プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行めぐり

今からそう10年くらい前。
投資信託はなるべく長期保有することが望ましく、
国内外の株式・債券・リートなど様々なカテゴリーに分散させるのが
良いとされていました。
それから後は雨後の筍のように、
様々なカテゴリーの商品が発売されました。
BRICSの次はVISTAが。
最近では通貨選択型投資信託が人気があったようですね。
「ドル・コスト平均法」も試してみました。

そこに未曾有のリーマン・ショック。
全ての投資信託と個人年金は含み損を抱える事になり、
程度の差こそあれ全ての商品の損切りを余儀なくされました。

で。結論。
何に投資しようが一番大きな影響を与えるのは為替である、と。
確かにカテゴリーによりリスクの大きさは異なります。
債券よりも株式、先進国よりも新興国の方が被害は大きくなることは
多いように感じます。
でも米ドルが120円から80円に、ユーロが170円から100円になれば、
殆どの商品がマイナスに転じるでしょう。
「ドル・コスト平均法」で時間分散を図ったとしても、
急激に円高に動けばとても追いつくことができませぬ。

以来「投資信託」というものには見向きもしないでおりました。
どれほどの授業料をお支払いしたのでしょうか。
恐ろしくて計算もしておりませんが・・・ (T△T)
流石にユーロは怖くてまだまだ手が出せませんし、
新興国も何が起こるかわかりません。
ブラジルレアルもトルコリラも南アランドも相当下げてますもんね。
やっぱり米ドルはある程度下値が限定されるのかもしれません。
76円台になれば為替介入もあるでしょうし。

などと思い、先日久々に銀行めぐりをしてきました。
ターゲットはUSAの出遅れているカテゴリー。
円安に振れたときに米ドル以外の通貨が組み込まれていると
収益性を損なう可能性がありますので。
アポ無しで伺いましたが、
キレイなお姉さんが対応して下さいました。
提案いただいたのは、
ハイ・イールドとリートが多かったように思います。
どちらもかなり前からある商品なので、手数料が低めなのもいいですね。
前向きに検討してみたいと思います。

3連休。

週明けは方向感の無い、
狭いレンジでの値動きになりました。
まだ豪ドルが1本だけ決済されたのみです。

先日の吉田先生のセミナーで、
「中長期的には円安傾向になる」ということだと
個人的に判断しました。
しかも比較的長い期間に渡って、
かなり大幅に円安が進む可能性があるのだと思いました。
流石に8月第1週で
その傾向が如実に現れるかどうかは分かりませんが、
その予見にかけてみようと思いました。

これまでギリシャに端を発したユーロ問題の影響が怖くて、
どの口座でもかなり臆病になっていました。
思えば「石橋を叩き過ぎて」いたのかもしれません。
あんまり叩き過ぎると、石橋も壊れるかもしれないし、
ひょっとしたら最後の円高になるかも???

で、今更ですが円高に動いたところで
押し目を拾っていくことに致しました。
歴史的に見てまだ円高圏かな?と(勝手に)思った
カナダドルとポンドを少しずつ買っていきます。
昨日は狭いレンジで動きながら
ジリジリと値を下げていったので、
早速何本かヒットして、ポジションが立ちました。
Xデーまで、あと2週間余りといったところ。
「そんなもん。当たらへんで!」と思いつつ、
「でも、ひょっとして!?」とも思います。

((o('∇'*)oドキドキo('∇')oワクワクo(*'∇')o))

M2Jのセミナーに行ってきた。

随分久しぶりですね。M2Jのセミナーに行くのは。
決して開催されていなかった訳ではないと思います。
ただ何となく私の足が遠のいていただけなんですね。

テーマは「米ドル・ユーロ・豪ドル 年後半の相場見通し」
講師はM2J FXアカデミア学長の吉田恒先生でした。
吉田先生はかねてから、円安局面への転換を予見されていましたが、
なかなかその実感が無いので不安を感じていました。

間違いだったのか?
状況が変わったのか?
それとも単にモタついているのか?
そのあたりを確認すべく、
梅田にあるヒルトンプラザウエストに向かいました。

結論だけいうと、
7月31日のFOMCを見極めた上で、
8月早々にも円安転換の第2幕が始まるだろうとの事でした。

Σ(゚□゚ノ)ノエー!Σ(*゚◇゚*)ウッソー!Σヾ(*゚○゚)ノホントー!

でもいくつかの過去のデータを元に、その根拠を提示されました。
早速市場が開くまでに、注文を仕掛け直そうと思います。

本家M2Jの口座では、
複数通貨でのトラリピを仕掛けている一方で、
レンジを外れてしまった米ドルやカナダドルのポジションが残っています。
しかしながら今日のお話では、それらが一掃される可能性もありそうです。

またセゾン外貨では
キウイのロングトラリピとスイスフランのショートトラリピを
手動で仕掛けていますが、
スイスフランはもう下抜けてしまって、どうしたものかと思っていました。
今日のお話を聞いて更に追いかけるのは、得策ではないと判断しました。

さらにスワップ目的の外為どっとコム。
吉田先生のお話通りに展開するのであれば、
保有しているポジション以上の円高は期待できそうにありません。
新たなポジションが立たないと、
レバレッジは1倍未満になり、FXの妙味は全く無くなります。
こうなると別のポジションを仕込み直すか、
ダブついた証拠金の一部を引き出すかを選ぶことになります。
当然の事ながら、新たに仕掛け直す方が楽しそうです。

以上のような状況を鑑み、
戦略の建て直しを図ろうと思った次第です。
また例によって
「あーでもない。こーでもない」と考えております。
考えてみると、この時間が一番刺激的で面白いひとときかもしれません。

セゾン外貨-7月第2週-

こちらの決済も少なかったのですが、
本家M2Jよりも多くの利益をもたらしました。
こうなると複数の会社の口座で
異なった通貨によるトラリピの意義が出てきます。

キウイは2回、スイスフランは1回の決済があり、
それぞれ+10,000円+2,500円という結果におわりました。

今週については、
本家M2Jの不調を完全に補ってくれました。感謝です!
とはいえ2口座で+20,000円という結果は
先月の絶頂期の1/3にしかすぎません (T△T)

先日の舞浜のお支払いもあるので、
月後半の爆発にかけたいところです ((o(^∇^)o))わくわく

M2J-7月第2週-

今月はこれまでなかなか利益が伸びませんね。
豪ドル、カナダドルとも1回ずつの決済でした。
狭いレンジで上下動を繰り返しているので、
新たなポジションも立ちにくく、
決済もされないという状況です。
こんな時には、
細かくトラリピを設定した方が
決済も増えて楽しそうですね。

豪ドル     +5,000円
カナダドル   +2,500円

対してバーチャル口座では
14回の決済で+7,000円でした。

今月に関しては、
豪ドルの不調をカナダドルがカバーしてくれました。
来週の盛り返しに期待したいところです。

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

絶不調!
今週に入って、トラリピくんの決済はゼロです。
本家M2Jも、サブのセゾン外貨もサッパリでおます。

いずれもジリジリと値を下げ、
仕込みは、(≧∇≦)b OK
ところが・・・、決済が進んでくれません。
いずれも狭いレンジの中で、
ビミョーにアップダウンを繰り返しています。

こうなると小刻みなトラリピ設定が有利なんだろな~と思い、
バーチャル口座を見てみると、
11回の決済で5,500円の利益でした。
こちらも決済はゼロでした。
   ※ゴメンなさい。データ確認を間違えました。

仕方が無いですよね~。
今日明日あたりから動き出してくれることを願うのみです。
でないと、来月生活でけへんようになるもん。( ̄▽ ̄;)!!ガーン
祈るような気分です。ほんとに。

ステータスアップ 応援キャンペーン

今月から新しいキャンペーンが始まりました。

マネースクウェア・ジャパンでは
四半期ごとの取引高(もしくはポジション残高)と
現金残高により、サービスステータスというものが定められています。
ステータスによりM2Jポイントの還元率が高くなるため、
より上位のステータスであった方が有利になる仕組みです。
今回は2ランクアップのステータスアップで、
3000M2Jポイントが別に付与されるというものです。

一応エントリーはしましたが、
それほど必死になって追いかけることはしません。
為替は生き物なので、どれだけ激しく上下動するかわかりません。
3ヶ月経ったときに、基準を満たしていればラッキー!
くらいのつもりで臨みたいと思います。

でもね。恐らく無理だろうなぁ~。
ただでさえ取引の一部を他社に移行させようとしている最中ですから。
余程のことが無い限り、難しいと思われます。
「余程のこと」があることを願って、エントリーはしましたが・・・。

外為どっとコム-7月第1週-

6月1日に円高が進んで
12,000通貨のポジションが立っています。
以来1ヶ月で7円ほど円安が進みました。
ボラティリティの大きな豪ドル、面目躍如というところでしょうか。

基本的に決済は考えていないので、
あくまで途中経過ではありますが・・・、
含み益は49,440円。スワップは+4,361円です。

このままスワップが積み上がってきたら、
どうしたらいいものか・・・。
無闇に買い増すと含み益を毀損することになるし。
ランド円は少額で取引きできますが、
やや信頼性に問題があるように思うし。

やっぱり円高が再度進むのを待つ方がいいのかな。
円安方向に動いたときに
スイスフランのショートポジションを持つのもアリかも?
そしたら円高に振れても、逆に円安になっても
口座そのものが安定するかもしれないな~。

セゾン外貨-7月第1週-

狭いレンジでの値動きだったので、
こちらの口座も今ひとつに終わりました。
キウイに至っては決済がありませんでした。
スイスフランは3回の決済でした。
元々83.00の売りポジションが最後の砦でしたが、
IFD注文を入れていませんでした。
週末でもあり辛抱できなくなってしまい、
81.69で決済しました。

これにより2,500×2+6,550=11,550円 となりました。

スイスフランのトラリピレンジは
もう少し下の方まで下げてもいいように思います。

M2J-7月第1週-

静かな1週間でした。
6月が相当激しかっただけに、物足りないくらいです。
豪ドルが1回、カナダドルが2回の決済でした。

豪ドルは1,000通貨から1万通貨への以降途中なので、
中途半端な利益金額になっています。
またカナダドルはトラップの設定変更途中なので、
やはりこちらも中途半端な金額になっています。

豪ドル      +7,590円
カナダドル    +3,750円

バーチャル口座の1,000通貨取引では、
11回の決済で+5,500円でした。

たまたま利益金額では1万通貨の方が多くなりましたが、
狭いレンジでの値動きだと
1,000通貨5銭刻みの方がパフォーマンスは良かったと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。