プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

舞浜行

10月3連休。
未破裂脳動脈瘤の手術後、初めての旅先が「魔法の国」。
パークに入る8日と9日は生憎の天気となった。
往路は高速バス、復路は飛行機を利用。あ~しんど。
1泊目はホテルミラコスタ(トスカーナサイド)
2泊目はアンバサダーホテル(ミッキーマウスルーム)
「ショー鑑賞セレクト2Days」のバケパを利用した。

ここのところディズニーホテルはリニューアルしたり
セレブレーションホテルがオープンしたり
新しいニュースが続いている。
お約束通り、宿泊料は少しだけ引き上げられた。
アトラクションやショーも未経験のものがあるので
興味津々で出掛けたが・・・、何とも残念なものとなった。
恐らく当分の間、舞浜に出向くことは無いと思う。

その理由は、ホテルやレストランは勿論のこと
アトラクションやショーにおいても
あまりにも露骨で強引なコストダウンが嫌になったから。
ひとたび目に付くと
直接関係の無いサービスの悪化も気になりだした。

そもそもバケーションパッケージは
ホテルやパスポートの他に
ショーの鑑賞券やファストパス、レストランの食事などが
パッケージになった旅行商品だ。
レストランの料理が粗末になったり
ショーやアトラクションがリニューアルという名の下に改悪されれば
決して安くはない料金を払う意味など無い。

「魔法の国」とはいえ商売だから、きっと様々な事情があるのだろう。
でも強引なコストダウンが目に付くと、ゲストは一気に興醒めする。
土産物は、どのショップに行っても同じ物が並び
あちこち見て回る楽しみが無くなった。
ホテルのレストランの料理は明らかに質が落ち
「特別な」時を過ごす楽しみは減った。

東京ディズニーリゾートは何処に行こうとしているのか。
盛んに通い出したのは、ここ10年ほどの俄かファンだけど
古くから愛されている方の中には
ワタシ異常に嘆き、悲しんでいる方もいるだろう。
今後も入園料や宿泊料金が高くなる一方で
コンテンツのクオリティは悪化するかもしれない。
提供されるサービスに見合うだけの価値があると思えるまで
舞浜以外の地を訪れたいと思う。
少なくとも、今回の3連休のレベルでは話にならない。

果たして・・・TDR35周年に、「その気」になるだろうか?
スポンサーサイト

生きる目的??

週末にヨメが有馬温泉に連れて行ってくれるという。
混雑を避ける為に、ワザワザ休暇を貰って。
おお。ありがたい。なんと優しい我がヨメ。
よくよく聞けば、神戸三田のプレミアムアウトレットに
行ってみたいのだという。
ありゃまぁ!そうでしたか。
でも久しぶりに有馬に行けるのは嬉しいこと。
宿がどーとか、食事がどーとか
余計なコトは一切言わないで
ご厚意にすがる事にいたしましょう。

神戸三田にあるという
ボッテガ・ヴェネタ、イッセイ・ミヤケ、ワイズなど
初めてのアウトレットなので
とっても楽しみです。

10月三連休の舞浜。
キャンセル拾いを重ねて、ようやくカタチが整ってきました。
完璧なプランは難しいけれど
未体験のファクターを盛り込みます。
宿はホテルミラコスタの
トスカーナサイド カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム。
アンバサダーホテルのミニーマウスルーム。
まだ変更の可能性はありますが
とりあえず・・・ヤレヤレですね。

6月に予定していたマレーシア行をキャンセルしたので
マイレージがある程度プールされています。
まだ期限に余裕はあるけど
約1年先にお出掛けすることにしました。
現在のマイレージはビミョーなところで
アメリカ本土やオーストラリア、ニュージーランドには
少しだけ足りません。
またマイレージが充分だったとしても
テロがおさまる気配を見せないヨーロッパや中東は論外。

んで、マイレージで行き先を探してみると
今回キャンセルしたクアラルンプールとか
バリ、ハワイあたりが候補に挙がりました。
ヨメにスケジュールを確認して
ハワイのマイレージ特典航空券を押さえました。
宿はコオリナエリアにある
アウラニ・ディズニーリゾート&スパ と
ザ・カハラ・ホテル&リゾート。
どちらも、なかなかのプライスなので
キャンセルもしくはグレードダウンの可能性もあります。

今度はキャンセルしなくても良いように
健康に留意しながら
予定をしっかり消化できるようにしたいですね。

舞浜再訪

隠居おやぢとヨメ。
これまで重ねてきた時間の中で
舞浜の存在はソコソコ大きいものがあります。
かつては寝台列車に乗って行った事もあるし
夜行バスで往復して
パーク内を駆けずり回ったのも懐かしい思い出。

んで。
とりあえず、大きな手術も無事に終わり
今しばらく、この世での時間をいただいたので
10月3連休に舞浜を再訪することにしました。
ヨメの誕生日も近く、なかなか良いタイミングかも?

10月8日からの1泊はバケパを利用。
宿はミラコスタのトスカーナサイドにしました。
予算の圧縮を第一義に(笑)。
10月9日からの1泊は
アンバサダーホテルのファンタジア・スイート。
このまま行くと
ディズニーホテル初のスイートになります。果たして?

めっちゃ、おカネかかるんですけど・・・。
金額の不確かな医療保険の給付金に期待してまふ(笑)。


閑話休題。
現在発売中の週間ヒュンダイ。
60すぎたら妻に、夫に、受けさせてはいけない「手術」とかいう特集。
隠居おやぢが受けたクリッピング手術も含まれてるんだろうな・・・。
期待を裏切らないところが流石デス。

そもそも、ノーリスクの手術なんてありえへんやん。
親知らず抜くのだってリスクあるねんし。
アタマ触る手術なんだから
病院への信頼とか医師の技量が問われるのは当たり前。
不幸にして、未破裂脳動脈瘤が見つかった方は
自分なりに精一杯情報収集して
患者としての権利を最大限に行使しながら
それでも「自分で」決断するしかありません。
恐怖心と闘い、生への渇望を満たすために
最愛の家族のサポートを得ながら
最後は「自分で決め」て、その身を託すのです。

その時に、こうしたエエ加減なメディアは無視して欲しいな。
そもそも日本のマスゴミは
コイル閉栓術が治療成績が良い、となれば
猫も杓子も、ブタもクラゲも盛んに持てはやす。
患者のカラダへの負担が軽いのは事実だと思うけど
全くリスクが無いわけぢゃ無いし
術後注意が必要なのは、コイル閉栓術だったりもする。

年齢や喫煙暦、飲酒暦、遺伝的要素などを鑑み
場合によっては、それほど時間をかけずに決断するのは
ホントにしんどいねん。
かといって、あんまり時間をかけすぎると
アタマの中の時限爆弾が今日にも爆発するやも知れず・・・。
ホントにしんどいねん。

日本が嫌いな腐ったマスゴミは、全て滅んだらエエのにな。
有益な情報を提供せずに
印象操作や捏造、誤報を垂れ流し
非を認めようとしない、糞マスゴミなんて潰れたらエエねん。

・・・といいながら、来る参議院選挙では与党圧勝との報が。
糞マスゴミ大キライな隠居おやぢも
こうした報道は諸手を挙げて歓迎するのです。

久々のミラコスタ

今年初めての舞浜。
ここのところ「ワンス・アポン・ア・タイム」とか
「ジャングル・クルーズ」のリニューアルなどもあって
TDLに行く機会が増えていました。

ホテルミラコスタに泊まるのも数年ぶりだし
新しくなったメディテレーニアンハーバーも・・・
違いがよう分からんかった。情けない。

残念だったこと。
ホテルで供されるアメニティで
室内用スリッパとボディスポンジのパッケージに
記されていたホテル名が無くなってた・・・。
歯ブラシのクオリティも悪くなってたみたいだし・・・。
何だかねぇ。
これだけあからさまにコストカットを見せつけられると
ゲンナリしちゃいますねぇ。
「夢の国」デショ?

驚いたこと。
毎朝宿泊者に供される新聞。
朝起きるとドアノブにぶら下げてあります。
食事に行くときに見てみると
ほぼ半数が部屋に取り込まれていて未確認ですが
ぶら下がっているものの8割は産経新聞!
残りは日本経済新聞でした。
つまり朝日・毎日・讀賣は皆無!
タマタマだとは思いますが、
最近の趨勢を反映しているようで興味深かったです。

久々の舞浜行

急遽。舞浜に行くことになった。
6月18日(土)~1泊。
今年はディズニーシー15周年で
ヨメは行きたくてたまらなかった様子。

流石に間際になると
アレコレ押さえるのが面倒なので
バケーションパッケージを狙ってます。
でもオフシーズンとはいえ・・・
状況はナカナカに厳しゅうございます。

15周年を堪能しようと思うと
どうしてもミラコスタ狙いになりまするが
3週間を切ってくると
キャンセルも出ませんなぁ・・・。

何とか確保したのは
選べる絶景ビュー!
パークの余韻に包まれる、夢のリゾートステイ 2DAYS

結構値が張るので、もう少し予算を落としたい。
やっぱり旅の準備は早い目にする方がいいみたい。
でもまだ諦めません。
より良い条件のプランが転がり込むことを願って・・・。
キャンセル拾いに勤しみます。

何とか・・・確保

昨年11月。ヨメに吉野山に連れて行ってもらってから
「吉野の桜を見てみたいねぇ」
「うん。その内に・・・」

桜が満開の時期がよく分からず
迷っている内に月日は流れ
気がつけば、満室になっちまいました(涙)。
お宿の状況を見ていると
とりあえず4月第1週~第3週の土曜日を押さえ
満開の時期が見えてきた頃に
「本命の日」以外をキャンセルされている模様。
なるほどぉ~。来年からそないしょ。
そう思いながら、例によって今日もリサーチしてると
おお。空いてますがな。下千本エリアのきす屋さん。
あんまり聞いたコト無いと思ったら
今年の3月からオープンしたとのこと。
全館禁煙というのも好印象。掘出物かも??(失礼!)

明日までならキャンセル料がかかりません。
ヨメには「検討しといて」と伝えましたが
もうココロは吉野山~。一目千本。楽しみです。

栖原温泉

冬場になると、最近よく取り上げられるクエ鍋。
恥ずかしながら隠居おやぢ。
「フグより美味」と言われるクエを食したことがありませぬ。
「美味しいクエを食べてみたいね」「うん。またその内に」
ヨメとの会話は、この繰り返し。
モタモタしてると来シーズンになってしまうので
3月の連休に、湯浅の栖原温泉に行ってきました。

美味しかったぁ。サイコーでした。
淡白だけど脂が乗り、歯ごたえのある食感。
最近は需要に供給が追いつかず
近大クエといわれる養殖モノも増えてきたとか。
天然モノは個体差があるとのことでしたが・・・
「是非また食べてみたい」と思わせるに充分でした。

供された食事は本当に美味しかった。
・・・でも宿そのものは、とってもザンネンでした。

お部屋が禁煙だったのは
この宿を選んだ理由のひとつでした。
でもロビーは禁煙ぢゃなかった(涙)。
宿泊者は食事処やお風呂に行くとき
必ずココを通ることになります。
かつて日に3箱吸っていた隠居おやぢの経験から
目覚めの一服や食後の一服は欠かせません。
そうすっと、美味しいクエ料理をいただいた直後に
くっさいタバコ臭や煙の洗礼を受けねばなりませぬ。
しかもそのタバコ臭は狭い階段を2階までつたい
階段横の隠居おやぢに部屋の中にまで侵入。
おかげで食後は息を止めて駆け上がって
部屋に逃げ戻ることになりました。
もう少しお食事の余韻に浸りたかったですね。

他にもザンネンだったこと。
到着時に自家製のスイーツが供されました。
うん。美味しかったんですよ。ホントに。
でもその時の食器は、最後まで放置されたままでした。
それなら地元の饅頭か煎餅の方が
気が利いてたんぢゃあないのかな?

リニューアルされて個性的なお部屋が準備されているので
隠居おやぢはHPを見て予算と相談しながら
空いているお部屋から選びました。
部屋にいて感じたことは
廊下や階段の足音、扉を開け閉めする音が
思った以上によく響くことでした。
隠居おやぢの安アパートと変わらへんやん!
折角イイ感じのお部屋なのに勿体無い。

なんというか・・・。
お料理が素晴らしかっただけに
ザンネンというか、詰めが甘いというか・・・。
ま。逆に言えば愛煙家にとっては
部屋は禁煙でも手近なところに喫煙所があるので
サイコーなんでしょうね。

シルバーウィーク -9月21日-

お部屋から見渡せる海。氷川丸が正面に見えます。
それはとってもステキなんだけど・・・。
残念ながら、このホテルを充分に堪能できませんでした。
勿論歴史を感じさせるものは、そこここにありますが・・・
個人的には奈良ホテルの方が遥かに魅力的でした。
本会2階は最も探検したかったのですが
結婚披露宴やイベントやらが行われていて
あまり近づくこともできず、とても残念でした。

