プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

キタ-----(゚∀゚)-----(。・ω・)カナ?

ながぁ~い間。
待ち焦がれた「そのとき」が、ついにキタのでしょうか??

吉田先生は昨日
「足元102.6円前後の週足一目転換線をしっかり割れない限り、
 まだ勝負はわからないようです。」とツィートされていました。
為替王さんも「大幅な円高になる可能性」に言及されています。

個人的には、これがまだ始まりであると思いたい。
急激な円高は進みましたが
多少腰が引けていたので、収益は今ひとつでしたね。
豪ドル円のロングとユロ円のショートを仕掛けて
様子を見ていましたが、昨夜の内に米ドル円のショートを追加しました。
どこまで落ちるか分からないので
豪ドル円のトラップ幅を広げるなどして
本数をコントロールしようと思います。

下げが強烈だったので、今は少し反発しているようですが
この流れに変化は無いんぢゃないかなぁ。
これほど強い動きが
長らく待っていた展開なのにもかかわらず
うまく波に乗れないのは、やっぱり裁量に向いてないんだね。
エントリーも決済も損切りも、何もかもが遅すぎる。
「待ってましたァ!!」と思いながらも
メッチャ自己嫌悪を感じた夜でした。情けない。

CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

4月第1週

今週は豪ドル円の決済が1発あったし    ヽ(^◇^*)/
と思い込んでいたら
そいつは4月になる直前のものでしたね。  (〃´o`)=3 
今回は「まぁまぁ」から「ソコソコ」に一転しました。

ただ良かったことは、ポン円の高値掴みが一掃できたこと。
「キレイに」ではなく「相殺して」ですけんど・・・。
先週末の流れを引き継いで
明日から下値を探ることになってくれればいいのですが。

豪ドル円     +24,700円(13,800/7,900/3,000)

ポンド円     +8,550円(5,000/3,050/500)

         -12,180円(詳細略)

ユーロ円     +6,400円(5,000/1,400)

トータルで +27,520円でした。
トラリピくんに委ねて決済されたのは
ポンド円とユーロ円の5,000円だけです。
仮に円高基調が強くなれば、豪ドル円の手動決済は増えるかもしれません。


さて。
インヴァスト証券の新サービス「トライオート」が面白そうです。
隠居おやぢは、以前「シストレ24」に挑戦しましたが
ストラテジーの選択が良くなかったのか
トラリピくんに伍するツールになってくれませんでした。
このため撤退したんですけど
「トライオート」というサービスは、大変興味があります。
相場方向を判断して
あとは自動売買のオートパイロットに委ねるというもの。
一度解約してるねんけど、再び口座開設はできるんやろうか?

トラリピくんのようなシンプルな方法でも悩みは尽きないので
同じスタンスで臨むと、身が持たないんじゃないかと思います。
ただレンジに強いトラリピくんの値動きを補うようなカタチ。
例えば強いトレンドが発生したときなどは
どんなリターンが期待できるのか・・・。試してみたいなぁ。

妄想は限りなく膨らみます。
もし口座開設が認められれば、一度は挑戦してみたい。
また泣くことになるかもしれないけど(笑)。
CATEGORY:今週の結果

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

クリビツテンギョー

朝。為替の値動きを見て驚きました。
下げましたね~。
いやいや。ホントにクリビツテンギョー!(古いな!)

雇用統計直後、期待に胸膨らませて挑みましたが・・・
そんなに大したこともなく・・・
予め仕込んでいたロングポジションも延びる気配が無い。
カナダドル円はノーマークだったし(哀)。

「ロングはもう伸びないみたい」
何となくそう思ったので、豪ドルやキウイのロングは薄利決済。
ノーポジで週を跨ぐことになりました。

吉田先生のご宣託が、いよいよ現実のものとなるのでしょうか。
NYダウは150ドルを越える下げとなったので
来週以降、ナイアガラを期待しちゃいますね。

CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

金銭信託

隠居おやぢ。あと数ヶ月で54歳になります。
これから何年くらい生きられるのかな、などと時々考えます。
東京オリンピックは、ちゃんと見られるように頑張りたい。
でも10年先とか15年先はもう分からないですね。
3歳違いのヨメと揃って、いつまで元気に人生を愉しめるのか・・・。

あ。悲観的になっているのではありません。
若い頃は資金運用と言えば「増やすこと」が第一義でした。
しかもできるだけ大きく育てることです。
無駄遣いしないで、節約しながら、将来に備えるというものです。
でも、ある程度の年齢になってくると
リスクを取って増やすことを考える一方で
今の生活を豊かにするために
うまぁ~くおカネを使う方法を模索するようになりました。
今までの人生の中で、おカネをためる経験は何度もありましたが
使うことには慣れていないのかもしれません。

母親には「おカネが無いのは首が無いのと同じ」と教えられ
高金利のローンを組んで、借金することの怖さを知り
極力クレジットカードは使わないようにする。
そんな生活を長く続けていると
隠居おやぢのような人間が出来上がります。

隠居おやぢはトラリピくんで、生活費の捻出を目論んでいますが
今ある資金をうまく使っていくことができれば
それほどリスクを取らなくてもよくなると思います。
精神的なゆとりも生まれ、寿命も延びるかもしれない!?

何か良いものは無いかと探してみると
自身や遺族が資金を計画的に受け取れる金銭信託を見つけました。
今から年金保険に入ると、一定期間据え置かなくてはなりませんが
これなら比較的取り組みやすそうです。
死亡時に口座が凍結されない、というのも魅力的です。

こうして自分に合った金銭信託を求めて、銀行巡りを始めました。
信託銀行だけでなく、一般の銀行での取扱いもあり
しかも商品内容も様々で、預入金額も異なります。
何も考えずに定期預金に置いておくよりも
おカネを「活かす」という意味で、前向きに検討したいと思います。
キレイなお姉さんやら、強持てのオッサンとお話ししながら
お勉強させていただきます。

今日もカワイイお姉さんに、ご教授いただこうかしらん。
銀行はキャバクラや無いっちゅ~ねん(笑)。
CATEGORY:預金

THEME:お金の勉強 | GENRE:株式・投資・マネー

指輪探し~刻印~

高島屋のブシュロンから
「刻印ができあがりました」との連絡をいただきました。
早速その出来栄えを見に行って来ました。
老眼の目には辛く、ルーペをお借りしてようやく判読。
とってもキレイに仕上げていただきましたが
ヨメに手渡すのは5月のホノルル。
早くに持ち帰って、見つかってしまうと面白くないので
来月半ばまで預かってもらうことにしました。

消費税引き上げの駆込み需要は、あんまり無かったとのこと。
ハリー・ウィンストンのお姉さんも、そんなコトと言ってたっけ。
マスコミ報道ほど大した事は無かったのかもしれない。
消費税が8%になるのと、問題は全く異なるけれど
耳が聞こえないことになっていた、何とかいう胡散臭い作曲家や
STAP細胞の割烹着のお姉ちゃんは、一体何だったんでしょうね。
毎度のマスゴミ狂騒曲にはウンザリさせられます。

さて。
最初は常夏のハワイに遊びにいくだけだったんですが
徐々にプランが膨れ上がってきています。
ヨメにウエディングドレスを着せることも
ブシュロンのリングを買う事も、全くの想定外でした。
流石に予算的に苦しくなったので
7月に予定していた舞浜行はキャンセルせざるをえなくなりました。
もう少し様子を見ようかと思ってましたが
踏ん張りきれませんでした・・・。
夏の舞浜を楽しみにしていましたが、それはまた次の機会に・・・。

堅調だったクロス円は、マチマチの値動きになって
だんだん分からなくなってきました。
いよいよ週末は雇用統計です。
豪ドル円のロングとユロ円のショートはそのままで
もう1本、何を仕掛けようか。・・・やっぱり米ドル円かな?


CATEGORY:ファッション

THEME:エンゲージ・マリッジリング | GENRE:結婚・家庭生活

日が変わる前に

ようやく豪ドル円が1本決済。
完全にリスクオンの流れになっているようです。
4月は、ある程度堅調な値動きになるのかもしれません。
となると、やっぱり怖いのは5月。いやぁ~な記憶が蘇ります。
あんまり調子に乗らないようにしないとね。

3月最後の決済は、M2Jで +15,000円でした。


閑話休題。
「笑っていいとも!」が昨日で終了。
何だかよく分からないけど、昼も夜もお祭り騒ぎだったようですね。
ひとつの時代が終わった感があります。

昔。会社訪問解禁で上京した時に、スタジオアルタに見に行きました。
当時はまだ人気も無く、突然遊びに行っても入れましたからね。
多分1982年10月くらいだったと思います。
「友達の輪」は梅沢富美男。汚いオッサンやな、って思いました(笑)。
当時の人気コーナーは「来たかチョーさん待ってたドン!」でした。

次第に人気が出て、ギネスブックにも載る長寿番組になる訳ですが
それと反比例して、タモリの魅力が失せていったのは残念です。
放送コードギリギリの密室芸。
垣間見える知性と教養。抜群のセンス。文字通り天才ですよね。

彼の魅力を余すところ無く伝えたテレビ番組は
「今夜は最高!」だと思うし
恐らく2度と発売されることのないアルバム
「タモリ3-戦後日本歌謡史-」は最高傑作だと思っています。

タモリを世の中に知らしめた
赤塚不二夫、山下洋輔、坂田明、筒井康隆などの奇才集団を
リアルタイムで見る事ができたのは、やっぱり幸せだったんだろうな。

次は何をやってくれるのかな。楽しみです。

CATEGORY:今週の結果

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー