プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

マイレージ特典航空券

ANAのマイレージが80,000マイルを超えました。
適当なところで使わないと、宝の持ち腐れになってしまいます。
1人40,000マイルで行ける時期や国を調べてみたら
来年の6月末のハワイが該当したので
早速リザーブしてみました。
ホテルは今後の様子を見ながら確保していきます。

ラスベガスでは円安の影響を強く感じました。
ブランドショップでは必ずしも安いものとは出会えず
ちょっとしたTシャツは4,000~5,000円。
アメリカンサイズだけどパッサパサのサンドイッチは
ひとつ1,000円ほど・・・。
来年はさらに米ドルが強くなるかもしれず
アメリカは遠い国になってしまうのかもしれません。

ハワイの次は為替レートも勘案しながら
旅先を検討するのかな。切ないねえ。
スポンサーサイト
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

ラスベガス行 ~航空券~

最近はツアーを使わず、ホテルも航空券も個人手配。
少しでも安くなるように、1年ほど前からキープしています。
なので目的地までの「乗り継ぎ」も楽しみのひとつ。
往路は伊丹⇒成田⇒LA⇒ラスベガス
復路はラスベガス⇒バンクーバー⇒羽田⇒関空

なかでもバンクーバーは初カナダとゆうこともあって
相当テンションが上がりました。
あちこちの免税店や土産物屋を何度も訪れ
カナダのお土産を喜んで買って帰りました。
それにしても何処に行っても多いのは中国人。
ツアーで来ている人が多いようで
ドヤドヤとやってくる集団は列が途切れない。
おまけにうるさく、ハタ迷惑なことこの上なし。
ま。こんな連中には近づかない方が吉。

マイレージの関係で最近はANAを使う機会が多い。
バンクーバーから羽田に向かう客室乗務員の中に
韓国人がいました。
とってもカワイイ。でも人工的。
アンドロイドみたいで、個人的には好きじゃない。
件の彼女。猛烈にニンニク臭かった。ゲンナリするほど。
韓国人にとってキムチは国民食かもしれず
人と接触するときのニンニク臭は
それほど問題にならないのかもしれません。
でもANAは日本を代表する企業なので
それなりの対応をしていただきたい。
大韓航空やアシアナならガマンするしかないけど。

機内食はナカナカのものでした。
特に成田からLAに向かう時に出たものは秀逸で
メチャクチャ美味しかった。
同じANAでもバンクーバーから羽田に向かう時は
ゴハンが柔らか目で今ひとつ。
やっぱり何かが違うんですね~。

いまだ時差ボケは直りませんが(呆)
ニンニク娘以外は快適な空の旅でした。
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

ラスベガス行 ~ホテル~

今回のラスベガス行は7泊。
ホテルは前半の4日間と後半の3日間で変えてみました。
前半は日本のツアーでもよく利用されている
モンテカルロ リゾート アンド カジノ
ホテルのフロントとカジノが分かれている、とどこかで見て
何となくココに決めました。

ホテルランクとしては真ん中くらいですが
アクセスが良く街歩きなどには最適だと思います。
ただ壁が薄く、値段なりのお部屋なので割切りが必要かと。
ラスベガスでは、あまりホテルに長居させたくないようで
コーヒーを入れることもできないし、冷蔵庫も無いし
アメニティも充分に揃ってはいません。
部屋には寝に帰るだけなので、これでも問題はありませぬ。
ただ・・・。やっぱり何か物足りない。

今回オプショナルツアーのスケジュールが決まってなかったので
1泊×4というカタチで予約しました。
4日とも同じ部屋で過ごそうとすると
途端に条件が厳しくなったようで、通された部屋の眺望は今ひとつ。
むぅ。今後、ブツ切りの予約は考えた方がいいかもしれない。

