プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも、何かが違う

鈴木ヒロミツだったけ?
おかしい。
G20を好感して、テッキリ円安&株高が進むと思ったが。
描いた青写真は見事に外れ
ドンヨリした3月戦の始まり。

あ~ぁ。こんな筈ぢゃ無かったのに。
でも3月半ばに向けて続くイベント前に
仕切り直しができたのは良かったことにしよ。

ほんと。思ったホド円安にならねえな。
やっぱり今年はショートが機能するのかな。
スポンサーサイト

ココロが曇っている

G20間際に仕掛けた最後の一勝負。
宮田直彦さんもリバウンド継続中として
4月にかけて日経平均は「18,000円を試す」と。
為替王さんも一旦は反発し「17,000円超え」と。

そんななか仕掛けた日経225は
「まだ大丈夫」という根拠のない自信に基づくショート。
今にして思えば
時間が無くって、余裕を持って考えられなかった(涙)。
素直に受け止めればよかったのに。
その後、再び下りてくることは無かったので
アメリカの指標発表前に決済しました。
その後再び上昇を始めたので
損失は軽微で不幸中の幸いでした。

まだ1日残っているけれど、2月はこれでオシマイ。
収益が最も高かったのは、道後に遊びに行っているときでした。
さすがトラリピくんですね。止められへんワケです。
逆に今週はドル円が上昇したお陰で
ドルストレートは開店休業状態。
来月に向けての仕込みが終わったと
前向きに考えることにいたします(笑)。

最後に損失確定となった日経225ですが
収益を考えると、今後も続けて行くと思います。
ただ取引のロットが大きいので
どうしても「放置プレイ」ができません。
FXは1週間ごとに見直しをするのに対し
日経225はポジションの持ち越しはせず
毎日決済をして、毎日設定を見直していく。
これが隠居おやぢにとっては
大怪我をしない、最高の手段なんだと思っています。

で。来週に向けて。
一旦は設定を解除したドル円のショート。
そろそろ天井は近いと思い、改めて仕掛け直しました。
為替王さんも背中を押してくれたし。
日経225は、当面ロングで行こうかと。
天井が為替王さんの17,000円なのか
宮田さんの18,000円なのか・・・??
日々の値動きを見ながら考えたいと思います。

大変お疲れ様でした。来週も頑張りましょう。
あ~しんど。

トレールが重石に

ポンドに引きづられるように、ユーロも下落しています。
クロス円ほどではないけれど
ユロドルの値動きも上値の重い展開。
狭いレンジでの上下動を繰り返しながら
次第に切り下げて行くという。最悪やがな。

元々ユロドルはボラが大きいと踏んで
トレール決済を採用しています。
が!こうなると、完璧に裏目に出ています。
仕掛けたレンジの下限を挟んで動くので
ゆんべもゼロ決済に(涙)。

NZD/USD のポジが無くなったので
あんまりユロドルのロングが増えると
スワップがマイナスになるので、あまりレンジは広げたくナイ。
当面先が見えづらい状況が続くと思うので、無茶はしたくナイ。
1.1000 を起点にユロドルのショートを仕掛ける手もあるけど
米ドル安になると思ってるのでコワいし。

結局「値ごろ感」で仕掛けず
今のままで耐えるしかなさそうです。
ま。膨れ上がるポジションで身動き取れなくなるよりマシか?
昨夜のドル円は、111円を切る直前で切り返して
112円台に戻ってきました。
凄いな。お陰で寝不足デス(笑)

やっと!! -1.5kg

ジム通いを始めて3ヵ月余。
ようやく体重が落ち始めた。僅かだけど。
若い頃と違って、なかなか結果が出ませんでしたが
折れそうになるココロを支えてくれました(笑)。
ひょっとしたら、サプリメントが効いたのかも?

相場はなかなか難しい局面でござる。
ドル円は上値も重く、下にブレイクすることもなく・・・
膠着状態が続いています。
相関が高いとされる日経平均株価も
ドル円と同じような値動きになっています。
上は16,300円辺り、下は15,700円辺りに
分厚い壁があるようです。

隠居おやぢは、円高&株安になると目論んでいますが
今週末から始まる数多のイベントがどう影響するのか
全く見当もつきませぬ。
G20、雇用統計、ECB、BOJ、FOMC・・・。
いずれにせよ、ボラティリティは大きくなり
相当振られる相場になりそうな予感(怖)。
もし思惑が外れれば
トラリピくんのポジションは相当膨れ上がるでしょう。
ドル円のショートと、ユロドルのロングは
日々マイナススワップを生み出し続けるので
適度にワークしてくれないと困るし。

とゆう訳で、チキンなおやぢは
ドル円のショートの設定をキャンセルしました。
全て決済しても微益が確保されたのは幸いでした。
これまた随分と身軽になりました。

暫くは様子を見ながら
あんまりポジションが膨らまないように気をつけたいですね。

NSD/USD 全決済

よく分からないけど、豪ドルとかキウイが急騰。
原油先物が堅調だったせいかしらん?
眠りにつく前に
懸案だったNZD/USDを手動で全決済しました。

隠居おやぢは
散々買われ続けた米ドルに、逆の動きが出ると思っているので
資源国通貨もいずれ買い戻されると考えています。
でもキウイに関しては
ネガティブな報道も見られるのが気になってました。
「同じような値動きをする」と言われる
豪ドルとキウイのロングを仕掛けることは
想定外に動くと、それだけリスクも大きくなるワケだし。

眠い目をこすりながら、グジグジ悩んでましたが
いつもの通り「エイヤッ!」でポチッと。
「少し早かったかな?」と思いましたが
ユロドルのショートの時は
遅すぎて身動きが取れなくなりました。1年余りも・・・。
何度もこんなコトを繰り返していると
遅かったり、早かったり・・・・・。
それなりにバランスが取れてくるのでしょう(笑)。
手遅れにならないだけマシ、とゆうことで。

若干の損失確定となりましたが、維持率はアップしました。
ポジションが軽くなったお陰で
次の動きが出たときに備えられるようになりました。
オセアニア通貨にもう少し強い動きが出て欲しいですね。

相場は比較的狭いレンジにあります。
しっかり動いてくるのは
例によって、水曜日あたりからでしょうか。
2月もあと1週間。
何かと物入りな時期なので・・・。
トラリピくんには頑張ってほしいな。

日経225

最低ロットが大きくて、腰が引けていた日経225。
CFDとかいうのが為替王さんのオススメらしいし・・・。
昨年暮れに建てたポジションで大損したけど
新たに口座を開くのも面倒臭いので
自分なりに情報収集して、よぉ~く考えて仕掛けてみました。

確かに取引するボリュームは大きいけれど
これから先も続けてみようか・・・と思います。
クロス円、特にドル円との相関が高く
(当然のことながら)為替リスクが無いので
大変仕掛けやすい。
銘柄選択に時間を割く必要がない。
我が国の株価指数なので情報量が潤沢である。
・・・等々がその理由。

繰り返しになりますが、取引のボリュームが大きいので
設定には慎重にならざるをえません。
逆に動いたときの決断も早くしないといけないし。
そのあたりを悪いアタマとチキンハートに叩き込んで
挑戦してみたい。
禁じ手は放置プレイ。
トラリピくんで良くいわれる「果報は寝て待て」は
最悪の結果を招く可能性があります。
大きなイベントの前には
敢えて設定を外す「勇気」と「決断力」を持ちたい。

そんな中で、今週の決済は3回。
怖くて辛抱できず、手動で決済したのが2度。
キレイにトラリピくんが機能したのが1度。
ひょっとしたら、利益を生む決済においても
放置プレイは良くないのかもしれない。

日経225においても、基本的なスタンスは変わりません。


損切りとショートトラリピ

現在のトラリピくんのスタンスは「米ドル売り」。
これを受けて積極的に仕掛けている通貨は
AUD/USD とユロドルのロング。
ドル円のショート。
特にドル円のショートは面白いように機能してます。
AUD/USD はレンジで動いているようで
下値不安も少なく、割合安心して見ていられます。

これまでクロス円のショートは
マイナススワップに抵抗がありましたが
流石にこれだけ動いてくれると気になりません。
「更に円高が進む」とする専門家の方も多く
秘伝チャートもそうした傾向を示唆しているので
今後の値動きが楽しみです。

トラリピくんは簡単に設定するため
通貨や取引通貨量、トラップ幅、利益などを
安易に決めてしまうことがありました。
かつて豪ドル円が70~90円のレンジで動いていた頃は
それで良かったのかもしれませんが
民主党政権が導いた超円高時代が終わってからは
ある程度通貨の方向性を見極めることも大切だと思います。
膨れ上がる含み損で身動きできなくなる前に
敢えて損切りをしたり、取引通貨を変更するなどする
柔軟な姿勢が必要なのだと思います。
隠居おやぢの場合、ストップロスが置けないので
決断が遅れがちなのがアカンのですけど。

転機になったのは、ユロドルのショートを損切りして
ロングに切り替えたこと。
あのまま放置していたら・・・。ゾッとしますね。
ただ欲を言えば、去年の3月でしたっけ。
1.05を切ったところで、スパッと切ることができていれば
1年間ウジウジしないで済んだのに、ね。

ポジションが軽くなると、リセットして新たに攻められるので
その後の仕掛けは、よりワークするような気がします。
今月のトラリピくんの収益は
リセット前の倍に迫るような勢いです。
やっぱり、損切りを恐れたらアカン。素直にそう思います。
そのうちに、ストップロスを置くことにも抵抗が無くなるかな?

来週も基本的なスタンスは変わりません。
G20もあるし、来月は日・米・欧の中央銀行がどう舵取りをするのか
とても気になるところです。

荒れ相場

2月。飛び石連休。ヨメと道後温泉へ。

相場はどうなるのかな~。
いろいろ考えた挙句、円高が進むと考え
ショートトラリピを下方向に延長。
そうなると株安になると思ったけれど
もし万一「何か」が起これば
手の施しようが無くなってしまふ。
恐ろしくってたまらず・・・
結局何も仕掛けず旅に出ました。

旅に出ているときはトレードしません。
でも次々に届く約定メールや市況メールには
本当に驚きました。
ドル円は一時110円台!
広げた筈のトラリピくんのレンジを突き抜けてるやん?
日経平均も15,000円を切ったけれど
先物は反転してきているので
結果オーライだった模様。

明日から一旦リバウンドしてから
改めて下値を探ると思ってマス。
こんどはできるだけビビらずに
相場について行きたいと思います。
が。果たしてどうなるか。

明日からまた頑張りましょ。

日経平均株価 ▲918.86

いや凄まじい。
日経平均株価の下げは壮絶ですらあります。

週の初めに設定したトラリピくんは
それぞれ良くワークしてくれています。
ただ、ドルが売られているのに
オセアニア通貨はそれほど買われていない。
AUD/USDは、もう少し頑張って欲しいところ。
ドル円とユロドルのゴールは
もう少し先だと思うので
このままチャートについて行こうと思います。

ただドル円のショートトラリピくん。
あまりにも強い下げだったので
「せま割」は勿体無いような気がして
「せま割」+「トレール」に変更。
更に収益アップを狙います。

日経225はLot が大きくて腰が引けてしまい
なかなかドッシリと挑むことができず・・・。
ポジション建てたり決済したりを繰り返し
ようやく固まってきました。
・・・と。
夜間取引では16,000 円を割ってますがな。

こりゃまぁ。
明日も荒れそうですなぁ。

来週に向けて・・・

秘伝チャートを見ると日経平均は16,000円前後を示唆。
でも専門家の方々の見立てはより厳しいものになっています。

宮田直彦さんは、ドル円は「5月に100.82円を見に行く」
日経平均は「第3四半期に底入れ」。
うむ。凄まじい見通しである。
為替王さん。
中長期的な日経平均は、13,000円台後半あたり。
更に相当下げる可能性に触れています。

自分の考え方に近い方がいると、何となく安心するもの。
底入れの時期やプライスは流動的だけど
当面のスタンスがこれで固まりました。
AUD/USD、ユロドルのロングトラリピくんに加え
USD/JPYのショートトラリピくんを追加。
NZD/JPYのトラリピくんは停止し
残ったポジションの決済注文のみを入れました。
従来よりも強く米ドルを売る仕掛けですね。

年末年始のアノマリーを信じて失敗した日経225。
向こう数ヶ月の間は右肩下がりと思い
ショートを仕掛けることにしました。
ただ1単位あたりの証拠金が嵩む上
充分な資金を確保できていないので
注文数はかなり控え目。
見通しと逆方向に動いたときの含み損が
ハンパなく膨らむ可能性があるので
チマチマと取引を繰り返す方がいいように思います。

年始にしょいこんだ損失確定の借金。
できるだけ早い時期に取り戻さないとね。
やや大きめのボラティリティでモミモミしながら
ドル安と株安になることを期待してます。

フト思います。
隠居おやぢのようなシロウトが
専門家の方々の厳しい見立てを参考にして
円売りポジションを増やすと
その傾向がより加速するかもしれない、と。

週明け。果たしてどうなるのか。
楽しみです。頑張りましょう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。