プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

やっぱり・・・撤退。

明日はアメリカの雇用統計もあるので、
外為どっとコムの強制決済はしないつもりでした。
けれども転居先のサイバーエージェントの対応が
思いの外早いように感じたので、
2つのポジションがそれぞれプラスになっているのを確認して、
昨夜の内に決済させました。

そして今朝再び外為どっとコムに立ち寄ると
スイスフランがもう「ひゃくえん」目前に迫っていました。
そうなんですよね。隠居おやぢの悪い癖で
トラリピくんを仕掛けていると、毎日チャートを見ますが、
今回のスイスフランのような場合は、ついつい疎かになってしまいます。
長い間使っているM2Jのチャートに
スイスフランが含まれていないのも「注意力散漫」になる原因です。
って、ヒトのせいにしちゃいけませんね。

最初はそのまま放置しておくつもりでしたが、
いっそキレイにした方が取引もしやすいし、
どうせ置いといても、疎かにするよりはマシかなと思い
強制決済をかけました。ポンドと相殺で若干のプラス。
ま。良しとしましょう。
今回被ったマイナスは、サイバーエージェントで取り戻します。

これで外為どっとコムにポジションは無くなりましたので、
出金手続きを取りました。
気持ちは早くもサイバーエージェントに飛んでいて、
早く書類が届かないかしらんと思っていたら
11時半。「口座開設完了のお知らせ」が届きました。
ホントに早いですね。
ほとんどブランクなく、米ドルのトラリピくんが仕掛けられます。
明日の雇用統計にも間に合いそうです。
「間に合いそうです」と書いたのは、まだ出金が完了しておらず
資金の担保ができていないからです。
一部の資金は今日中に準備できそうですし、
来週末には完全にお引越しが終わりそうなので
本当に良かったです。

でも・・・、今回みたいなサービス変更は勘弁して欲しいな。
隠居おやぢくらいなのかな。外貨を証拠金に充ててる人って。
以前から外貨預金やってる人なんかは
金利は低いわ、含み損は凄まじいわで困っている人多いと思うねんけど。
外為どっとコムはそんな外貨資金の貴重な運用先で
少なくとも隠居おやぢは重宝してたんやけどな。
口座は残しますが、今後の取引はよくわかりません。

とりあえず・・・、長い間お世話になりました。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

<追記>
外為どっとコムから引き出した資金を
そのままサイバーエージェントに入金し、
いつものようにチマチマと米ドルのIFDを並べました。
まだ完全に資金移動が終わっていないので、
仕掛けた本数はまだ少ない目ですが、
とりあえずこれで転居先は「仮住まい」になりました。

しかし驚くのはサイバーエージェントのスピード。
口座開設の申込をしてから僅か3時間で審査完了。
更にその24時間後には、わたしの手元にIDが届いている・・・。
すっごいなぁ・・・。ホレボレするような対応です。
スイスフランとポンドを無理やり決済した甲斐があるってもんです。

あ。トレード画面はセントラル短資にちょっと似てます。
それほど違和感なく向かえるのも良いかもしれません。
さあ。雇用統計はどうなるかな。「来るなら来い!」ってカンジです。
スポンサーサイト
CATEGORY:外為どっとコム

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

やっぱりね・・・。そうだったか・・・。

外為どっとコムさんのコールセンターに確認しました。
当然の事ながら、
新サービス移行後「外貨ネクスト」は収束に向かうそうです。
その時期については未定だそうですが、
「それほど先のことではない」という言い方をされましたので、
半年~1年くらいかな? と勝手に判断しました。
トラリピくんはトレードの性質上、
含み損を抱えることを厭わない取引です。
円安傾向で比較的ポジションが少なく、
まだこの時期で良かったのかもしれません。

折角円安に向かっているのに、
ようやく長いトンネルを抜け出してきたばかりなのに、
今ここで円転する気はさらさらありませぬ。
なので・・・、本意ではありませんが、
お引越しをすることになりました。

早速サイバーエージェントFXに口座開設依頼。
勿論審査もありますが、速やかに判断が出るような雰囲気。
慌てて外為どっとコムの外貨出金の手続きを取りました。
こちらの着金は2/6予定。
来週半ばくらいからの取引開始ですね。

外為どっとコムに残る米ドル以外のポジションは
慌てて決済せずに、暫く様子を見ることにします。
スイスフランのショートは含み損が拡大しているので、
もう少し有利なレートで決済させたいと思います。
ポンドは僅か5,000通貨ではありますが、
いまここで決済するのはmottainai。
まだまだ上振れる可能性も高いと思っています。
やっぱり250円のころを覚えているのでね・・・。

さて。
週が明けて、比較的静かな値動きです。
それにしても豪ドルの上値が思いなぁ・・・。
そろそろ、週後半に向けて動き出す・・・カナ??

