大・・・こんなコトの繰り返しだった。

で。結論。
やっぱり投信との相性はヨクナイようだ。
でも将来のため積立はしときたい。
毎月チマチマ続けているのは・・・
・フィデリティ・USリート・ファンド
・ブラジル・ソブリン・ファンド
・カナダドル債オープン
・高島屋友の会

ブラジルレアルとカナダドル債は、FXでは手を出さない通貨。
政情不安のブラジル。原油安の影響を受けるカナダ。
USリートは分配多いし何となく(笑)。
高島屋友の会は将来発生する
パテック・フィリップやジャガールクルトのオーバーホール代(笑)。
毎年上昇してるので、資金をすぐに準備できない(涙)。
投資信託は分配金を再投資しながら5年間積み立て
その後分配金を年金のように受け取る計画。
そしたらその内にプラスになるだろう・・・と。

ええ。そうです。
投資効率が悪いと評判の悪い毎月分配型(笑)。
余命幾許もない老人は
長期間に渡るリスクも取れないしっ!
損益をそれほど気にしなくていいしっ!
分配受取が分かりやすくて好きっ!
アフリカ象が好きっ!(分かる人は分かる)

こうして隠居おやぢが持つ投資信託は
通貨の違いはあれど、全て毎月分配型になったのでした。
月に受け取る分配金は6~7万円。ありがとごじゃいます。
減配の可能性もあるので、もう少し増やしたいんですよね。

最悪だ!

昨日15:00で注文が締め切られた投資信託。
賽は投げられているので
今更どうしようも無いのだが・・・。
欧州株も下げ、NYダウも暴落。
そして。進む円高。

最悪だ!

最も良くないタイミングで
注文を出してしまったのかも??

でも、機動的な注文を出したい投信とは
訣別する良いチャンスだったのかも。
今は下げてるけれど
来春には「秋買い」が成功しているかもしれず。

まだ春まで4ヶ月ある。
焦らず巻き返しを図りたいもんぢゃ。
お支払いした授業料を回収するのぢゃ。

・・・にしても
例年、12月は円安傾向が強いように思うが・・・
一体どないなってんねんっ!?
幸いにしてトラリピくんは
ドルストレートに切り替えているので
まだそれほどの打撃はないけどぉ。
秘伝チャートを見てると
何とも暗澹たる気分にさせられます。
来年は、大変な年になるのかもしれませぬ。

日経225ダブル・ブルファンド

りそな銀行で取り扱っている日経225ダブル・ブルファンド
前から気になってましたが、なかなか踏ん切りがつかず・・・。
中国に端を発した暴落時。恐る恐る買ってみたのが8月25日。
「頃合いかな?」と思って売却したのが8月31日。
投資金額はチキンな100,000円也。
本日入金された売却金額は111,147円(税引前)。
ブル型の投資信託って凄いんですね~。
2%強の手数料なんて、ものともしないパフォーマンス。
これだけの収益が出ると、短期売買に利用してみようかと思います。
いつも上手く行くとは限らないけど。

テレビ東京の「モーニングサテライト」。
先日「プロの眼」というコーナーで吉利晃さんが
「8月に相場が大きく動くと、9月も同じ動きを繰返す傾向が強い」
とお話しされていました。
つまり8月暴落すると、9月も同じように下げる(傾向がある)。
逆に8月に上昇すると、9月も同じように上げる(傾向がある)。
なぁ~るほどぉ。
してみると、もう1回くらいブル型ファンドの出番はあるのかな?

今度はもう少し、思い切って仕掛けてみようと思います。
手数料のことを考えると、ETFの方がいいんでしょうけど
刻々と値動きの変化するものは
プライスを見すぎてしまって、踏ん切りがつかないという
悪いクセがあるので・・・。
やっぱり次も投資信託にしましょ。

CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

投資信託

参戦するのが遅過ぎたのかもしれないけれど。
今更ですが投資信託を買ってみることにします。

バブル崩壊後、ひたすらボトムに落ち続けた四半世紀。
「ドルコスト平均法」も殆ど機能せず・・・
あんまり良い思い出が無いんですよね。
NISA口座も開いてはみたものの
全く手を付けることなく、時間だけが過ぎていきました。
でも折角の制度を利用しないのも勿体無い気がして
外債から外貨建投資信託に乗り換えたのを機に
少しずつ買付けてみることにしました。
投資信託未経験のヨメも誘います。
とはいえ、2人して同じような事をしていたら
「分散投資」にならないので
異なる銘柄に、異なるアプローチで挑むことにしました。

りそな銀行で手始めに買ってみた
金銭信託「世界公共・金融債オープン」。
3月の分配落ちに仕込みましたが
半期毎に分配を受けることで
いずれはプラスに転じるものと思っています。

以前は少しでも手数料が安い金融機関を探したものでした。
けれども、ある程度まとめた方が管理もしやすいし
ポイントプログラムなど優遇措置もあったりするので
何となく・・・集約することになりました。
というよりも、アレコレ考えていたら
自然に、りそな銀行にまとまって行きました。

まず、りそなイチ押し(?)の
グローバル・アロケーション・オープン
           (年4回決算・為替ヘッジなし)

手数料が高いのは承知していますが
フレキシブルに投資対象を変化させることに惹かれました。
常にキャッシュを持つというのもオモシロイ。
同様の商品は三井住友銀行などでも取り扱っていますが
手数料は若干りそなの方が安いようです。
年4回の分配落ちに仕込むつもりです。

世の中では、評判の良くない毎月分配型投資信託。
定期的に再投資してくれるので
いつでも始められるし、暴落時の戻りも早いので
個人的には決して嫌いではありませぬ。
確かにNISAには不向きだとは思いますが
アタマが悪いのか固いのか、それとも古いのか・・・
そんなに良くないとは思わない。

そんな訳で・・・、数多ある中からチョイスしたのが2本。
フィデリティ・USリートファンドB
りそな ブラジル・ソブリン・ファンド
それぞれ一時金で少し買って、毎月積み立ててみる。
リートは債券と異なる値動きをすると言われているし
アメリカの今後に期待してマス。
安値圏にあるブラジルレアルは、アメリカの利上げが決まると
更に下値を探ると思っているので
中長期的にはチャンスだと思ってマス。

世界経済に大きな影響を及ぼす中国。
「アブナイ」「ヤバイ」と言われて久しいですが
そろそろ何かあってもおかしくないような気がする。
属国化している「おこまりの国」もあるし・・・ね。
そんな暴落のときには
SMTグローバル株式インデックス・オープン
SMTグローバルREITインデックス・オープン

を買付けるつもりです。

NISAで仕込みたい投資信託は
りそな銀行には無かったので、SBI証券にするつもりですが
すこぉしずつ資金移動しながら
タイミングを推し量っているところです。
結果が出てないこの時期。なかなかに愉しかったりします。




CATEGORY:投資信託

THEME:資産運用 | GENRE:株式・投資・マネー

初めての分配金

全て売却して買付けた外貨建投資信託。
三井住友銀行のケイマンJグローバル・ハイ・イールド
昨日初の分配金が出ました。
大体想定していた通りの金額で、まずは一安心といったところ。
手数料後払のこれらのファンドは
5年間ホールドすることで、無手数料にすることができます。
ながぁ~い、お付き合いが始まりました。

FXとは異なり、日々チャートを追わなくても良くなったので
トラリピくんの仕掛けを緩めに変更したいのですが・・・
残念ながら積み上がったポジションがあるので
「どれだけ整理できるか」にかかってきます。
為替王さんの秘伝チャートが示した
ユロドル1.0800が示現すると身軽になりますが
果たして・・・??? 週末の動向に祈るような思いです。
いや。実際祈ってるし。ホンマに。

外貨建投資信託買付完了

保有していた外債を全て売り払い
外貨建投資信託への移行が完了しました。

米ドル建は以前から保有している
三井住友銀行のDITケイマンJ。
何度か減配を繰り返してはいますが
長くお付き合いする上では安心感があります。

豪ドルは利下げ観測が強いので
豪ドル債に投資するファンドの基準価格は上昇中。
なので逆に値下がり傾向にあるものを複数チョイス。
なかなか希望通りの商品が見つからず
三井住友銀行、SMBC日興証券、SMBCフレンド証券の
3社でそれぞれ仕込みました。
メットライフ生命にはまだ豪ドル建の個人年金が残っているので
そいつを順次減額して、これらのファンドに充てる予定。

毎月ある程度の分配金を得るメドがついたので
今後はFXのウエイトを下げたいと考えています。
これまでよりも、ゆる~く仕掛けたい。
のですが、なかなか期待通りにチャートは動かず。
嗚呼!もう少しなんやけどなぁ。
不良債権の一掃にはチト遠いですが・・・
それでもユロドルが1.1あたりまで下りてきたのは朗報。
まだ調整は終わってないと思いますが
もう一段、シッカリと下げて欲しいな。
そしたら証拠金の一部を引き出して
トラリピくんも仕掛けなおすことができるのに・・・。
来週はまたまた神頼みデス。

バブル崩壊以降20年余り。
ひたすら谷底へ転がり続けるのを見た者としては
株や投資信託への不信は根強かったのですが
これを機に再挑戦することにしました。
隠居おやぢが仕掛けるのは「良くない兆候」??かも??
なかなか踏み出せなかったNISAも
ヨメと一緒に活用してみます。
目下のところ銘柄を物色中。
4,000本を超える投信の中から
自分に合ったものを見出すのは至難の業なので
金融機関のお姉さんのアドバイスもいただきつつ
シッカリ判断したいと思います。

本音を言うと、ナカナカ楽しかったりもします。

今更ですが・・・NISA。

楽天証券で開いていたNISA。
結局一度も取引しないまま、月日は流れました。

バブル以降、ひたすら坂道を転がり続けた四半世紀。
その年月と経験が、隠居おやぢの判断を鈍らせます。
加えて、あんまり先の事が考えられないんですよね。
いいとこ5年くらいまでかな。

NISAも「どうやって投資しようか」とか
「どの商品を選ぼうか」と考え出すと、ちっともまとまらない。
と言うよりも、分からなくなっちゃうんですよね。
で。イロイロとアレコレ考えた挙句の結論。
「やってみなきゃ分からない」

あんまり使い勝手の良くない楽天さんは解約して
SBI証券でNISAの申請をしてみました。
併せて投資信託も打診買い。
まず買ってみないと、次の判断もできないでしょ?
そろそろ下げてもいい頃だし、準備をしとかないとね。
CATEGORY:投資信託

THEME:資産運用 | GENRE:株式・投資・マネー

「DITケイマン」運用報告会

2月24日月曜日。
「DITケイマン」の運用報告会に行って来ました。
昨年初めて足を運び、お土産いただいたので・・・、
という訳ではありませんヨ!

大阪駅前のヒルトン大阪。
会場に入ると、やっぱり昨年同様ジジババが多い。
無論ワタシもその1人であります。

基準価格は安定し、比較的高い分配配当実績。
米ドル建て投資信託であるため、今後円安になれば妙味が増します。
買付手数料が後払いなので、更に買い増すことは考えませんが
当面このまま放置する予定です。

特別講師として、元防衛大臣の森本敏さんがお見えになりました。
経済や外交問題など45分に渡るお話でしたが
大きなテーマなのに、時間不足は否めず、若干残念な内容でした。
ご本人によれば、通常は1時間半~2時間はお話になるとのこと。
折角の機会なので、主催の三井住友銀行さんには
もう少し考えていただきたいですね。

参加者のほとんどが中高年で、60歳以上が多かったように思います。
森本さんは、その年代の人に合わせて話したのか
或いは持論を展開されたのか・・・??
個人的には違和感を覚えることが多かったのですが
特に気になったのは以下の2点。
ハッキリと断定はしないんだけど
「特定秘密保護法案は、丁寧な説明が欠けていて強行採決を行った」
「中韓との首脳会議が全く行われていない」
のは好ましい事ではない、と仄めかすんですよね。絶妙なトーンで。

特定秘密保護法案
絶対にありえないケースを想定して
不安感を煽ったマスゴミの責任はどうなるのか。
「オスプレイの写メを知り合いに送ったらタイホされる」
などという奇想天外な話をして
馬鹿なタレント(コメンテーターと言うらしい)に
恐怖感を煽らせたのはテレビ局ではなかったか。
本来であれば、野党側の与太話に尾ひれをつけるのではなく
政府側の説明をしっかりと伝えて理解させるのが報道の役割であろう。
そして森本さんも、マスゴミに加担したお1人であると思う。

中韓との首脳会談
朝日新聞をシッカリ読み
テレビのニュース番組を必ず見る人ならいざ知らず
もう国民の半数が
「日韓との首脳会談は急ぐ必要がない」と思っている昨今。
パク・クネさんを筆頭に、国を挙げて反日に勤しむ国家と何を話すの??
マスゴミは報じないけれど、中韓以外の諸国と結果を残してますやん。
「扉はいつもオープン」。就かず離れずでいいんぢゃないでしょうか。


閑話休題。
さて、運命の木曜日。下げてますね~。
果たして!米ドル円は102円を切ってくるのか!?
あと2日。頑張りましょう!
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

怖くて手が出せない

先日触れた投資信託「マキシマム・ブル」。
円安と株高が進行し、怖くて手が出せません。
NYダウも日経平均も、まだまだ上値を追うと言われてますが
どうしたものか・・・。
少しだけ。ホンの少しだけ買ってみようか。

10月下旬。
日々高値更新を続けるNYダウを見て
やっぱり怖くて手が出せず・・・。
今更ですが、「値ごろ感」で取引してはいけないと猛省。
「秋買い」のアノマリーを信じて
思い切って買ってみれば良かった・・・。
とはいうものの、当時は「マキシマム・ブル」は無かったので
来年の10月は、躊躇うことなく踏み切ろうと思います。

それにしても・・・。
この円安。どこまで行くんだろうか??
勝負は年が明けてから、と思ってたんですけど。
「値ごろ感」から(笑)。
年内のトレードは終了された方もいらっしゃると思いますが
トラリピくんは、まだまだ追いかけますよん。
M2Jの比嘉さんが仰っていた106円まであと僅か。
ここまで来たら、もう突き抜けちゃいますか??

「失敗した」と後悔しきりだった豪ドル円も
気が付けば93円台に乗せてきて、少しだけ胸を撫で下ろします。
年内最後の追込み。
トラリピくんの真骨頂を見せて欲しいものです。


閑話休題。
この3連休。忘年会やクリスマス・イベントなどお疲れ様でした。
我が家は大掃除と旅の支度でバタバタでした。
お引越しを敢行された方。少しは落ち着かれましたか?
相当大変なご苦労をされていると思うので
この場でエールを送らせていただきます。
今年もあと1週間。
ステキな新年を迎えられるよう、準備を怠らないようにしたいものです。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー