プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

秋買いに向けて

来月末。しっかりとポジションを建てるんだけど。
「それまでに安値があるかも?」というスケベ心。

セントラル短資で
豪ドル円やキウイ円で仕掛けてはみたものの
ジリジリジリジリ値を下げて
気がつきゃ豪ドル円は87円台から83円台に。
最初はトラップを1円幅で仕掛けてましたが
あまりにも下落スピードが速いので
1.5円幅に広げ、更には2円幅に。
複数通貨で仕掛けるのは危険と思い
キウイ円は1日分のスワップのみいただき
ゼロ決済しました。

トルコリラ円も史上最安値を下回り
「ソロソロかな?」などと思いながら
トラップを敷いてはみたものの・・・。
指値を次第に切り下げ
トラップ幅も0.2円から0.5円に広げ
実質開店休業の状態。

仕方が無いんだろうな。
もしクロス円のトラリピくんで攻めてたら
膨らむ含み損に耐えられなかったかも?

あと1ヶ月。長いわ。こりゃ。
スポンサーサイト
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

シルバーウィーク -9月21日-

お部屋から見渡せる海。氷川丸が正面に見えます。
それはとってもステキなんだけど・・・。
残念ながら、このホテルを充分に堪能できませんでした。
勿論歴史を感じさせるものは、そこここにありますが・・・
個人的には奈良ホテルの方が遥かに魅力的でした。
本会2階は最も探検したかったのですが
結婚披露宴やイベントやらが行われていて
あまり近づくこともできず、とても残念でした。

それでも流石にお腹が空いたので
熊魚菴たん熊北店 に参ります。
白いご飯と朝粥の中から
2人とも白いご飯をチョイス。
突き出し・焼肴・小鉢・焚合・香の物・味噌汁。
ご飯が足らず、おひつのお代わりをお願いしました。
今宵の晩ご飯はボリューム満点なので
しっかり歩いて、受入態勢を整えないと。

チェックアウトして荷物はベルデスクに預け
横浜元町ショッピングストリートへ。
チャーミングセール期間中で相当な混雑が予想されます。
早い目に辿り着き、チャッチャッと用事を済ませたい。
あちらこちらを散策していると
時間が経つにつれて、次第に人が増えてくる。
予め狙いをつけていたヨメは
店の片隅に荷物持ちを待たせ、いざ戦場へ。
荷物持ちは人様のジャマにならないように
店外に出たり、人をやり過ごしたりして待つ事しばし。
改心の笑みを浮かべながら帰還したヨメを迎え
次なる戦地に赴くのでありました。あ~しんど(誰が?)。

それでも当初の予定よりも早く戦を終えたので
ホテルに立ち寄って荷を整え、都内に戻ることにしました。
今宵の宿は、朝食のブッフェが魅力的だった
水道橋にある庭のホテル東京。
「いつかは泊まってみたい」とヨメが言っていました。
超高級ホテルという訳ではありませんが
地の利も良く、何となくフレンドリー。
それほど背伸びせずに利用できるのがいいです。
聞けば、7割が外国人のお客様とか。
白人の方が多く、中韓と思しき輩は少ないのも◎。

例によって、お部屋の様子をカメラにおさめてから
恵比寿に向かいます。
この旅の最大のイベント。
ガストロノミー・ジョエル・ロブションでのディナー。
4年ぶりのシャトーです。
以前はフルコースに挑戦しましたが
そのあまりのボリュームにココロが折れてしまいました。
今回は前菜2品とメイン2品をチョイスする
MENU A PRIX FIXE にしました。
うん。ジジババにはこれくらいが丁度いい。
かの有名なキャビア・アンペリアルもいただけたし♪

ヨメがチョイスしたメニューは
・トマト 爽やかな酸味のボンボンに透明なジュレとのハーモニー
・マコモダケ 2種の調理法(プランチャ・エチュベ)で仕上げ
 黒にんにくと卵黄のソースをからめ
 エスプレット唐辛子とシソの葉をアクセントに
・オマール海老シンプルにグリエ、
 旬野菜添えシャトーシャロンのソース
・国産牛グリエし、
 茸を詰めたオス・ア・モアルとレフォールマスタードをエスコート