<追記>
口座開設手続完了は9時29分。
本人確認書類のアップロードは9時32分。

早いね。もう「審査完了」メールが届きました。13時36分。
これはひょっとすると、今週中に取引が可能になるかも?
資金の確保を急がないといけませんね。
CATEGORY:外為どっとコム

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

今まで何を見ていたのか。

隠居おやぢは手動でもトラリピをやっているので、
毎日のように取引している会社のサイトに立ち寄ります。
多いときには、日に数回ログインします。

で。フト今日になって気づいたこと。
M2J。
「トラリピ・ランキング」3月中リリース予定

いつから告知していたのかな? 今日気がつきました。
一定期間内のすべての通貨ペアで実施したバックテストの結果を
利益率でランキングするそうな。
更に「この設定を発注したい!」と思うものがあれば、
その設定が反映された注文画面を呼び出すことができるそうな。

ふぅぅぅぅううううんん。なかなか面白そうやん。
今まで「FX de おしゃべり」というコンテンツで
何度も問い合わせのあったバックテストが
簡単にリサーチできて、そのまますぐに発注できる!あぁ素晴らしい。
ユーザーはこうしたコンテンツをどれほど待ち望んだことでしょう!

ただバックテストは過去のデータを検証するものです。
同じレンジを行ったり来たりしていた時から、
今はひょっとしたら抜け出しつつあるかもしれません。
新しいレンジに突入して、
将来得られる姿もこれまでのデータとは変わってくるかもしれません。

ふたつめ。あ~。ショックでした~。立ち直れないくらい。
外為どっとコム。
「外貨ネクストネオ」ちゅうのんがリリースされるのは知ってました。
うん。これは確かに見た覚えがありますもん。
既に現行の「外貨ネクスト」の口座開設は終了し、
新しいサービスに移行する準備が着々と進んでおります。
ポジションを決済させずに、
新しい環境下で取引できるように配慮されています。

「ふぅぅぅぅ~んん。新しくなるんやぁ。でもあんまり関係ないかも」
などと呑気に考えておりました。
・・・・・で。今日。ほんの数時間前に気づいたんです。

     新サービスでは外貨を必要証拠金として利用できない。

これは致命的だ!
隠居おやぢは、円転できない外貨を証拠金として充てています。
もっと言えば、隠居おやぢがFX会社の口座を開く第一の条件は、
「外貨の入金ができること」。
その大前提が崩れ去ってしまうううううう。
忽ち「外貨ネクスト」が使えなくなるのでは無いようですが、
トラリピくんは絶えずポジションを持ち続けるトレードなので、
決済が進んだときほど対応がしやすいと言えます。

今のポジションは米ドルが2本。・・・・ころあいかもしれない。
それにしても辛いのは122.00で仕込んだポンド・・・。
ま。併せて仕掛けたスイスフランのショートもあるので、
相殺すれば何てことないんやけど・・・。
使いやすいし、ええねんけどなぁ・・・。
何とか今のまま残すことは、でけへんのやろなぁ・・・。

今取引している3社の証拠金を入れ替えて、
対応しようとしましたが、・・・どうもムリみたいです。
とりあえず明日、外為どっとコムさんに確認して、
このまま取引をすることができないようであれば、
誠に残念ですが、お引越しをすることになります。

新しいお引越し先の候補は、サイバーエージェントFX。
米ドルやユーロの機軸通貨のみならず、
豪ドル、ポンド、キウイ、カナダドル、スイスフランも充てられます。
これからやってくるキウイの償還も大丈夫!まぁ素敵!
月末からヤフーの子会社になるらしいけど、
今のまま変わらずにおってや。ホンマに。頼むでぇ。