それでも流石にお腹が空いたので
熊魚菴たん熊北店 に参ります。
白いご飯と朝粥の中から
2人とも白いご飯をチョイス。
突き出し・焼肴・小鉢・焚合・香の物・味噌汁。
ご飯が足らず、おひつのお代わりをお願いしました。
今宵の晩ご飯はボリューム満点なので
しっかり歩いて、受入態勢を整えないと。

チェックアウトして荷物はベルデスクに預け
横浜元町ショッピングストリートへ。
チャーミングセール期間中で相当な混雑が予想されます。
早い目に辿り着き、チャッチャッと用事を済ませたい。
あちらこちらを散策していると
時間が経つにつれて、次第に人が増えてくる。
予め狙いをつけていたヨメは
店の片隅に荷物持ちを待たせ、いざ戦場へ。
荷物持ちは人様のジャマにならないように
店外に出たり、人をやり過ごしたりして待つ事しばし。
改心の笑みを浮かべながら帰還したヨメを迎え
次なる戦地に赴くのでありました。あ~しんど(誰が?)。

それでも当初の予定よりも早く戦を終えたので
ホテルに立ち寄って荷を整え、都内に戻ることにしました。
今宵の宿は、朝食のブッフェが魅力的だった
水道橋にある庭のホテル東京。
「いつかは泊まってみたい」とヨメが言っていました。
超高級ホテルという訳ではありませんが
地の利も良く、何となくフレンドリー。
それほど背伸びせずに利用できるのがいいです。
聞けば、7割が外国人のお客様とか。
白人の方が多く、中韓と思しき輩は少ないのも◎。

例によって、お部屋の様子をカメラにおさめてから
恵比寿に向かいます。
この旅の最大のイベント。
ガストロノミー・ジョエル・ロブションでのディナー。
4年ぶりのシャトーです。
以前はフルコースに挑戦しましたが
そのあまりのボリュームにココロが折れてしまいました。
今回は前菜2品とメイン2品をチョイスする
MENU A PRIX FIXE にしました。
うん。ジジババにはこれくらいが丁度いい。
かの有名なキャビア・アンペリアルもいただけたし♪

ヨメがチョイスしたメニューは
・トマト 爽やかな酸味のボンボンに透明なジュレとのハーモニー
・マコモダケ 2種の調理法(プランチャ・エチュベ)で仕上げ
 黒にんにくと卵黄のソースをからめ
 エスプレット唐辛子とシソの葉をアクセントに
・オマール海老シンプルにグリエ、
 旬野菜添えシャトーシャロンのソース
・国産牛グリエし、
 茸を詰めたオス・ア・モアルとレフォールマスタードをエスコート

対して隠居おやぢのそれは
・ビーツ リンゴと合わせ、
 苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に
・ボタン海老のアンフュージョン
 ターメリックとフレッシュコリアンダー風味
・スパゲティ 
 とろけだす卵とウニ、キャビアとのハーモニー
・鴨フォアグラとのアンサンブル
 イチジクのローストとフランボワーズのコンポート

美味しいパンも、食後のチーズやデザートも心行くまで堪能できました。
ヨメは5種類のチョコレートのみならず
マカロンも追加してましたもん。前回とはエライ違いでした(笑)。
流石にオプションのバースディケーキは持ち帰りましたが。
4年前より、オトナになって賢くなりました~。

お味もお腹も十二分に満たされ、とってもシアワセな3時間でした。
またいつか。行きたいですね~。
CATEGORY:国内旅行

THEME:国内旅行 | GENRE:旅行

シルバーウィーク -9月20日-

起床。今日もいい天気。暑くなりそう・・・。

基本的に隠居おやぢは朝御飯は食べず
コーヒーとヨーグルトで済ませます。
旅先でもそれは変わらず
静かにヨメの朝食が終わるのを待ちます。
きっと今日もそうなるんだろう。
ヨーグルトにしようか、お粥にしようか・・・と思いながら
昨夜探検したアトリウムに向かいました。

でも・・・シェフが作るオムレツとエッグベネディクトを見て
「パチン」とアタマの中で何かが外れる音がしました(笑)。
ブッフェスタイルのメニューは和洋とも充分で
とても全メニュー制覇できるものではありません。
ヨメは洋食系、ワタシは和食系で攻めることにしました。

ヨメのことなど構っておられず
マイペースで限度イッパイまでトライします。
最初は「洋食系」のサラダでしたが
徹底的にバラエティに富んだおかずを楽しみます。
焼魚、卵焼き、納豆、お漬物、梅干、明太子、お味噌汁。
写真撮るのを忘れるくらいに。
最初は白いご飯。続いて雑穀ご飯。
最後にボリューム満点のカレーライス。
お陰でもうお腹はエライことに・・・(笑)。

そのままホテル近くのKITTE に向かい
ちょっとしたアイテムをお買物。
グルリと回ってみましたが
それぞれのショップが魅力的で
思いのほか時間がかかりました。
予算の都合で、買い求めたのはチョッとでしたが(笑)。
対してCOREDO日本橋 は新味に欠ける感じ。
上から下まで降りてきて・・・
サクサクと東京駅に戻ってきました。

お腹は全くこなれませんでしたが
TORAYA TOKYO で、かき氷をいただきました。
<TORAYA TOKYO 限定>で供されるのは9月まで。
あかんねん。こんなんに弱いんですわ。
ヨメは日向夏と温州みかんの氷
ワタシは生姜みぞれ。どちらも大変美味でござんした。

予定よりは早かったけど、横浜に向かいます。
キャリーをひいてテクテク歩き
今宵のお宿、ホテルニューグランドにチェックイン。
アンティークな雰囲気を感じたくて本館にしましたが
お部屋は手が加えられ過ぎていて、ちょっと残念な結果になりました。
例によって、お部屋の様子をカメラに収めていると
外ではサヨクのデモ隊の声。
「憲法9条を守れ」とか「憲法読めない首相はいらない」とか。
連休前に安保法案が可決されていなければ
街はどうなっていたことやら・・・。
鬱陶しい思いをしたのはこの日だけで済んだことを
心より感謝した次第。

暫くカラダを休めて、ヨメが行きたがっていた赤レンガ倉庫へ。
お土産やバッグ、お菓子など、イッパイお買物をしてました。
いつものように荷物持ち。ちょっと疲れました。

晩ご飯はホテル内のザ・カフェ で買い求めた
テイクアウトのケーキ。
TORAYA TOKYO のお饅頭。
朝食後、アトリウムを出るときにいただいた木村屋のパン。
有難くお部屋でいただいて、風呂入って、屁ぇこいて、寝ました。


CATEGORY:国内旅行

THEME:国内旅行 | GENRE:旅行

シルバーウィーク -9月19日-

全日空24便。12:00伊丹発13:10羽田着。
比較的早い時間帯の便だったので
空港にリムジンバスも渋滞に巻き込まれることなく
平穏な空の旅。

空港に着いてから、今宵の宿である東京ステーションホテルへ。
かねてより泊まってみたかった憧れのホテル。
運よくドームサイドダブルルームが確保できました。
少し早い時間だったけど、無事にチェックイン。
高い天井。駅構内を見下ろせるステキなお部屋へ。

とりあえず室内の様子をカメラに収めてから有楽町へ。
ペニンシュラのGRAFFから
ブシュロン、ハリー・ウィンストン(仮店舗)を巡り
ヨメと共に目の保養を。
その後ホテルに戻ってから日本橋へ。
テレビで見て、何としても行ってみたいと思った日本橋OIKAWA
大変コストパフォーマンスの高いステキなお店でした。
旬のお野菜やお刺身は勿論
ふんだんに散りばめられる豪華な食材の数々。
フカヒレ、キャビア、ウニ、フォアグラ・・・そして松茸。
次々に供されるメニューに完全にやられました。
店主との距離が近い、小ぢんまりしたお店。
いつかまた・・・是非行ってみたいですね。

そのままホテルに戻り探検開始。
長ぁ~い廊下を歴史を感じながら彷徨う。
350mあるというホテルの廊下。
ウロウロしていると隠居おやぢと同じように
ウォーキングするご夫婦に何組も出会いました。
そりゃそうなるわなぁ。寝るだけぢゃあ惜しい(笑)。

4階から音楽が聞こえてくるので、恐る恐る上ってみると・・・
明日の朝食が供されるアトリウムに辿り着きました。
ほとんどお客さんのいない中で
暖かく迎えて下さったスタッフさん。
あちこち写真撮影するのを許して下さいました。
きっと明朝は多くのゲストでごった返すでしょう。
とてもラッキーな機会をいただきました。

ホテル内ウォーキングで心地よい疲労感を覚え
そのままお部屋に戻って入浴。そして就寝。
噂にたがわぬ東京ステーションホテル。
次は・・・パレスサイドがいいな。


CATEGORY:国内旅行

THEME:国内旅行 | GENRE:旅行