プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

安保法案審議について

安保法案の審議は今日から参議院へと移る。
安倍政権や自民党の支持率が下がったことを
喜々として伝える糞マスゴミども。
先日も駅前で「戦争法案」だとか
「戦争できる国になる」とレッテル貼りに勤しみ
「憲法9条が平和を守ってきた」などとお花畑論を展開する
共産党議員の姿もあったし・・・。

亡国野党と糞マスゴミの連携プレイは
「不快指数が高まるこの時期に、いい加減にしてくれよ」ってカンジです。
もうね~。ツッコミどころ満載なんですけど。

そもそも自民党は
集団的自衛権の行使や関連法案の整備を公約に掲げ
これまで衆議院選挙と参議院選挙を戦い
それぞれで勝利をおさめ、国民の信を得た訳です。
ワタシも当然、それらを是として自民党に投票したもん。
「投票率が低いので、必ずしも民意を反映していない」
など勝手なことをほざく、糞サヨクどもの言い分はこの際無視。
だってそんな事を言い出すと、選挙制度そのものの意味が無い。
「自民党の支持が低い」とするなら
他の党にだって同じことは言えるんぢゃあないか?
それに支持率が高ければ
「謙虚に反対意見にも耳を傾けるべき」って言うんでしょ?

とにかく。こうして自民党は衆参両院で過半数を得た。
民主主義の根幹である「多数決」という方法で
過半数を得た政党が法案に賛成票を投じることが
どーして「強行採決」になるんだろうか。
良し悪しは別にして、いろいろなモノの考え方がある。
公安監視下にある党や
拉致問題に関与した議員がいるとされる党がある中で
100対ゼロでものが決まることなんて殆どない。
反対票があれば全て「強行採決」って言うんですかの?

今朝の産経新聞の記事。
3年3カ月で計24回! 
民主党は強行採決を連発した〝黒い過去〟をお忘れなのか?

流石に民主党が24回も強行採決を連発したことは覚えてなかったけど
議会運営が酷かったことだけは覚えてる。
糞マスゴミは、安倍政権や自民党の支持率下落を伝え
政権末期のイメージを植えつけたいようだけど
民主の支持率がアップしていないことは
国民の多くが隠居おやぢと同じ思いなんだろうな。

そもそも安倍総理の前に
民主党の野田元総理は集団的自衛権行使容認のスタンスだったやん。
最大野党が与党案への対案を出すどころか
党内見解を一致させることすらできない。
民主党議員の長島昭久と辻本清美が質疑に立った時は
同じ党の議員だとは思えないほど乖離があったからね。
そんな党と何を「審議」しろというのか。
ただただ法案そのものに反対で、より良いものにしようという気すらない。
求める通りに時間を与えても
質問すらしないで「反対」を唱えるだけの烏合の衆。
お涙頂戴の猿芝居まで見せつけられては
「これ以上、どうせえっちゅうねん!(怒)」っていうのが本音だろう。

「国民の理解が得られていない」と一斉に報じる糞マスゴミども。
仮に分かりにくい内容であるのなら
厳正中立の立場で理解を推し進めるのも
テレビやラジオ、新聞などの仕事の一端ではないのか。
日本語ではないプラカードが並ぶ反対デモを
ことさらクローズアップして民意を捻じ曲げたり
レッテル貼りしか能のないサヨクの片棒担ぎが糞マスゴミの仕事・・・・
になっちゃってるよなぁ(笑)。

糞マスゴミの連中には「恥を知れ!」と言いたい。
少し前までは「天気予報くらいは信じられるか?」と思ってたけど
最近はそれすらもアヤシイ。
涼をとる小ぎれいな美人も仕込みだし
インタビューを受ける人もOLになったり就活学生になったり・・・。
お前らの仕事でいったい何を信じろというのか。
国民が正しい判断ができるよう
バイアスのかかっていない情報提供すらできないのか?