後半の3日間は、ヴィダラ ホテル & スパ
ホテル内にカジノがない、ノンゲーミングホテル。
お隣のべラージオで行われる噴水ショーを部屋から観たいと思い
「もう。ここしかない」とリザーブしました。
ここは全室スィートルームということなので
モンテカルロとは雰囲気が全く違います。
落ち着いたラグジュアリーな雰囲気。
窓のシェードは電動開閉。
シャワーブースとバスタブは別れているし
テレビはリビングサイドと寝室サイドに別々に据えられています。
キッチンには立派なダイニングテーブルもあるし
電子レンジもあります。お湯は沸かせないけど(笑)。

アサインされた37階から見るラスベガスの街。
昼も夜も素晴らしく、ベラージオの噴水ショーも堪能しました。
仕方の無いこと、とアタマでは分かっていても
モンテカルロと比べてしまう。切ない性であります。

ホテル内にはスタバとカフェレストランがあるだけでしたが
近隣のホテルには多くのレストランがあり、特に不自由は感じません。
ただラスベガスのホテルは兎に角巨大で
ガイドブックの地図を見て安易に考えていると
大変な思いをするのは間違いありません。
「ちょっとソコまで・・・」と思っても
カジノを抜け、多くの人々でごった返すフロントをやり過ごし
ブランドショップを通り・・・
やっとの思いで隣のホテルに入り
ショッピングモールやカジノを抜けて、ようやく目当てのレストランへ。
って、1~2ブロック分は優に歩いてるやん!!

とまぁ、とにかく良く歩く街なので、ホテル選びは慎重になさいませ。
ベガスの街を楽しめるか否かは、ホテル選びにかかっている!
かもしれません。
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

ラスベガス行

いよいよラスベガス行。
台風が3つもでけた~、というので戦々恐々でしたが
大阪は好天に恵まれホッとしております。
この時期ラスベガスの最高気温は40度を越えるそうで・・・
水分補給を怠らないで乗り切ろうと思います。

アメリカは何度か行きましたが
これまでとはチョイと趣が違うような気がして
ワクワク、ドキドキが止まりませぬ(笑)。
果たして何が待ち受けているのか・・・・・。


閑話休題。
クロス円は反発。
特にポン円やユロ円のそれは凄まじかったようです。
旅に出る前でもあるので
それほどムリをしないで、放置プレイしてました。
ユロドルのショートはのんびりしたもんでした。
ギリシャや中国のリスクは一時的には後退したものの
まだ根本的な解決を見ていないと思うので
遊びに行ってる間に吹き飛ばされないようにしないとね。

ではソロソロ支度をしましょうか。

ESTA ふたたび

来月に迫ったラスベガス行。
オーランドに行ってから、もう2年近く経つのか。早いもんだ。
そろそろ準備しとかないと・・・と思い、ESTA再登録。
なんか前より登録する項目が増えてるがな。面倒くさいな。
ブツブツ言いながら、とにかく申請完了。
入力に時間はかかったけど、承認はあっという間でした。

「レストランのリザーブしようか」
「本場のショーを見にいこうか」
ヨメといろいろ相談しましたが、結局何もしないまま・・・。
アンテロープキャニオンへのツアーを1泊2日で組んでいるので
ラスベガスで自由になるのは4日ほどしかありません。
あんまり予定を入れてしまうと余裕が無くなるので
気ままに楽しむ事にしました。
ラスベガスという巨大なテーマパークを
できるかぎり堪能したいものです。


閑話休題。
家の近所の散髪屋さんに行ってきました。
丸刈り+顔剃りで1,100 円という破格のプライス。
仕事を辞めて以来、顔剃りしてくれる散髪屋さんに行ったのは
もう6~7年前ぢゃないかな。久々の快感でした♪
CATEGORY:海外旅行

THEME:アメリカ生活 | GENRE:海外情報

グランドハイアット ⇒ ホームホテル

いつものように、何ということなく トラベルコちゃん を眺めていると
台北101 近くのホームホテルがアップされていました。

アレ?明るい時分には無かったような気がする。
グランドハイアット台北 よりも ホームホテル の方が
場所は良さそうだし、何より夢にまで見た 台北101ビュー!
お値段は、格安でゲットした グランドハイアットの倍以上(驚)。

シドニーのカウントダウンクルーズは418豪ドル。
そのことを思えば、強ちありえないプライスでもない?
などと自分を無理やり納得させて乗り換えました。
しかし・・・高いなァ。でも折角の機会だしなァ。
喜んでくれると思ったヨメは、絶句しておりました(泣)。

セゾンカードにはエクスペディア決済時に利用できる
5%off のクーポンがありましたが、すっかり忘れてました。
色々な意味で相当動揺していたんだと思います。

その後確認のために再び立ち寄ると早くも完売。
とりあえず・・・キープできて良かった。
11ヶ月先の台湾。
航空券もホテルも、早くも固まりつつあります。
鬼が笑うで。ホンマに。
CATEGORY:海外旅行

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

ラスベガス手配完了

毎度のことですが
海外旅行は極力個人手配で行くようにしています。
行き先にもよりますが、旅行費用が格安で済むのが
その大きな理由です。
ツアーだと他のお客さんも一緒で、基本的に団体行動なので
どうしても窮屈だし、時間が勿体無く感じられます。
幸いなことに、まだロストバゲージの経験はありませんが
キャンセルとか遅延は何度かありました。
中学程度のカタコト英語でも何とか思いは伝えられます。
きっと先方は笑いを堪えるのに必死でしょうけど。

今夏のラスベガス。
ホテルは去年の6月、航空券は8月にリザーブしました。
当時は「マダマダ先のこと」と思ってましたが
気がつけばあと半年に迫ってきました。
来月は舞浜行が控えているし、年末の台湾も決定事項。
半年先には来夏のことが懸案になってきます。
なので・・・、決済を先送りするとシンドイんですよね。

そんな訳で、ホテルとオプショナルツアーの決済を敢行。
ホテルは以前からお世話になっているアップルワールド。
「業界最安値」ではありませんが
日本円で税・サービス料込みの料金を提案しているので
為替の値動きを考えずに取引できて、とても気に入っています。
オプショナルツアーはVELTRAで
アンテロープキャニオンに行くものを組み込んでみました。
あんまり長いツアーだと、ベガスは寝るだけになっちゃうし
かといってグランドサークルを素通りするのはツライし・・・。
カバーできないポイントは次回にフォローすることにしましょ。

とにかく、こうしてラスベガス行の準備は整いました。
CATEGORY:海外旅行

THEME:アメリカ旅行 | GENRE:旅行

2015年のカウントダウン

去年と一昨年のヨメの休暇は9連休でしたが
今年は12/29~1/3の6連休になる見通し。
「2015年はゆっくり年越ししましょ」などと言ってましたが
シドニーのカウントダウンがあまりにも素晴らしかったので
やっぱり出掛けることにしました。
でもあんまり日が無いので、今年は台湾にしました。

いくつか訪ねてみたいエリアをピックアップ。
予算と相談しながら、予めホテルをリザーブ。
北部エリアで2泊。
国立故宮博物院・士林夜市・忠烈祠あたりをターゲットに。
大晦日は台北101近くで1泊。
あのカウントダウン花火を見てみたい。
あとは台北駅周辺で2泊。
台北市内の散策は、とっても愉しそう♪

台北には桃園空港と松山空港がありますが
桃園空港⇔台北市内は
リムジンバスで通常70分かかるとのこと。
年末年始はどんな状況になるのか
皆目見当がつかないので
アクセスの良い松山空港を狙います。
残念ながら関西から松山空港への直行便は無く
伊丹空港⇒羽田空港⇒松山空港となります。
時間のロスはありますが
台湾に入ってから、予定が立てやすくなるのは
大きなメリットだと判断しました。

そして今日は航空券発売の日。
0:00になると同時に全日空のサイトにアクセスしますが
なかなか予約可能な画面に切り替わらず・・・(涙)。
イライラしながらクリックしても、想いが伝わらない。
あっという間に1時になり・・・
「2時になってもダメだったら諦めて寝ようか」と思った1時45分。
憑き物が落ちたようにサクサク動き出し
無事に予約が完了しました。

旅行会社のパンフレットを見ると
台北6日間のフリーツアーだと
1人20万円以上かかるプランもあるので
リーズナブルに抑えることができました。

こうして2015年暮れのプランも動き始めました。
CATEGORY:海外旅行

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

ETAS

あと2週間に迫ったシドニー行。
今月1日にビューグラントにお願いしたETAS 。
5日にはもう手続完了のメールが届きました。早いね。

今回はマチルダロケット号という船に乗って
カウントダウンを見るのが目的なので
他にオプショナルツアーは申込んでいません。
実質的な滞在期間は5日半で
それほど余裕もあらへんしね。
空港⇔シドニー市内の移動も
タクシーで何とかなりそうやし。
アナハイムやオーランドに比べると
随分ノンビリしております(笑)。

でも折角オージービーフの国に行くので
ヨメと相談して、1軒だけレストランのリザーブを入れました。
今回もまたJCBの「たびらば」にお願いしました。
アイム・アンガス・ステーキハウス
口コミも良さそうだったし・・・。
「お肉が食べたい」というヨメの意向が強く反映されました。
あとは荷造りをして一丁上がり。いよいよです。


閑話休題。
ここ数年の年の暮れを振り返ってみると
2009年はTDSのカウントダウン。
2010年はTDLのカウントダウン。
2011年は何処へも行かず
2012年はシンガポールでカウントダウン。
2013年はアナハイムのディズニーランド。
2014年はシドニーのカウントダウン。

来年は??
かねてから「台湾。台湾。行きたいわん」と行っていた台湾。
今年の秋、廃油を再利用した食用油について報じられましたが
やっぱり一度は行ってみたい。
まだ航空券の発売前ではありますが
とりあえず大晦日だけ予約を入れてみました。
台北101 近くのグランドハイアット台北
たった1泊なのにな・な・ま・ん・え・んって(驚)。
少しでも安いところを探しましょう。
どうしようかなぁ。ヨメは止めておりますけど(笑)。
CATEGORY:海外旅行

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

航空券確保

格安航空券を買うときに良く使うJTB(旧トルノス)。
たまぁ~に使うのはANAの公式サイト。

来年7月のラスベガス行。
ホテルの予約を済ませ、航空券の売出しをチェックしていました。
JTBやエクスペディアなどでは発売前ですが
ANAではもう入手可能な模様。
数日前にアクセスするも、「満席になりました」と無慈悲なお言葉。
何度か挑戦しましたが、同じメッセージが出るので諦めていました。

ダメもとで昨夜アクセスすると
何でか分からないけど、とりあえず予約手続は完了。
決済前に探ってみると
7月のグランドキャニオンはオンシーズンで
しかも3連休が絡んでいることもあって
もうソコソコに航空券も買われているみたい(哀)。
残っていた航空券は帰国便がバンクーバー経由。
アラ素敵。カナダに立ち寄れるんだ。空港だけだけど。
狙っていたプライスよりも若干高く
優柔不断な隠居おやぢは例によってまた迷う。
でもJTBで発売される1週間後には
どんな展開になっているか分からないし、何より決済期限が迫る。
仕方なく、ホントはもう少し様子を見たかったけど決済。
世の中。ナカナカ思ったようにはなりませんね。

これで往復の飛行機と滞在中のホテルは確保。
グランドキャニオンはオプショナルツアーを使うことになりますが
残念ながらまだ発売前。
灼熱のラスベガスだけに滞在するのか。
それともグランドキャニオンまで足を伸ばすのか。
その決断は、トラリピくんのご機嫌に委ねられたのでした。
CATEGORY:海外旅行

THEME:アメリカ旅行 | GENRE:旅行