ま。不幸中の幸いっちゅうコトにしといたろ。
なんか今日は疲れたワ。決済も無いし・・・。ブツブツブツブツ。
いつになく不機嫌な隠居おやぢです。    お休みなさいまし。
CATEGORY:外為どっとコム

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

9連休になる。

と言っても12月末のお話。
去年と今年の年末はカレンダーに恵まれていて、
ながぁ~い休暇取得が可能なようです。
そのためか海外にお出掛けになった方も多いご様子。
中国や韓国に行かなくったって、行きたいトコロは沢山ありますから。

で。そろそろ航空券の手配が可能な時期になってきました。
早くからハワイのホテルを押さえ、
密かに「細工は流々・・・」とほくそ笑んでいました。
格安航空券予約サイトに立ち寄ると、何と!
大韓航空の乗継便で346,260円(2名分。サーチャージ、諸税込)。
いや。驚きました。
安いホテル押さえても、そんなにかかるんやったら意味あれへんがな。
第2候補でクアラルンプールも押さえてましたが、
9連休で行くのは日程的に少し勿体無いような気がする。
何より今年行ったシンガポールのご近所さんなんで、
もうちょっと違う雰囲気を感じに行きたい。
ヨーロッパはオフシーズンなんで面白そうやけど、
毎日こんなに寒いと暖かい国に行きたいと思ふ。

そんなこんなで、ハワイもマレーシアもキャンセルして
新たに候補地を探し始めました。
いちばん行ってみたいのはシドニーのカウントダウン。
でももう希望するエリアのホテルは満室。
困ったなぁ。どうしようかなぁ。
あんまりモタモタしてると、ドンドン塞がっていくし・・・。
悩んでおります。

まだオーランドの計画も完璧に仕上がってないんですけど、
なるべく早い時期に決めたいと思ってます。


閑話休題。
週が明けて為替は高値圏で推移しました。
そのまま上昇を続けるかと思いきや・・・、あえなく失速。
あと1pips というところで豪ドルは決済に至らず。
そのままジリジリと値を下げた後、再び上昇に転じました。
う~ん。上値が重いのかなぁ。
今週は大きなイベントが続くので、ジェットコースターのように
激しい値動きを期待したいですね。

お休みなさいまし。
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

6ヶ月経過。

去年の夏
「そろそろ円高も終わりかもしれない」と思い、
久々に買った投資信託。
フィデリティのハイ・イールドとUSリート。
最も底値圏にあると思ったので
ドキドキしながら、何年ぶりかで買ってみました。
とかくの批判のある毎月分配型投信ですが、
分かりやすいので決して嫌いではありません。
行く行くは分配受取にするつもりですが、
当面の間は再投資にして元本を少しでも増やすことを
念頭に置いていました。

ちょうど6ヶ月が経過し様子を見てみると
やっぱり為替の影響を色濃く受けているんですね。
先週末現在の基準価格で2割ほど増えています。
勿論このまま放置しますが、
「こんなコトなら、も少し買っときゃ良かった」
などと思うのは悪い癖。

こうしてブログで良かった話ばかりしてますが、
数年前までは本当にたくさんの授業料を払いました。
悪名高き「安愚楽」もやりました。
口蹄疫問題の時に、損を覚悟で解約して難を逃れましたが。
今後もどうなるか分からないラブホファンドも2本抱えてます。
某外資系銀行の担当者とは、
あまりに酷い対応に電話口で怒鳴りつけたこともあります。
投資型年金や投資信託は勿論、
株やETFなどイロイロなものに手を出し、
ヨメにも言えないほど損失を被りました。
きっと世の中には、隠居おやぢ以上に痛い目に遭った方々が
大勢いらっしゃるのでしょう。

で、学んだこと。
外貨投資は、最早当たり前のコトではありますが、
多様な商品に分散しても
最後に最も大きなファクターになるのは為替であるということ。
ドル・ユーロ・豪ドル・カナダドル・スイスフランなど
ありとあらゆる通貨の
株・債券・リート・商品など
ありとあらゆるものに投資をしても
結局円高が進めば、どうにもならないということ。
事ここに至り、今では外貨の分散はしても
投資対象の分散はしていません。

もひとつ。
どんなに専任の担当者がいたとしても、
こちらが必要としている時には
ほとんど機能してくれないこと。
担当者がどうしても必要なときは、
大体相場が良くない状況であることが多く
預入資産の少ない隠居おやぢなどは、
あちらにすれば「どうでもいい客」なんでしょう。
何度電話しても、折り返し連絡が欲しいと言っても、
とうとう掛かってくる事はありませんでしたから。

投資は自己責任。
良く言われることですが、
結局は担当者がいてもいなくても
全ての判断を自分で行い、その結果を自分で受け入れる。
当たり前のことなんですけどね。
なので商品の情報収集に金融機関は利用しますが、
必ずしもそこで購入することは絶対にありません。
欲しいアドバイスだけ貰って、
後は家に帰って自分でゆっくり判断する、
そんな風になりました。

隠居おやぢの親戚にもいますが、
「銀行さんに勧められて、やってみたけど大損したワ」
当たり前なんです。投資は人に勧められるものではなく、
自分で考えて決めるものです。
長かった超円高の時代から
緩やかに是正が始まっているかもしれないいま、
これから新たに投資を始めるのは面白い時期かもしれませんね。
でも隠居おやぢは、トラリピくんだけにすがると思います。
やっぱり為替が面白くて、わかりやすいので。
為替だけでもこんなに悩み考えて、
頻繁に仕掛けやスタンスの変更をしています。
ここに株や債券といったファクターが入ってきたら、
それはもうきっと身が持たなくなりますから。

新しい週が始まりました。頑張りましょう!
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

早くも修正。申し訳ありません。

セントラル短資の来週の予想レンジを見ると、
米ドルは「やや強含み」、カナダドルは「おおむね横ばい」、
豪ドルは「上値重くなりそう」・・・。う~ん。

最近の3通貨の高値と安値の差を見ると、
特に豪ドルの値動きが突出していないように思えます。
かつて豪ドルはボラティリティが大きいと言われてましたが、
その傾向は薄れつつあるのでしょうか。
先週は米ドル>カナダドル>豪ドル といった順でしたし。

各通貨の値動きがそれほど変わらなくなってきているとすれば、
利確幅に差をつけるのは得策ではありません。
目論見通りの値動きにならなければ、
思ったように決済が進まなくなりますから。

トラリピくんのバックテストもよく見ますが、
これまでと異なるレンジに移行したとすれば
データとしての価値も少なくなっているかもしれませんね。

そんな訳で全ての通貨の利確幅を150pips に統一しました。

隠居おやぢはとにかくテクニカルが全くわからないので、
取引している3社の予想レンジを参考にしています。
ある意味バックボーンと言えるかもしれません。
週末に出る外為どっとコムの「注目の高金利通貨」
日曜日のセントラル短資の「ウィークリー投資戦略室」
そして月曜日に出るM2Jの「週刊トラリピレンジ」。
それらを見ながら微調整を繰り返しています。
勿論これらの値は全て同じではないし、
必ずしも的中するものでもありません。
でも何となく安心するんですよネ。

なのでイロイロ言い訳をしてきましたが、
明日になったらまた軌道修正するかもしれません。
ご了承下さいまし。
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

SMBC CARD Suica

今日届きました。よかったよかった。

キャッシュカードを兼ねているクレジットカードなので、
審査そのものはそれほど厳しくないようでしたが、
無事に届いて一安心です。

与信枠は30万円。有難うございます。
一般の方から見れば、決して多くは無いんでしょうが、
ワタクシは隠居の身。
不合格にならなかっただけでも良かったと思います。
利用機会はそれほど多くは無いと思いますが、
今後は少しずつ利用機会を増やして行きたいと思います。
まずは今年の3月。
相互利用が可能になってからでしょうね。


でもホントにわからへんワ。クレジットカードの審査って。



閑話休題。
トラリピの利確幅のオハナシ。
少し迷いましたが、もう1週間だけ今のまま様子を見ることにしました。
で。仮に変更するにしても、
豪ドルのみ200pips ⇒150pips に変えると思います。
やっぱり100pips の米ドルを置いといた方が
約定しやすくって落ち着くと思うんですよね。
来週はアメリカの雇用統計もあるので、
そのあたりを判断するには良いタイミングだと思った次第です。
さてさて。どうなりますかね~。楽しみです。
CATEGORY:クレジットカード

