プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊 注目の高金利通貨 5月24号

文字通り「Sell in May」が現実のものになりました。
来週はどうなるのか、なかなか難しいですね~。
シロウト考えでは下値を探る展開かな?と思いますが・・・。
外為どっとコム「週刊 注目の高金利通貨」は以下の通り。

豪ドル   96.90~101.00(96.00~102.00)
キウイ   81.00~84.50(80.00~84.70)

キウイは下値を切り上げているのに対し、
豪ドルはレンジが一段下がっています。
う~ん。豪ドルは当面厳しい展開になりそうです。


対して、楽天証券「マーケットアロー」の予想レンジ。

米ドル   98.00~103.00(99.00~104.00)

一段引き下げられていますね。
ただ、豪ドルほど厳しいカンジではありませんね。
うまく押し目を拾えるようにしたいと思います。


閑話休題。
今日本屋さんに行くと、
夏休みに海外旅をすると思しき女子高校生のグループ。
ガイドブックを見ながら、旅行先を検討している模様。
時々「あっ。安~い」とか
「3万あったら凄いよね~」という声があがります。

そんなに安いかえ?と思いながら
グアムのガイドブックを見てみると
昨年6月のデータが掲載されていて
「1ドル=77円」と書いてありました(笑)。
そっかぁ。そんなモンなのかなぁ。
為替の値動きを毎日気にしてる女子高校生はいないか。
3割くらい上乗せする必要があることを知ったら、
ショックだろうなぁ。気の毒だなぁ。でも仕方が無いよなぁ。

ここで声を掛けたら、メッチャ変なおぢさんだよなぁ。
教えてあげたいけど、痴漢に間違えられても困るし。
スケベ心の無い親切心をグッと抑えて
その場を立ち去ったのでありました。

CATEGORY:外為どっとコム

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

いや。凄かった・・・。

昨日は大変な1日でした。
と言っても隠居おやぢの場合、実害は全く無かったんですけど。
ガンガン円高が進んで、ポジションがイッパイ立って
「あれ?どこまで行くんかしらん?」と思う一方、
夜になって投資信託の基準価格が暴落していたので
事の重大さを改めて知った次第です。

東京の市場が閉まってから
一連の出来事について解説がなされ、
それらの情報に疎い隠居おやぢは
「へぇ~」「ふぅ~ん」「そやったんかぁ~」と
今回の暴落の可能性があった事を知るのでした。

そして本日。
とあるメールマガジンでは
「ドル円は102円前後で推移か。リスク回避的な円買いは一巡。
 101円台後半で下げ渋る可能性」。
とあるブログでは、
「ドル円は昨日の最安値 100.80円に向かって下落するリスクあり。
 勢いがついて短期的に100円割れへと下落拡大することも」。

これを受けて隠居おやぢ 「どうしたらええねん・・・」。

加えて気になったのが、
フリーアナウンサー 大橋ひろこさんのブログ
「ひろこの“ボラタイル”な日々」で触れていたアストロロジー
詳しいコトはよう分からんが、
どうやら今週から週明けにかけて注意が必要らしい。
「Sell in May」でもあるし・・・。

で。結局決めたことは
可能な限りポジションを軽くして、来週に臨むってこと。
M2Jのトラリピくんは、そのまま仕掛けますが
手動トラリピくんは決済後のIFD注文を入れずに
来週を迎えることにいたしやす。
しかも「できるだけ利益を確保する」という条件付。
一部手動決済。一部の利幅を縮めて・・、後は祈るだけ。
ハイ。隠居おやぢのFXは
「祈り」とか「願う」といったファクターが大きいのです。
あとは夜になってからの対応になりますね。

それにしても豪ドルの弱さよ(嘆)。
どうにもこうにもってカンジです。
さあ。どうなりますか。
今日で今週も終わりです。頑張りましょう!

CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

FX以外のこと・・・

昨夜ソコソコ値動きがありましたが、
それまでは静かなものでした。
米ドルは強く、カナダドルはそれにつられ
目を覆いたくなる豪ドル・・・。
トラリピくんはIFD注文の繰返しなので
一旦仕掛けてしまうと、それほどバタバタせずにすみます。

なので本日は、それ以外のことを・・・。

昨年秋以降、トラリピくんは順調にワークしています。
トラリピくんと出会ってから
ようやく自分に合った手法を見つけつつあるのも勿論ですが、
値動きがそれだけ大きくなってきているという事なのでしょう。
クロス円のロングで仕掛けている方は
隠居おやぢと同じ思いを持っている方も多いのでは?