とはいえ、大切な安保法制論議に嫌気がさしているのも事実。
この問題に国民の熱い目を向けさせるため
より身近な問題を国会質疑に取り入れたらいかがだろうか。
例えば北朝鮮による拉致問題。
現行法制のままでは、どんなに理不尽なことが行われようとも
直接その国に乗り込んで、邦人を取り戻すことができない。
日本国民の安全が充分に担保されていないということが
感じられるのではないだろうか。
福島みずほや辻本清美は発狂するかもしれないけど。

集団的自衛権行使や安保法案の影響を最も受けるのは
日本の国を守る自衛官の方々。
どうして国会質疑で自衛官を招致しないのか。
安保法案で得られる効果やメリットは
直接彼らの口から語られてこそ
分かり易い内容に変えてくれると思うのだが。
あ。もし承知するときは人選を役人に丸投げしないように。
船田元のようなバカが仕切ると、今度こそ致命傷になりますから。

ああ。今日も暑い日になりそうぢゃ。
安倍政権には、もう少し巧い国会運営をお願いしたい。
「糞マスゴミやサヨクどもを黙らせる手があるんだろう」
と思っているうちに7月が終わろうとしている。
そろそろ本気を出して欲しいな。狡猾な安倍総理が見てみたい。
スポンサーサイト
CATEGORY:マジメに考える

THEME:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) | GENRE:日記

テレビはもう必要ない

懇意にしていただいているクロスパールさんが
「何で日本のテレビってこんなにくだらなくなったんだろう?」
という記事をアップされています。

それを拝見して個人的に思うことがあったので
以下とりまとめてみました。

隠居おやぢが子供の頃とか、若かった頃・・・。
世の中を知る為のツールは新聞・テレビ・ラジオといった
メディアが主流でした。
親はニュースを見ろと言い
受験に出るという理由で朝日新聞を購読し
「天声人語」を毎日読めと言ったものでした。
当時は何の疑問も感じず、親の言葉をそのまま受け止める
素直で純粋で無垢な少年がおりました(笑)。
ラジオは「聞き流し」ていましたが
テレビや新聞は能動的に接していたので
その影響はかなり大きかったと思います。
カラカラに渇いたスポンジが
水を吸収するようなモノだったでしょう。

ところが最近になって
少しずつメディアのカラクリが分かるようになってきました。
一部の映像を切り取り、異なる局のニュースやワイドショーで
何度も繰返して放送し
時には情報操作が成され、ある時には偏向・捏造報道が行われる。
新聞でも同じような事が繰返され
事実とは全く異なる印象を持って報じられる時すらあります。

こうした傾向は単にニュースやワイドショーのみに止まりません。
高視聴率を記録した「半沢直樹」においてすら
訳の分からない肖像画やスナック菓子の映像が
刷り込まれていたのはご存知ですよね?

ワイドショーやバラエティ番組でも
隠居おやぢの感覚では、理解できない事がたくさんあります。
「ゴリ押し」が酷すぎたり、同一企画が乱立したりして
全く新味に欠けるプログラム。
コメンテーターの多くが、あまりにも不勉強すぎるし
その顔ぶれを見ただけで
局の主張やスタンスが分かってしまう。

スポーツの世界ですら
買収、八百長、或いは偏向が見られるようになりました。
オリンピックやワールドカップのような世界的大会を見て
気分が悪くなるのは私だけでは無いでしょう?

こうした惨状のなか、テレビ局のエライ人たちは
「イヤなら見なければ良い」とのたまう。
メディアは「報道する自由」を振りかざしながらも
真実を、知っておかねばならない事を伝えようとしない。

今のテレビは「面白くない」のではなく
「見るべきものがない」のだと思っています。
知りたいという欲求が満たされず
見ていて不快感を覚える。
そのくせ制作側の傲慢さが垣間見えてしまう。
この程度のものなら動画サイトで充分ではないでしょうか。
不毛で不要なメディアは潰れてもいいとさえ思います。
単に放送局や新聞社が自らの主張を繰返し
メディア本来の「あるべき姿」に立ち戻れないのであれば
もう存在する意義は見出せないように思うのです。

祝!東京五輪招致

2020年。東京五輪招致決定!おめでとうございます。
不謹慎なようですが、個人的には「どっちゃでもエエ」と思ってました。
だって・・・。生きてるかどうかも分からへんし
最近はスポーツを見ても感動できないことが多くなったから。
「スポーツに政治は持ち込まない」のが隠居おやぢの世代のルールでした。
      (実は今でもそうなんでしょうけんど・・・)
どんなに激しく争っていてもスポーツの場は別。
お互いの健闘を称え、微笑んで(時には涙して)握手をしハグをする。
だからこそ感動もするし、その姿は美しくもあるのだと思ってました。

いつの頃からかスポーツ実況を見ると不快になる事が増えました。
その理由のひとつはマスゴミの報道姿勢にあると思います。
ボクシングなどにおいては特定選手と放送局のあからさまなタイアップ。
或いはアイドルをキャラクターに起用して
恥ずかしくなるほど「日本押し」を前面に出す実況。
かと思えば、折角栄冠を勝ち得たのに「君が代」シーンはカットする一方で
「おこまりの国」もとい、「おとなりの国」のものはシッカリ放送する。
こんな実況を見れば、誰しも不愉快になるでしょうに。

また最近は運営のあり方は勿論、選手そのものにも問題があると思います。
古くは2002年に行われた「FIFAワールドカップ」。
     (隠居おやぢにとっては記憶に新しいことですが・・・)
審判が買収された事が明らかになり
「おざなりの国」もとい、「おとなりの国」の選手達は
ピッチの内外で傍若無人な振る舞いに終始しました。
結果彼らは記憶に無いだろうけれど
「ドス黒い歴史」を刻むことになりました。

それ以外にもフィギュアスケート、サッカー、野球、柔道を始め
最近ではバレーボールが記憶に新しいところ。
本来タブーである筈の政治的な主張や暴力が繰り返され
国やチーム、個人を必要以上に貶める。
これはもはや「ヤジ」などというレベルではありません。
審判の買収疑惑が取り上げられ、その判定内容が信頼に足るもので無い以上
かつて隠居おやぢが抱いていた価値観で
スポーツを見ることはできなくなりました。
それらのダークな演出に加担しているほとんどが
「おしまいの国」もとい「おとなりの国」であるように思います。

2020年。東京五輪招致決定!おめでとうございます。
大地震後の復興に弾みをつけるのも勿論ですが
スポーツが本来持っていた美しい姿を
取り戻す大会にしていただけないでしょうか。
買収や不正を排除した
スポーツマンシップに則った大会への回帰を心から望むものです。
隠居おやぢの還暦の年。
タオル(ハンカチではない)を握り締めて
感動して涙と鼻水でズタボロになりながら実況を見てみたいと思います。

最後に・・・思うこと。
「日本を取り戻す」をスローガンにした安倍晋三首相。
凄いなぁ。世俗的な言い方をすれば「持ってる」んでしょうか?
歴史に名を残す宰相になるような気がしますね。頑張って欲しいです。

「おこまりの国」「おとなりの国」「おしまいの国」大韓民国。
あれだけ誘致に反対したんだから
当然東京五輪はボイコットですよね?
民団の見せかけの姿は、見ていて胸糞が悪くなるだけです。
あなたたちが関わらないだけで
美しい五輪の実現は半分以上達成できたも同然です。
速やかに表明していただくことを祈念します。
ヨ・ロ・シ・ク・ね!     \(^▽^)/
CATEGORY:マジメに考える