THEME:クレジットカード | GENRE:ファイナンス

1月第4週

週明けの日銀金融政策決定会合。
リリースされた内容が今ひとつと申しましょうか、
折込済みのモノばかりと申しましょうか。
隠居おやぢは大変ネガティブに受け止めたのでありました。
あるブログには「アベノミクス終了・・・」という記事もあり、
ジリジリと値を下げるチャートを横目に
胃が痛くなるような思いをしていたのでありました。
その時は固唾を飲んで下げ止まるのを祈る、そんな心境でした。

そんな不安定な精神状態の中で、隠居おやぢが慰めにしてみたこと。
まずはポジションが立っているものはそのままに、
全ての豪ドルのトラリピを外しました。
何でそんな事したのかって??怖かってん、無性に。
幸い下げ止まり、トラリピを外した影響は無かったんですけど。
今はもう元の状態、本来あるべき姿に戻しております。

その次に米ドルの利幅を150pips から100pips に縮めました。
何でそんな事したのかって??早く決済させたいと思ってん、無性に。
これは元に戻さず、100pips のままにしていますが、
今後については後述する事にします。

こうしてビクビクしながら見つめていたところ
祈りが通じたのでしょうか。
週後半に入って決済が進み、ヤレヤレ一安心でした。

まずはセントラル短資のカナダドル。
今週もスリッページがなく安定しています。
+30,000円 (15,000×2) でした。

続いて外為どっとコムの米ドル。
先週敢えて決済させなかった88.00のポジション。
ジリジリ下がるチャートを見つつ、マイナスになる前に決済。
おい。決済するや否や反転って!・・・そんなモンですよね。
今週は米ドルの上昇著しく、その後4本決済がありました。
こうなると100pips に縮めたのは悪手だったかも??
+42,407円(2,316/10,005/10,005/10,046/10,035)

M2Jに関しては決済がありませんでした。
確かに95.00には乗ったんですが、
広いスプレッドと手数料のお陰で僅かに2pips だけ届きませんでした。
とても残念でしたが、来週に期待したいと思います。

さて今週の値動きを見ると、
米ドルは2円75銭、カナダドルは2円10銭。
一番ボラティリティが大きいとされる豪ドルは2円00銭の上昇。
こうなると豪ドルの利幅を200pips 、
米ドルの利幅を100pips とした事が完全に裏目に出ました。
全ての通貨の利幅を150pips に統一してもいいのかな
などと思った次第です。
ブログ書き終わって、良く考えて来週に備えることにします。

という訳で今週の結果は、+72,407円でした。
これによりブログを書き始めてからの
月間記録を更新する事が確定しました。
これまで本当に紆余曲折がありましたけど、
今の仕掛けが一番良いように思います。
そりゃ利幅やトラップ値幅の微調整なんかはこれからもあると思いますが、
ここに来てようやくスタンスが固まったような気がします。

隠居おやぢのように決断力の無い優柔不断な人間は、
ブログを書きながら自分の考えを整理しつつ
次のことを考えるというプロセスも大切なんですね。
CATEGORY:今週の結果

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

そろそろ考えないと。WDW

その中味は別にして、頻繁に更新しているというのに
FXについては触れない。いえ触れることができない。
そおです。トラリピくんは開店休業状態です。
為替はジリジリと値を下げ、とっても辛い日が続いています。

そんな事を忘れる為に、WDWのことを考えます。
そろそろレストランの予約が解禁になります。
それまでにいつ、どのパークに行くのか、
そしてレストランを予約するのなら何時頃がいいのか、
などなどを考えておかねばなりませぬ。
と言っても、まだ半年先のこと。
途方に暮れていると、ミッキーネットさんのコンテンツで
しっかり調べることができました。ありがたやぁ~。

WDWには「エキストラマジックアワー」という
サービスがあります。
これは1時間早く入園できたり、閉園後もパークに残って遊べる特典で
主に直営ホテル宿泊者に与えられます。
これは全てのパークで毎日行われているものではなくて、
キチンとスケジュール化されています。
この点についてもミッキーネットさんのコンテンツで
確認することができました。

隠居おやぢの場合、マジックキングダムは
グランド・フローリディアンに泊まる日に行くことにして、
ハリウッド・スタジオ、エプコット、アニマルキングダムは
ボードウォークヴィラに泊まる日に巡ります。
で、それぞれのパークのスケジュールを確認して、
レストランに行く時間を決めていきます。
まだ先の事なので予定変更もあるかもしれませんが、
人気のレストランは早々に塞がっていくようなので猶予はありません。
このあたりはさながらパズルを組み立てるようです。
舞浜に行く時と同じような作業ですが、
見知らぬ土地ゆえドキドキ感は、より高まります。

こうしてオーランドの大まかな予定を立て、
後はヨメの承認が出たら予約を進めて行きます。
無事に希望通りにリザーブできるといいのですが・・・。
怒られなくっていいし・・・。

それでは、この続きは又の機会に。
うまく行きますように。良い報告ができますように。
CATEGORY:海外旅行

THEME:WDW(ウォルトディズニーワールド) | GENRE:旅行

テレビを捨てて2ヶ月。

どれだけ不便になるのかな、と思っていました。
テレビと触れ合わない生活になってマル2ヶ月が経ちました。
初めの頃は「全く情報が入って来なくなるのかな」などと思ってました。
けれどもそんな事は杞憂に過ぎず、すこぶる快適な毎日を送っています。
確かに「あのころ」見始めたドラマなんかは
全部見終わるまでチェックし続けましたが、
今はそんな煩わしさもなく
プログラムに追われるようなこともありません。
むしろインターネットで報道内容を比較できるので、
物事を俯瞰で見ることができるようになった気がします。

たとえば・・・どーでもいい事かもしれませんが、
滝川クリステル「Mr.サンデー」降板のオハナシ。
サンスポなどは「今後は海外での活動にも力を入れていくため」
滝川サイドから申し入れたとしています。

東スポ。
まず降板の原因に「さまざまな憶測が飛び交っている」そうで(笑)、
真相は「フジのギャラ引き下げが降板理由」という事情通のコメントを
掲載しています。一度お会いしたい「事情通」。

日刊サイゾー。
滝川さんに対する良くない評判が満載。
曰く「アナウンサーとしてのスキルが低く、台本以上のことができない」
「CM出演をしているため、キャスターとして使いにくい」
「セレブ志向がやたら強い」
「女優ばりの上から目線な振る舞いが若いスタッフたちから反感を」等々。

別の記事では、「Mr.サンデー」は滝川さんには合わず
堪能な英語とフランス語を生かして、
新たなフィールドの仕事を中心にしていくだろう・・・と、
かなり好意的な内容。
これも日刊サイゾーです。
何故こんなに伝えられる内容に差があるのかと思います。
ま。取材対象によって、それだけ見解が分かれるんでしょうね。
十人十色って言うし。

真相を知るのは当事者のみで、恐らく「アホやねぇ」と笑っているんでしょう。
あ。勿論関西弁ではないと思いますけど・・・。
隠居おやぢは繊細なんで、こんないい加減なことを言われると
まず神経が参っちゃいそうです。ホントに。

ワタクシにとって、これなんかは「アホやねぇ」で済ませられますが、
アルジェリア人質事件の問題。
いろいろなニュースサイトを見ていても
まだまだ情報が錯綜していて、事件の全容が把握できていないようです。
この件にかかわった国の思惑もあるんでしょう、
人質救出強行を是とするもの、非とするもの様々です。

そんななか一番驚いたのは、被害に遭われた方々の実名報道。
あれ?確か政府も「非公表」て言ってたような気がするねんけど。
ご遺族が非公表を支持されているとか・・・。

実名報道については賛否の別れるところで、
隠居おやぢもどちらが良いのか判断できません。
個人的には、この事件に関心はあるけれど、
「被害者の実名を知りたい!」ほどではありません。
何より最も許されないのは朝日新聞で、
「非公表を条件に取材しておきながら、その約束を違えた」ことで、
いかなる論拠も成立しえないと思います。
で、何故に追随する社がそんなに多いの???
ハマカーンの浜谷さんの言葉を借りれば、
まさに「下衆の極みっ!!」と言えるのではないでしょうか。

すいません。ちょっとオフザケが過ぎました。

こんなマスコミのありようを見ると、
「やっぱりテレビを捨てて良かった」と思うのです。
隠居おやぢは数多ある情報の中から
冷静に真実を把握して、正しい判断をしたいのです。
CATEGORY:戯言

THEME:日記 | GENRE:日記