叩き出される収益が生活費に直結するので、
トラリピくんが働いてくれると、自ずと生活に余裕が生まれます。
例えば7月に行くオーランド。
旅行費用は全て貯金を取り崩すつもりでしたが、
トラリピくんの利益で全て賄えそうです。
さらには年末のアナハイムも何とかなるかも?

浮かれてばかりもいられないので、
トラリピくんがスランプになった時のために
少しずつプールしながら節税を考えるようになり、
今年初めて「ふるさと納税」をしてみました。
2年ほど遠のいている人間ドックも
久々に受けてみようと思います。
今まで余裕が無くて払えなかった国民年金。
受給資格は満たしているので先送りしていました。
「節税」という不純な(?)動機ではありますが、
滞納分を少しずつお支払いしようと思います。

隠居おやぢを取り巻く、これまでの環境の変化は
「アベノミクス」の影響が大きいと感じています。
それは隠居おやぢの「月別投資実績」から
ご理解いただけるのではないでしょうか。

国会では野党の皆さんが、
「アベノミクス」のデメリットを盛んに喧伝しています。
でも少なくとも隠居おやぢに限っては
「そんなことあらへん!エエ加減なこと言うな!」
という状況です。
そりゃ「わ。高なったなぁ・・」というのもあります。
でもそれは仕方が無いことで、民主党政権下のデフレ状態から
脱却しつつある証だと理解しています。
物価が上がる理由には様々なものがあると思いますが
全て「アベノミクスによる円安」とすることには
疑問を感じざるをえません。

とはいえ、
現政権が2%のインフレターゲットを掲げ、
近い将来、消費税が引き上げられる事が決まっている以上、
何がしかの対策を講じていかなければなりません。
来年から始まるNISAを利用しながら
「貯蓄から投資」へ軸足を移して行くことになるでしょう。
トラリピくんの「最高の仕掛け」を模索し続けるのは
この一環であると思います。
間もなく8ヶ月目に入る断酒生活も
「健康維持」と同時に「生活防衛」が大きな原因です。

こうした「マインドの変化」を感じているのは
隠居おやぢだけでは無いと思います。
今後インフレになれば
定期預金の残高は毎年徐々に、そして確実に目減りしていきます。
こうなると「預金にリスクは無い」などと言っておれません。
まだ時間はあるので、
「自分に合った対策」を検討して行きたいと思います。

「トラリピくん」「NISA」に続く3本目の矢が欲しい・・・。


閑話休題。
献血に行くと、血液検査の結果を通知してくれます。
断酒後の「コレステロール値」は微減ですが、
血圧が下がったのは嬉しいですね。
これから暑くなるとビールが飲みたくなりますが、
誘惑に負けずに頑張りたいと思います。



CATEGORY:戯言

THEME:つれづれblog | GENRE:日記

週刊 トラリピレンジ(5/20~24)

1日遅れになりましたが、M2J「週刊 トラリピレンジ」を
久々にアップします。

米ドル   101.25~103.90
加ドル   98.50~101.00
豪ドル   99.00~102.50
キウイ   82.00~84.50
ランド   10.80~11.20

少し落ち着いてきたような気がします。
やはり懸念されるのは豪ドルですかね~。
最近、セントラル短資の「ウィークリー投資戦略室」と
提示されるレンジが近くなってきたように感じます。
これって、何か理由があるのかしらん??
分からない・・・。

で、米ドルと加ドルの利幅は150pips。
キウイは100pipsで仕掛けてみました。
豪ドルの下落に備えて確実に決済が欲しいところです。
米ドル以外の利幅を縮めようか・・・。
早くもそんな思いがアタマをよぎります。
あかんなぁ・・・。
ホンマに優柔不断やなぁ・・・。


閑話休題。
積立投資信託を停止しました(売却はしていません)。
今年から「10月買/4月売」を仕掛けるので、
その資金確保のためです。
年内の売却を考えているので、
ドルコスト平均法のメリットが充分に生かされないと考えました。
参議院選挙前の6月か、購入前月の9月に
全ての投資信託を売却するつもりです。
10月に購入する銘柄も決めたので
後は粛々とプランを実行するだけです。
イロイロ雑念が入ると
優柔不断な性格が災いして、収拾がつかなくなります。
とにかく「決めたコトを実行する」
強い意志を持ちたいと思います。

あれ?こんなコト、少し前にも書いたような気が・・・??
ええねん。そんなヤツやねん。頑張るねん。
CATEGORY:M2J

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

ウィークリー投資戦略-5月第4週-

セントラル短資「ウィークリー投資戦略室」。以下の通りでした。

米ドル   101.50~104.50
加ドル   98.50~101.50
豪ドル   98.50~101.50
キウイ   82.00~84.50
ランド   10.80~11.20

米ドルは堅調、カナダドルもそれにつられる感じでしょうか。
オセアニア通貨、特に豪ドルの上値が重たくなりそうです。
今後更に厳しい展開になるかもしれないので、
なるべく早い内に対策を講じたいです。
豪ドルの損失を他通貨の利益と相殺することを目標にします。


閑話休題。
この土日は「関空旅博2013」が行われていました。
お世話になっているミッキーネットさんのブースも設けられるので、
遊びに行くつもりでしたが、ヨメの体調がすぐれず、今回は断念。
オーランドの予約のときに色々教えていただいた
エミリーさんが来日されていたようです。
残念でした~。お会いしたかったですっ。
でもまだまだ先の事と思っていたWDW行も
あと2ヶ月ほどに迫りました。
手配漏れが無いか、キッチリ準備して行きたいと思います。


CATEGORY:セントラル短資

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

5月第3週

あまりの値動きの悪さに、今週はもうすっかり諦めていました。
けれども昨日、経済指標を好感して米ドル円は急騰。
あっという間に103円台をつけました。
対してオセアニア通貨の値動きの悪いこと!
今週は通貨や利幅の変更で逡巡しているうちに
1週間が過ぎ去りました。
でも昨日ようやく今後のスタンスが固まり、
5月後半戦に臨めるのは良かったと思います。
そんななか、中途半端な流れを反映した結果は以下の通りです。

M2J
週の初めに102円台になって、
「せま割20」は瞬くうちに突き抜けました。
今後の展開を考え、メインのトラリピの利幅を150pipsに広げ、
サブは50pipsにしました。
その途中で、方針転換のために手動で決済したポジションもあります。

米ドル円   +23,500円(15,000/2,500×2/1,000×3/500)

この後、トラリピのレンジを上方に広げる一方、
サブのトラリピをキャンセルしました。

サイバーエージェント
米ドル円の強さの一方で、豪ドル円はジリジリと下げ続けたため
豪ドル⇒米ドルにお引越しを決意。
豪ドルの注文を外し、損失を被らないポジションを手動決済。

豪ドル円   +4,400円(2,100/2,300)
米ドル円   +8,000円

この後、豪ドルのお引越し先を米ドルからカナダドルに変更。
ようやくこれで、スタンスが定まりました。利幅は150pipsです。


セントラル短資
今回は決済ナシ。
オセアニア通貨の中で、豪ドルよりはマシだと思い設定はそのままで。
下押しする場面では、レンジを広げることで対応します。
値動きが鈍いようであれば、利幅を100pipsから50pipsに縮めます。


以上3社合計で、+35,900円という結果でした。
米ドル円が103円台に入り、節目の105円はもう射程内です。
少しずつレンジを広げると同時に、サブのトラリピくんは外しました。
オセアニア通貨、特に豪ドルが弱いので、
徐々にポジションを減らしていこうと思います。

実りの少ない週でした。
それでも最後に決済が進んで良かったと思います。
大変お疲れ様でした。後半戦も頑張りましょう!
CATEGORY:今週の結果

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

週刊 注目の高金利通貨 5月17日号

ジリジリと下げ基調のオセアニア通貨。
決済も進まず、ポジションが積み上がっており
なかなかシンドイ展開です。
そうした中で発表された
外為どっとコム「週刊 注目の高金利通貨」は以下の通り。
        
豪ドル   96.00~102.00(99.30~103.80)
キウイ   80.00~84.70(82.20~86.00)

先週末に発表になったレンジよりも
それぞれ引き下げられています。
来週も「辛抱の週」になりそうです。ヤナ感じ。


対して、楽天証券「マーケットアロー」の予想レンジ。

米ドル   99.00~104.00(99.00~104.00)

今週と全く同じ予想値を出してきました。
底堅い展開が予想されますね。
当面の間、米ドルの「ひとり勝ち」といった展開になるのでしょうか。
隠居おやぢのように、複数の通貨で仕掛けている方は
どの通貨を選択するのか、見直すべき時に来ているのかも?
ちょいと思案のしどころですね。禿げそうデス。
CATEGORY:外為どっとコム

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

成分献血

前回から2週間経ち、成分献血に行ってきました。
トラリピくんの調子が今ひとつなんで
チャートばっか眺めていても、ブルーになるだけだし・・・。
献血ルームがリニューアルして3回目になりますね。

数日前ルームの方からお電話をいただきました。
諸般の事情で、電話がかかって来ることがあるのは
勿論知ってましたが、初めての経験でした。
何でも今回は、白血球の型が同じような人を探しているとのこと。
恐らくあちこち電話されたんでしょうね。
時間は十分にあるので、朝一番で行って来ました。

その後、銀行に寄って今年2度目の「ふるさと納税」。
先月の奈良県御杖村からは、コシヒカリ10kgをいただきました。
美味しいお米を頂戴し、大変助かっています。
今回は埼玉県幸手市。
誠に申し訳ないですが、この度初めて知った自治体です。
「さって-し」って読まれへんし。
こちらもお米がいただけるそうなので、
今からヨメ共々楽しみにしています。
次はどこにしようか。
不純な動機でリサーチをしています(笑)。


さて。
為替ですが・・・。今週はサッパリでございます。
米ドルが独歩高ってカンジですね。しかも狭いレンジで。
ソコソコ下げている通貨が多い中で
米ドル円だけが102円台をキープしています。
経済指標も今ひとつだったにもかかわらず
底堅い値動きを続けていますね。
振り返ってみると、
ほとんど休み無く上げ続けていますから、
ここらで休息も必要なのかもしれません。
だってこのまま行ったら、
今週中に105円を突破しちゃうでしょ!?
あんまり急ピッチで上げるのは、カンベンしてほしい。

でも中長期的には円安だと思うので、
仮に下げたとしても
その期間は短いと思うし、
米ドル円や豪ドル円が90円を切るようなことは
無いと思うのですが・・・。甘いんぢゃろうか?

キモチはもう来週に向いている隠居おやぢです。
CATEGORY:健康

THEME:つれづれblog | GENRE:日記

また設定変更

102.00円にあると言われていた米ドルのバリアオプション。
しばらくの間、イングリモングリすると思っていたら
アッサリ抜けてきました。
お蔭でサブで仕掛けていた「せま割20」もレンジを突き抜けました。
加えてオセアニア通貨、特に豪ドル円の弱いこと。
かつては、あれほど目覚しい活躍を見せてくれたのに・・・。

やむなく設定変更を強いられることとなりました。
ってこれは14日のお話なんですけど。

隠居おやぢはトラリピくんの設定を毎週見直していますが、
基本的なレンジはある程度広めにみた方がいいと思ってます。
そうですね。狭くて5円くらい。できれば10円くらいかな。
でないと大きな値動きがあると
すぐに突き抜けてしまって効率が悪くなるから。

M2Jの米ドル円は、基本的に利幅を150pipsにしています。
「せま割20」はバリアオプションの手前に仕掛けていましたが、
今回呆気なく越えてきたので
メインと同じようなレンジで仕掛け直しました。
以前よりもレンジが広くなったので、利幅は50pipsに広げました。

セントラル短資のキウイ円の設定は現状維持。
でも豪ドル円が利下げを行い
キウイ円もその可能性が拭えないことから
今後も注意を怠らないようにしたいと思います。

サイバーエージェントの豪ドル円。
利下げの影響もあるのでしょうか。かつての力強さが見られません。
クロス円はまだマシですが、ドルストレートは厳しい展開のようです。
米ドル円につられると思うので、
そんなにムチャな展開にはならないと思うのですが、
パフォーマンスは悪くなるような気がします。
今後は米ドル円の方が強くなるのかも・・・と思い
米ドル円にお引越しをすることにしました。
豪ドル円のポジションは極力損失が出ないように対応します。

昨夜はそこそこの値動きだったのですが
仕掛けを変えた上、利幅も広くしているので
決済は「せま割20」の分だけですね。
ここのところ、週末に決済が進むことが多いので
残り2日間に期待しています。
どちらさまも頑張りましょう! あ~しんど。

CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

さて・・・。週明け。

G7は日本のスタンスが批判に晒されることも無く終了しました。
週明けは円安に振れるんだろうな・・・と思う反面、
バリアオプションなるものの懸念もあり、
米ドル円の100.75~101.75のレンジに
投資効率が悪く大キライな「せま割20」を敷いてみました。
1万通貨で仕掛ける勇気はありません!
102.00を大きく越えるには、
まだ少し時間がかかるような気がしたんです。
チャートを見ていると、
ホントに狭いレンジを動いていて
これは「堅調」ぢゃなくて「停滞」なんぢゃない?と思うほどです。

バタバタしていてアップできなかった
セントラル短資「ウィークリー投資戦略」と
M2J「週刊 トラリピレンジ」。
どちらも同じような予想レンジを示してきました。
米ドル円の「せま割20」以外は特に手を加えず
5月第3週を迎えています。

基本的には、まだ暫くは円安が続くとみていますが、
その報道のあり方はマチマチですね。
105円はもう完全に視野に入ったようですし、
年内に110円とするものもあります。
長い間染み付いた超円高がもたらしたもの。
勿論様々な商品に投資して失った損失もありますが
ココロに刻まれたものも大きいような気がします。
昨年秋から比べると、もう25円も円安になった訳ですが、
6年ほど前の水準からすると、まだ10円も円高です。
どれほどのラインが妥当なのか・・・。
それはまだ分かりませんが、
110~120円くらいが安心できるレベルでしょうか。

とはいえ、いつ起こるか分からない「××ショック」には
しっかりと準備しておきたいと思います。

まず試験的にですが、
「10月買/4月売」を今年の秋から始めてみます。
いま南アフリカランド円を仕掛けている楽天証券で
やってみようと思います。
通貨は豪ドルとキウイをレバ5倍くらいで。
来年4月のパフォーマンスによっては
仕掛ける口座を増やすことも考えます。
トレードする期間を半分にすることで
暴落するリスクを回避するのが大きな狙いです。

通年トレードはトラリピくんだけに頼るつもりですが、
仕掛けるレンジはこれまで通り毎週見直します。
トラップ幅は50銭毎で、利幅は徐々に150pipsに固定できる
「強いココロ」を持ちたいです。
今もそう心がけてはいるのですが、
少し値動きが停滞すると、すぐに100pipsに縮めています。
臨機応変といえば聞こえはいいですが、
やっぱりこれは一貫性も無く、後悔することも多いので
できるだけ固定していきたい。そう考えます。
利幅を広げることで、カバーするレンジのトラップ数を減らし
不測の事態に備えたいとの思いもあります。

今後米ドル円は、上昇と停滞を繰返しながら
徐々に上値を切り上げていく・・・。
そんなイメージを持っています。
バリアオプションまでは上昇、激しい抵抗による停滞。
当然トラップ幅と利幅を広く定める隠居おやぢのトラリピくんは
あまりワークしなくなると思います。
このためバリアオプション手前には、
「せま割20」を仕掛けようと思います。大キライですけど。
ポジションも立たず決済も無い・・・。
そんなストレスを極力回避していきたいと思います。

また「10月買/4月売」は
FXだけでなく、投資信託も仕掛けようと思います。
来年から始まるNISAで使えるかどうか、
今年から挑戦してみるつもりです。
NISAで「10月買/4月売」、従来口座で積立投信。
うまく行くといいな。



CATEGORY:秋買い

THEME:FX(外国為替証拠金取引) | GENRE:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。