プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

安保法案審議について

安保法案の審議は今日から参議院へと移る。
安倍政権や自民党の支持率が下がったことを
喜々として伝える糞マスゴミども。
先日も駅前で「戦争法案」だとか
「戦争できる国になる」とレッテル貼りに勤しみ
「憲法9条が平和を守ってきた」などとお花畑論を展開する
共産党議員の姿もあったし・・・。

亡国野党と糞マスゴミの連携プレイは
「不快指数が高まるこの時期に、いい加減にしてくれよ」ってカンジです。
もうね~。ツッコミどころ満載なんですけど。

そもそも自民党は
集団的自衛権の行使や関連法案の整備を公約に掲げ
これまで衆議院選挙と参議院選挙を戦い
それぞれで勝利をおさめ、国民の信を得た訳です。
ワタシも当然、それらを是として自民党に投票したもん。
「投票率が低いので、必ずしも民意を反映していない」
など勝手なことをほざく、糞サヨクどもの言い分はこの際無視。
だってそんな事を言い出すと、選挙制度そのものの意味が無い。
「自民党の支持が低い」とするなら
他の党にだって同じことは言えるんぢゃあないか?
それに支持率が高ければ
「謙虚に反対意見にも耳を傾けるべき」って言うんでしょ?

とにかく。こうして自民党は衆参両院で過半数を得た。
民主主義の根幹である「多数決」という方法で
過半数を得た政党が法案に賛成票を投じることが
どーして「強行採決」になるんだろうか。
良し悪しは別にして、いろいろなモノの考え方がある。
公安監視下にある党や
拉致問題に関与した議員がいるとされる党がある中で
100対ゼロでものが決まることなんて殆どない。
反対票があれば全て「強行採決」って言うんですかの?

今朝の産経新聞の記事。
3年3カ月で計24回! 
民主党は強行採決を連発した〝黒い過去〟をお忘れなのか?

流石に民主党が24回も強行採決を連発したことは覚えてなかったけど
議会運営が酷かったことだけは覚えてる。
糞マスゴミは、安倍政権や自民党の支持率下落を伝え
政権末期のイメージを植えつけたいようだけど
民主の支持率がアップしていないことは
国民の多くが隠居おやぢと同じ思いなんだろうな。

そもそも安倍総理の前に
民主党の野田元総理は集団的自衛権行使容認のスタンスだったやん。
最大野党が与党案への対案を出すどころか
党内見解を一致させることすらできない。
民主党議員の長島昭久と辻本清美が質疑に立った時は
同じ党の議員だとは思えないほど乖離があったからね。
そんな党と何を「審議」しろというのか。
ただただ法案そのものに反対で、より良いものにしようという気すらない。
求める通りに時間を与えても
質問すらしないで「反対」を唱えるだけの烏合の衆。
お涙頂戴の猿芝居まで見せつけられては
「これ以上、どうせえっちゅうねん!(怒)」っていうのが本音だろう。

「国民の理解が得られていない」と一斉に報じる糞マスゴミども。
仮に分かりにくい内容であるのなら
厳正中立の立場で理解を推し進めるのも
テレビやラジオ、新聞などの仕事の一端ではないのか。
日本語ではないプラカードが並ぶ反対デモを
ことさらクローズアップして民意を捻じ曲げたり
レッテル貼りしか能のないサヨクの片棒担ぎが糞マスゴミの仕事・・・・
になっちゃってるよなぁ(笑)。

糞マスゴミの連中には「恥を知れ!」と言いたい。
少し前までは「天気予報くらいは信じられるか?」と思ってたけど
最近はそれすらもアヤシイ。
涼をとる小ぎれいな美人も仕込みだし
インタビューを受ける人もOLになったり就活学生になったり・・・。
お前らの仕事でいったい何を信じろというのか。
国民が正しい判断ができるよう
バイアスのかかっていない情報提供すらできないのか?

とはいえ、大切な安保法制論議に嫌気がさしているのも事実。
この問題に国民の熱い目を向けさせるため
より身近な問題を国会質疑に取り入れたらいかがだろうか。
例えば北朝鮮による拉致問題。
現行法制のままでは、どんなに理不尽なことが行われようとも
直接その国に乗り込んで、邦人を取り戻すことができない。
日本国民の安全が充分に担保されていないということが
感じられるのではないだろうか。
福島みずほや辻本清美は発狂するかもしれないけど。

集団的自衛権行使や安保法案の影響を最も受けるのは
日本の国を守る自衛官の方々。
どうして国会質疑で自衛官を招致しないのか。
安保法案で得られる効果やメリットは
直接彼らの口から語られてこそ
分かり易い内容に変えてくれると思うのだが。
あ。もし承知するときは人選を役人に丸投げしないように。
船田元のようなバカが仕切ると、今度こそ致命傷になりますから。

ああ。今日も暑い日になりそうぢゃ。
安倍政権には、もう少し巧い国会運営をお願いしたい。
「糞マスゴミやサヨクどもを黙らせる手があるんだろう」
と思っているうちに7月が終わろうとしている。
そろそろ本気を出して欲しいな。狡猾な安倍総理が見てみたい。
スポンサーサイト
CATEGORY:マジメに考える

THEME:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) | GENRE:日記

ハリー。三度??

ハリー・ウィンストンの担当さんから
「是非お目にかけたいものがあります」と電話。
危険な匂いを感じつつ
ラスベガスのお土産を持って行ってきました。

どんなジュエリーなのかしらん?
ドキドキしながら伺うと、腕時計の提案でした。
ハリー・ウィンストンの腕時計は
ダイヤがベゼルやブレスに
ふんだんに使われているイメージが強いのですが
今回はどちらかと言えば控え目で
ハリーらしくないシンプルなモデルでした。
サテンのベルトを据えたフェミニンなデザインは
ワタシ自身が抱くハリーのイメージとは
若干異なるものでしたが
ヨメのココロを強く捉えたようです(笑)。

困りました。
円安と資源高の影響で
もう腕時計を買えるチャンスは無いと思ってましたが・・・。
イロイロあって、隠居おやぢのキモチも揺れています。

ワタシ自身の時計は
10年ほど前に見つけたノーチラス以降
カラダが震えるほどのモノは皆無です。
もう「最後の1本」に巡り合ってしまったのでしょう。
ヨメの「最後の1本」はハリー・ウィンストンなんでしょうか。
パテックなどとは違い実用性よりも
ジュエリーとしての要素が強いようにも思います。

ま。何にせよ、また見に行って来ましょうか。

CATEGORY:ファッション

THEME:腕時計 | GENRE:ファッション・ブランド

マイレージ特典航空券

ANAのマイレージが80,000マイルを超えました。
適当なところで使わないと、宝の持ち腐れになってしまいます。
1人40,000マイルで行ける時期や国を調べてみたら
来年の6月末のハワイが該当したので
早速リザーブしてみました。
ホテルは今後の様子を見ながら確保していきます。

ラスベガスでは円安の影響を強く感じました。
ブランドショップでは必ずしも安いものとは出会えず
ちょっとしたTシャツは4,000~5,000円。
アメリカンサイズだけどパッサパサのサンドイッチは
ひとつ1,000円ほど・・・。
来年はさらに米ドルが強くなるかもしれず
アメリカは遠い国になってしまうのかもしれません。

ハワイの次は為替レートも勘案しながら
旅先を検討するのかな。切ないねえ。
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

トラリピくん追加

ユロドルのショートのみになっているトラリピくん。
ギリシア問題はひと段落のようですが
今後も下落傾向が続くものとみています。
維持率がかなり改善されてきたので
トラリピくんの設定を増やしてみました。

とはいえ、お盆前のこの時期。
ボラティリティは大きくなる傾向があるので
安値圏にあると(勝手に)思っている
トルコリラ円をうす~く仕掛けてみました。
1,000通貨で10銭毎、利幅は可愛く10pips。
トレンドが出やすいユロドルとは違い
小刻みな決済とスワップに期待しています。

先日、3つの金融機関の担当者とお話してきました。
今のところギリシアや中国に対する懸念は落ち着いてますが
皆さん楽観的に捉えていらっしゃることには
少なからず驚きました。
ボクシングと一緒で、××ショックなるものは
キチンと身構えてガードしている時には
さほどのダメージにならないと聞きます。
少し安心感が広がり、ガードが緩んだ時ほど危ないのでしょう。
ここ数ヶ月は、気を緩めないようにしたいですね。
CATEGORY:M2J

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

ラスベガス行 ~航空券~

最近はツアーを使わず、ホテルも航空券も個人手配。
少しでも安くなるように、1年ほど前からキープしています。
なので目的地までの「乗り継ぎ」も楽しみのひとつ。
往路は伊丹⇒成田⇒LA⇒ラスベガス
復路はラスベガス⇒バンクーバー⇒羽田⇒関空

なかでもバンクーバーは初カナダとゆうこともあって
相当テンションが上がりました。
あちこちの免税店や土産物屋を何度も訪れ
カナダのお土産を喜んで買って帰りました。
それにしても何処に行っても多いのは中国人。
ツアーで来ている人が多いようで
ドヤドヤとやってくる集団は列が途切れない。
おまけにうるさく、ハタ迷惑なことこの上なし。
ま。こんな連中には近づかない方が吉。

マイレージの関係で最近はANAを使う機会が多い。
バンクーバーから羽田に向かう客室乗務員の中に
韓国人がいました。
とってもカワイイ。でも人工的。
アンドロイドみたいで、個人的には好きじゃない。
件の彼女。猛烈にニンニク臭かった。ゲンナリするほど。
韓国人にとってキムチは国民食かもしれず
人と接触するときのニンニク臭は
それほど問題にならないのかもしれません。
でもANAは日本を代表する企業なので
それなりの対応をしていただきたい。
大韓航空やアシアナならガマンするしかないけど。

機内食はナカナカのものでした。
特に成田からLAに向かう時に出たものは秀逸で
メチャクチャ美味しかった。
同じANAでもバンクーバーから羽田に向かう時は
ゴハンが柔らか目で今ひとつ。
やっぱり何かが違うんですね~。

いまだ時差ボケは直りませんが(呆)
ニンニク娘以外は快適な空の旅でした。
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

ラスベガス行 ~ホテル~

今回のラスベガス行は7泊。
ホテルは前半の4日間と後半の3日間で変えてみました。
前半は日本のツアーでもよく利用されている
モンテカルロ リゾート アンド カジノ
ホテルのフロントとカジノが分かれている、とどこかで見て
何となくココに決めました。

ホテルランクとしては真ん中くらいですが
アクセスが良く街歩きなどには最適だと思います。
ただ壁が薄く、値段なりのお部屋なので割切りが必要かと。
ラスベガスでは、あまりホテルに長居させたくないようで
コーヒーを入れることもできないし、冷蔵庫も無いし
アメニティも充分に揃ってはいません。
部屋には寝に帰るだけなので、これでも問題はありませぬ。
ただ・・・。やっぱり何か物足りない。

今回オプショナルツアーのスケジュールが決まってなかったので
1泊×4というカタチで予約しました。
4日とも同じ部屋で過ごそうとすると
途端に条件が厳しくなったようで、通された部屋の眺望は今ひとつ。
むぅ。今後、ブツ切りの予約は考えた方がいいかもしれない。

後半の3日間は、ヴィダラ ホテル & スパ
ホテル内にカジノがない、ノンゲーミングホテル。
お隣のべラージオで行われる噴水ショーを部屋から観たいと思い
「もう。ここしかない」とリザーブしました。
ここは全室スィートルームということなので
モンテカルロとは雰囲気が全く違います。
落ち着いたラグジュアリーな雰囲気。
窓のシェードは電動開閉。
シャワーブースとバスタブは別れているし
テレビはリビングサイドと寝室サイドに別々に据えられています。
キッチンには立派なダイニングテーブルもあるし
電子レンジもあります。お湯は沸かせないけど(笑)。

アサインされた37階から見るラスベガスの街。
昼も夜も素晴らしく、ベラージオの噴水ショーも堪能しました。
仕方の無いこと、とアタマでは分かっていても
モンテカルロと比べてしまう。切ない性であります。

ホテル内にはスタバとカフェレストランがあるだけでしたが
近隣のホテルには多くのレストランがあり、特に不自由は感じません。
ただラスベガスのホテルは兎に角巨大で
ガイドブックの地図を見て安易に考えていると
大変な思いをするのは間違いありません。
「ちょっとソコまで・・・」と思っても
カジノを抜け、多くの人々でごった返すフロントをやり過ごし
ブランドショップを通り・・・
やっとの思いで隣のホテルに入り
ショッピングモールやカジノを抜けて、ようやく目当てのレストランへ。
って、1~2ブロック分は優に歩いてるやん!!

とまぁ、とにかく良く歩く街なので、ホテル選びは慎重になさいませ。
ベガスの街を楽しめるか否かは、ホテル選びにかかっている!
かもしれません。
CATEGORY:海外旅行

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行

嗚呼。しんどい。

帰国してもう4日も経つというのに・・・、まだしんどい。
カラダがだるくて、まだ本来の生活スタイルに戻らない。

ラスベガスに行く間際から少し円高に振れ
どうなることかと気を揉みましたが・・・
トラリピくんはソコソコの活躍を見せてくれました。
ユロドルはジワリ値を下げて、決済が進みました。
お陰で維持率はアップし、胸を撫で下ろしました。

当面は・・・もう仕掛けは増やさず
このままユロドルのショートトラリピくんのみで勝負。
あ。外為どっとコムでトルコリラ円はスワップ狙いで。
無闇にポジションは立てず、積極的な売買は控えます。

秋まではこのまま、余裕のある取引をしたいですね。
勝負は・・・今年こそ「秋買い」!
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

ラスベガス行

いよいよラスベガス行。
台風が3つもでけた~、というので戦々恐々でしたが
大阪は好天に恵まれホッとしております。
この時期ラスベガスの最高気温は40度を越えるそうで・・・
水分補給を怠らないで乗り切ろうと思います。

アメリカは何度か行きましたが
これまでとはチョイと趣が違うような気がして
ワクワク、ドキドキが止まりませぬ(笑)。
果たして何が待ち受けているのか・・・・・。


閑話休題。
クロス円は反発。
特にポン円やユロ円のそれは凄まじかったようです。
旅に出る前でもあるので
それほどムリをしないで、放置プレイしてました。
ユロドルのショートはのんびりしたもんでした。
ギリシャや中国のリスクは一時的には後退したものの
まだ根本的な解決を見ていないと思うので
遊びに行ってる間に吹き飛ばされないようにしないとね。

ではソロソロ支度をしましょうか。

さて。ギリシャ。どうなる??

なんだかんだ言いながら
結局は賛成派が過半数を占めるんだろうな、と思ってました。
でも報じられるところによると
賛成派と反対派の勢力は拮抗しているとのこと。
あんまり楽観できないようです。

先週末。
損切りとポジション調整をしたお陰で、維持率が改善したので
新たな仕掛けを検討してみました。
豪ドル円のロングを一旦設定しましたが
何となく不安になってキャンセル。
残ったポジションは整理し、若干のマイナスとなりました。
その後一気に豪ドルは急降下(呆)
事なきをえました。

「クロス円だったら、やっぱり米ドルかぁ」と思い
改めて設定しましたが
どうにもシックリ来ないので、再びキャンセル(笑)。
1本だけポジションが残っています。

いったい何をしていることやら。
結局。ユロドルのショート1本で行くことにして
明日からの動向を見ながら、本数を増やすカモしれません。

ギリシャが落ち着いても、中国のバブルもあるし
なかなか相場をとりまく環境は慌しそうです。
9日以降、我が国がどう動くのか・・・
個人的には大変興味があり、固唾を呑んで見守ります。

6月終了

今年も半分が終わった。早いな。

カナダドル円の損切りが27万円ほど。
トラリピくんの収益が8万円強。
トルコリラ円のスワップが2万円余り。
3分の1くらい取り戻すことができた。
良かった良かった。

もう一段下げてくれないかな。
そしたらトラリピくんの仕掛けを変えられるのに・・・。

月が変わると、また「値上げ」をふれ回るマスゴミ。
そんなに騒ぐんやったら
景気が上向いてることにも触れて欲しいもんだ。