THEME:気になったニュース | GENRE:ニュース

参議院選挙

遠い昔の記憶。今から・・・そう40年以上前のこと。
隠居おやぢは父親の仕事の関係で何度も転校しているので
どの学校の先生だったかは覚えていません。
年齢も性別も分からない。
ただ感受性の豊かな純真な心に刷り込まれたこと
「戦争中、日本は世界に大変申し訳ないことをした」
「天然資源を求めて起こした侵略戦争だった」という自虐史観。

それが自分の気付かない内に
アイデンティティになったような気がします。
勿論小学校の先生が言ったことだけではなく
刺戟的な報道に拠るところも大きいですね。
「従軍慰安婦」「南京大虐殺」
昔見た映画で今でも覚えていること。
五味川純平作「戦争と人間」
どんなお話だったかは全く覚えていないけど
高橋悦史扮する青年が中国人の娘を強姦するシーンは
強烈なイメージとなって残りました。
「ああ。日本は戦時中に植民地支配をしている間に
 こんなことを繰返し行ったのだ。申し訳ないことをしたのだ」
と思い続けることになりました。

その結果政治に関心を持たず、支持政党はなく
いわゆる「無党派層」のひとりとなりました。
嘘かホントか知りませんが
「アメリカでは高校生になれば、自身が支持する政党がある」と聞き
違和感を覚えたものでした。
戦後の日本復興を主導したのは自民党であると思いますが
歴代の総理大臣のイメージは良くないものばかり。
「アーウー」の大平正芳とか、女性問題で退陣した宇野宗佑。
「口を慎め」と思った森喜朗。
「腹痛で辞めた」安倍晋三。
「アナタとは違うんです」逆切れ福田康夫。
「漢字の読めない」麻生太郎。

今にして思えば、
ニュースやワイドショーなどで、何度も何度も繰返し流れる映像の影響は
とてつもなく大きかったと思います。
前後の流れを全てカットして、印象的なシーンだけを流し
無能な総理大臣や馬鹿な政治家のイメージを植え付ける。
「バカは何もできない。政治なんて誰がやっても同じ」
そう思い込まされてきました。ついこの間まで。
ところがインターネットの普及で
自分が考えていたものが根底から覆されました。
「従軍慰安婦」も「南京大虐殺」も歴史の捏造だった。
しかもその片棒を朝日新聞や、某政党の党首が担いでいた??

歴代総理の良くない印象は残っていても
それぞれの功績は殆どアタマに残っていない。
結局隠居おやぢは、テレビ・新聞・雑誌などのマスコミに
見事に踊らされ続けていた事に気付きました。
候補者自身の主義主張を全く見ずに
ただイメージだけで「政権交代」を支持したこと。
今となっては、
「何であんな馬鹿な投票行動を取ったのか」と悔やむ事しきりです。
でもワタシは良い方向に考えたいと思うんです。
生きている内に、騙されていた事に気付いて良かった! と。
民主党政権の暗黒の3年半は、
愚鈍な隠居おやぢに教えてくれました。
「断じて、政治は誰がやっても同じでは無い」ということ。
しっかり政党と候補者を見極めて、よく吟味したいと思います。
そりゃ将来「違う人に入れた方が良かったかな?」
と思うことはあるでしょう。
でも劣等マスコミのイメージ操作で決めるより、遥かにマシだと思います。

いよいよ今週末に迫った参議院選挙。
隠居おやぢはもう騙されません。
自分で考えて、自分の意思で投票行動を起こしたいと思います。
どうか皆さん。私たちに課せられた責任を果たしましょう。
CATEGORY:マジメに考える

THEME:日本を正常な国に戻したい | GENRE:政治・経済

オスプレイ

最近メッキリ見る機会の減ったテレビジョンですが、
昨日久々にニュース番組を見ていました。
ええ。もうすぐキャスターの「つるピカおやぢ」がフリーになる
関西の番組です。
水曜日は青山繁晴さんがコメンテーターで出演されるので
時々チェックしています。

冒頭オスプレイの飛行訓練についての報道がありました。
当初予定されていた九州ルートから、和歌山から四国にかけてのルートに
変更になったというものでした。
「つるピカ」は怒りを噛み締めながら、
「何故急にルートが変更されたのか。まだ安全も担保されていないのに」
と憤懣やるかたない様子で伝えました。

隠居おやぢは「つるピカ」を見て、こう思いました。
「いま必要なのはルートが変更になったことに対する怒りではなくて、
 変更になったその理由ではないのかえ?」と。
仮にその説明が無かったとしても、
地域住民と一緒になって怒って、どないすんねん?
相応の理由がある筈ぢゃろう?
更に「オスプレイは危ない」という報道があまりにも多過ぎない?
そりゃ空飛ぶモンやから落ちることもあるだろうけど、
そんなん言うたらセスナもヘリも落ちる。
この前なんか絶対に安全だと思っていた新幹線が脱線事故起こしたやん。
なぁ~んかね。ピントがズレているような気がする。

で、「オスプレイ 事故率」で探ってみると、
昨年の7月に「平均より低い事故率」と産経新聞での報道がありました。
そもそもオスプレイには空軍機CV22と、
海兵隊仕様で日本に配備予定のMV22があるんやそうな。知らなんだわ。
前者の事故率は13.47、後者は1.93。
2004年普天間で墜落事故を起こしたヘリコプターを含む
海兵隊所属の航空機の事故率は2.45。
このデータから見ると思ったよりも低い感じがする。
各メディアがこぞって「オスプレイは危ない」という報道をしているけど、
あまりにも危険性のみを強調し過ぎているような気がする。
ミソもクソも一緒にするのは間違っているよね。

ニュース番組のインタビューでは、
とにかく「怒っている」「反対している」人たちの声ばかり報道されるけど、
「容認している」人たちは1人もいないのかえ?
日本の国益を考えたとき、強い味方になってくれると思うので
配備される方がいいような気がする。
逆に配備されて困るのは誰?・・・オスプレイを脅威と感じる国の人?
それは分からないけど、やっぱりマスコミは中道であって欲しいし、
反対派の声を伝えるのであれば、賛成(容認)派の声もある程度は
伝えなければならないと思う。

そんなものは無いかと探ってみたら、you tubeにアップされていました。

 2・21 普天間飛行場 辺野古移設名護市市民大会(我那覇まさ子)
    http://www.youtube.com/watch?v=6w1PCnxlS14

この可愛らしいお嬢さんのスピーチを拝見すると、
各テレビ局や新聞社の報道は一体何だったんだろう、と思います。
勿論この動画を鵜呑みにするのは良くないかもしれません。
でも私達は大手マスコミで垂れ流される意見のみを受け入れるのでなく、
それと相対する立場の方々の意見にも耳を傾けなければなりません。
両方の声を聞いて、それぞれの立場を理解して、
初めて正しい判断をする事ができるのだと思います。
「オスプレイ配備は反対!・・・危険だから」
という安直な判断は間違っていると思うのです。
そしてキチンとした情報提供をしていない報道機関の多くは、
本来のお仕事をしていないと思います。

動画の中で我那覇さんは米軍の犯罪発生率についても触れています。
報道内容には「米軍は悪」という論調が多く見られますが、
わが国にとって憂慮すべき外国人犯罪は、
むしろ韓国人や中国人によるものではないでしょうか。
犯罪発生率はアメリカ人よりも遥かに多いと思いますし、
通名報道なども含め公になっていないものが多いからです。
別にアメリカ人の犯罪を擁護するものではありません。
犯罪を犯したのであれば、誰しも同じように報じるべきだと思うのです。

アルジェリア人質事件で
遺族の意向を無視して氏名の公表に踏み切った報道機関は、
偉そうに御託を並べて自分達のスタンスを正当化した訳ですから,
犯罪者の氏名はきちんと報道するのが本来の姿でしょう。



CATEGORY:マジメに考える

THEME:気になるニュース | GENRE:ニュース