対して隠居おやぢのそれは
・ビーツ リンゴと合わせ、
 苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に
・ボタン海老のアンフュージョン
 ターメリックとフレッシュコリアンダー風味
・スパゲティ 
 とろけだす卵とウニ、キャビアとのハーモニー
・鴨フォアグラとのアンサンブル
 イチジクのローストとフランボワーズのコンポート

美味しいパンも、食後のチーズやデザートも心行くまで堪能できました。
ヨメは5種類のチョコレートのみならず
マカロンも追加してましたもん。前回とはエライ違いでした(笑)。
流石にオプションのバースディケーキは持ち帰りましたが。
4年前より、オトナになって賢くなりました~。

お味もお腹も十二分に満たされ、とってもシアワセな3時間でした。
またいつか。行きたいですね~。
CATEGORY:国内旅行

THEME:国内旅行 | GENRE:旅行

シルバーウィーク -9月20日-

起床。今日もいい天気。暑くなりそう・・・。

基本的に隠居おやぢは朝御飯は食べず
コーヒーとヨーグルトで済ませます。
旅先でもそれは変わらず
静かにヨメの朝食が終わるのを待ちます。
きっと今日もそうなるんだろう。
ヨーグルトにしようか、お粥にしようか・・・と思いながら
昨夜探検したアトリウムに向かいました。

でも・・・シェフが作るオムレツとエッグベネディクトを見て
「パチン」とアタマの中で何かが外れる音がしました(笑)。
ブッフェスタイルのメニューは和洋とも充分で
とても全メニュー制覇できるものではありません。
ヨメは洋食系、ワタシは和食系で攻めることにしました。

ヨメのことなど構っておられず
マイペースで限度イッパイまでトライします。
最初は「洋食系」のサラダでしたが
徹底的にバラエティに富んだおかずを楽しみます。
焼魚、卵焼き、納豆、お漬物、梅干、明太子、お味噌汁。
写真撮るのを忘れるくらいに。
最初は白いご飯。続いて雑穀ご飯。
最後にボリューム満点のカレーライス。
お陰でもうお腹はエライことに・・・(笑)。

そのままホテル近くのKITTE に向かい
ちょっとしたアイテムをお買物。
グルリと回ってみましたが
それぞれのショップが魅力的で
思いのほか時間がかかりました。
予算の都合で、買い求めたのはチョッとでしたが(笑)。
対してCOREDO日本橋 は新味に欠ける感じ。
上から下まで降りてきて・・・
サクサクと東京駅に戻ってきました。

お腹は全くこなれませんでしたが
TORAYA TOKYO で、かき氷をいただきました。
<TORAYA TOKYO 限定>で供されるのは9月まで。
あかんねん。こんなんに弱いんですわ。
ヨメは日向夏と温州みかんの氷
ワタシは生姜みぞれ。どちらも大変美味でござんした。

予定よりは早かったけど、横浜に向かいます。
キャリーをひいてテクテク歩き
今宵のお宿、ホテルニューグランドにチェックイン。
アンティークな雰囲気を感じたくて本館にしましたが
お部屋は手が加えられ過ぎていて、ちょっと残念な結果になりました。
例によって、お部屋の様子をカメラに収めていると
外ではサヨクのデモ隊の声。
「憲法9条を守れ」とか「憲法読めない首相はいらない」とか。
連休前に安保法案が可決されていなければ
街はどうなっていたことやら・・・。
鬱陶しい思いをしたのはこの日だけで済んだことを
心より感謝した次第。

暫くカラダを休めて、ヨメが行きたがっていた赤レンガ倉庫へ。
お土産やバッグ、お菓子など、イッパイお買物をしてました。
いつものように荷物持ち。ちょっと疲れました。

晩ご飯はホテル内のザ・カフェ で買い求めた
テイクアウトのケーキ。
TORAYA TOKYO のお饅頭。
朝食後、アトリウムを出るときにいただいた木村屋のパン。
有難くお部屋でいただいて、風呂入って、屁ぇこいて、寝ました。


CATEGORY:国内旅行

THEME:国内旅行 | GENRE:旅行

シルバーウィーク -9月19日-

全日空24便。12:00伊丹発13:10羽田着。
比較的早い時間帯の便だったので
空港にリムジンバスも渋滞に巻き込まれることなく
平穏な空の旅。

空港に着いてから、今宵の宿である東京ステーションホテルへ。
かねてより泊まってみたかった憧れのホテル。
運よくドームサイドダブルルームが確保できました。
少し早い時間だったけど、無事にチェックイン。
高い天井。駅構内を見下ろせるステキなお部屋へ。

とりあえず室内の様子をカメラに収めてから有楽町へ。
ペニンシュラのGRAFFから
ブシュロン、ハリー・ウィンストン(仮店舗)を巡り
ヨメと共に目の保養を。
その後ホテルに戻ってから日本橋へ。
テレビで見て、何としても行ってみたいと思った日本橋OIKAWA
大変コストパフォーマンスの高いステキなお店でした。
旬のお野菜やお刺身は勿論
ふんだんに散りばめられる豪華な食材の数々。
フカヒレ、キャビア、ウニ、フォアグラ・・・そして松茸。
次々に供されるメニューに完全にやられました。
店主との距離が近い、小ぢんまりしたお店。
いつかまた・・・是非行ってみたいですね。

そのままホテルに戻り探検開始。
長ぁ~い廊下を歴史を感じながら彷徨う。
350mあるというホテルの廊下。
ウロウロしていると隠居おやぢと同じように
ウォーキングするご夫婦に何組も出会いました。
そりゃそうなるわなぁ。寝るだけぢゃあ惜しい(笑)。

4階から音楽が聞こえてくるので、恐る恐る上ってみると・・・
明日の朝食が供されるアトリウムに辿り着きました。
ほとんどお客さんのいない中で
暖かく迎えて下さったスタッフさん。
あちこち写真撮影するのを許して下さいました。
きっと明朝は多くのゲストでごった返すでしょう。
とてもラッキーな機会をいただきました。

ホテル内ウォーキングで心地よい疲労感を覚え
そのままお部屋に戻って入浴。そして就寝。
噂にたがわぬ東京ステーションホテル。
次は・・・パレスサイドがいいな。


CATEGORY:国内旅行

THEME:国内旅行 | GENRE:旅行

辛抱できない

米ドル円のショートを建ててみたものの
思惑とは全く異なる値動き・・・(涙)。
あかんねぇ。
ボラティリティが大きいので
チャートを眺めながら追いかけると
外れたときのダメージは相当大きくなります。
んで。米ドル円は損切り。

無闇に追いかけると
ポジション仕掛けてぇ、思惑外れてぇ、損切りしてぇ。
「チクショー」熱くなって
ポジション仕掛けてぇ、思惑外れてぇ、損切りしてぇ。
「こんなハズぢゃあ・・・」
繰り返しになりそうなので諦めました。

トルコリラ円も更なる下落を恐れ、仕掛けては薄利決済の繰り返し。
やっぱり少なくとも来月末まで待つ方がいいみたい。
とりあえず。
39.10から下方向にトラップを敷いてはみましたが。

「秋買い」を仕掛ける予定のセントラル短資。
待ちきれず、辛抱できず、トラップを数本。
ほどなくして約定。
ありゃまぁ。まだ下げそうなフンイキ。
ロットを下げて、トラップ幅を広げて
もう少し追いかけてみようかな。

9月も終盤。
やっぱりこの時期は、大人しくしといた方が良かったみたい。
資金を厚く、維持率を上げて、あと1ヶ月。
今度こそ。無茶しないで待つことにしましょう。ツライけど。
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

レイバーデー

9月第1月曜日。NYはレイバーデーで休場。
あかんがな。相場はほとんど動かず。

M2Jの「週間トラリピレンジ」によると
殆どのクロス円は下落トレンドを示している。
米ドルはトレンド相場らしいけれど
秘伝チャートでは114円台を示しているので
個人的には下方向だと思っています。
そうなるとユロドルは上昇するかもしれないので
一旦ユロドルのトラリピくんはキャンセルして
米ドル円のショートポジションを建ててみた。

中国の経済指標が発表されると
良くも悪くも大きく動きそう。
振り回されて、ふるい落とされないように。
さて。どうなりますか。
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

落ちるナイフ?

あ~。掴んでしまったかもしれない。

ドラギはんのコメントを受けて、ユロドルは急降下。
ポジションが整理され、ほんの少し維持率は改善。
「もう少し証拠金が少ない通貨を仕掛けてみようか」
スケベ心を出したのが間違いの元。
試みに豪ドル円のトラップを敷いてみたところ
あれよあれよという間に値を下げ始めたので
イヤな予感がしてトラップを外しました。

クローズのプライスを見て、いや驚きましたね。
米ドル円は119円を切り、豪ドル円は82円台前半って!?
これは来週が思いやられますなぁ。
10月までは厳しい相場が続く、とする専門家の方も多いようだし。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘さんも
ファンドマネージャーの西山孝四郎さんも
同じような見通しを立てていらっさる。
ただ藤戸さんは「下げたところで買って下さい」
対して西山さんは
「どこまで下げるか分からないので、とにかく資金管理の徹底を」

「秋買い」発動まであと2ヶ月弱。
今から動くのは、ちょっと怖いような気もする。
今にして思えば、試みに買ってみたブル型ファンドも
売却して良かったかもシレナイ。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦さん。
エリオット波動の第一人者と言われている方ですが
「ユロドルは、今月下旬にも200日MAを上抜く
 ゴールデンクロスとなりそうだ」とのこと。

なんだかね~。次から次へと。アタマが痛くなります。
ほんとにまぁ。どうしたらいいものやら・・・。
とりあえず。
落ちるナイフを掴んでしまったようなので
傷が小さいうちに豪ドル円は決済したい。
ユロドルは・・・もう少し様子を見ることにしましょ。
でも。どこかで決断しなきゃいけないかも。
もう少し、含み損が圧縮できる「佳きところ」でね。
今年は損切りしないで済むかと思ったんやけどなぁ。
来年はもう少し賢くなりたいな。
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

日経225ダブル・ブルファンド

りそな銀行で取り扱っている日経225ダブル・ブルファンド
前から気になってましたが、なかなか踏ん切りがつかず・・・。
中国に端を発した暴落時。恐る恐る買ってみたのが8月25日。
「頃合いかな?」と思って売却したのが8月31日。
投資金額はチキンな100,000円也。
本日入金された売却金額は111,147円(税引前)。
ブル型の投資信託って凄いんですね~。
2%強の手数料なんて、ものともしないパフォーマンス。
これだけの収益が出ると、短期売買に利用してみようかと思います。
いつも上手く行くとは限らないけど。

テレビ東京の「モーニングサテライト」。
先日「プロの眼」というコーナーで吉利晃さんが
「8月に相場が大きく動くと、9月も同じ動きを繰返す傾向が強い」
とお話しされていました。
つまり8月暴落すると、9月も同じように下げる(傾向がある)。
逆に8月に上昇すると、9月も同じように上げる(傾向がある)。
なぁ~るほどぉ。
してみると、もう1回くらいブル型ファンドの出番はあるのかな?

今度はもう少し、思い切って仕掛けてみようと思います。
手数料のことを考えると、ETFの方がいいんでしょうけど
刻々と値動きの変化するものは
プライスを見すぎてしまって、踏ん切りがつかないという
悪いクセがあるので・・・。
やっぱり次も投資信託にしましょ。

CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー