プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ってしまった・・・

「総楽観が怖い」といいながら堅調な相場に辛抱できず
DAXでポジションを建てました。
と、17日夜から為替と株の急落が始まった。
何だか訳が分からないまま日経平均のチャートを眺める。
僅かに戻したところで、根拠もないのにエントリー。
「そろそろ反発するんじゃね?」
いつものように淡い期待は見事に裏切られ奈落の底へ。
DAX + 日経平均 + FTSE100 の3本抱き合わせで決済。
プールされた配当のお陰で微益で逃げ切りました。
ホントに何をしているこっちゃら。

後になってトランプ大統領弾劾の可能性から
一気にリスクオフに転じ、円が買われ株は暴落。
身軽になったお陰で、絶好の仕込時が到来!と思ったけど
手ぐすね引いて待ってたのに、FTSE100 は思いの外下がらず(涙)。
週末は日経225 を仕込むかどうか迷ったけど
持ち越すのが怖くてスルー。

結局、株価の戻りは早かったけど、クロス円のそれは今ひとつ。
そのせいかニューヨークダウに比べると
日経平均は大したことなくて胸を撫で下ろしたのでした。

今さらながら感じたこと。やっぱり総楽観は怖い。
誰もが安心しているところの冷や水は、強烈なパンチになったようです。
これからもトランプ大統領やユーロに振り回される相場になりそう。
株価指数CFDは
FTSE100 のみ買い下がることをココロに誓いました(笑)。
すぐに誓いを破るかもしんないけど。


スポンサーサイト

博多のホテル

マイレージ失効防止のため、GWに行った博多。
最近は極力ツアーは使わないので、エアーもホテルも自分でチョイス。
駅から近くてアクセスの良い、しかもリーズナブルなホテル。
・・・のつもりでしたが、これがなかなか酷かった。

禁煙して20年くらい経つ隠居おやぢ。
不思議なことに、かつて喫煙していた人間の方が
タバコの煙や臭いに敏感なようです。理由は分かりませんが。
なので、完全禁煙のホテルや飲食店を選ぶことにしてます。
喫煙者の方にはお叱りを受けるかもしれませんが
「分煙」じゃダメなんです。多くの場合、煙が流れてくるので。

件のホテルは博多駅から徒歩3分ほど。
衝撃だったのは、1Fのテナントがパチンコ屋だったこと。
しかもエントランスの両側にあったので
タバコの臭いが漂う中、息を止めてエスカレーターに向かい
3Fのフロントや、お部屋に向かうことになりました。

で。エレベーターを降りると何か臭う。タバコ臭いねん。
慌てて息を止めて部屋に入ると何か臭う。タバコ臭いねん。
予約する時に禁煙ルームを指定しているのに・・・臭いねん(涙)。
エアコンつけると、タバコ臭い冷気が・・・・・・、
慌てて電源を切りました。
辛抱しようかと思いましたが、なんせ3連泊ですからね~。
フロントに相談に行きました。
5月3日は「博多どんたく」で空室ゼロ。
「2日目からは変更できます」とのこと。
また同じようなことになったら嫌なので、その日の内に下見して
エアコンつけて、「今の部屋よりもマシ」なことを確認。
ホテル内での引越となりました(笑)。
お部屋のグレードは普通のツインからジュニア・スィートにランクアップ。
こじんまりしたリビングとベッドルームがあるお部屋に変わりました。
でもね。リビングのエアコンは大丈夫だったけど
ベッドルームのエアコンは、やっぱりタバコ臭くてNGでした。
初日よりはマシだったけど。

ホテル側のお話を聞くと、このホテルは築後50年ほどになるらしい。
その間、ずぅっと「喫煙可」でお部屋を提供してきたようですが
5年ほど前から「禁煙ルーム」に設定されたようですね。
でも恐らく(推測ですが)壁紙変えただけで
エアコンや柱や家具などに染み付いたタバコの臭いはそのままに・・・。
何ともいえないタバコの「気」は、5年ほどでは消えることもなく
ゲンナリさせられたものでした。

今までアチコチ行きましたが、こんな経験は初めてでした。
禁煙ルームを謳うのであれば
タバコの臭いがしない部屋を提供して欲しいですね。
もうもうと煙の漂うカジノがあるラスベガスのホテルでさえ
ひとたび離れれば全く影響は無かったですから。
隠居おやぢの相談を受け止めて
真摯に対応してくれたホテル側には感謝しますが
それ以前の問題として対応してもらいたい。二度と行かないだろうけど。
そして、こんなホテルが他には無いと信じたいです。

20,000円を超えない

近くて遠い20,000円。
日経平均は毎日足踏みを続けています。
毎日これだけ苦労してると
仮に20,000円を超えても、達成感で更に上値を追うのは厳しいかも。

・・・などと思ってたら、ドル円が113円を切ってきました。
嗚呼。これは良くない兆候かも?
今までサポートしてきた113円台前半のラインが
これから暫くの間は上値を抑えるかもしれませぬ。
そんな訳で、次の動きが出るまで日経平均CFDは遠巻きに眺めます。
ニューヨークダウも随分苦労しているようだし・・・。
堅調なのはDAXとFTSE100。
FTSE100は配当金目的でポジションを建てましたが
流石にこれだけ騰がってくると、決済のタイミングを考えちゃいます。
遅まきながらDAXのポジションを建て
FTSE100 は追いかけるか否か思案中。

トラリピくんは相変わらず面白くない展開ですが
豪ドルとキウイがようやく底打ちした模様で
ほんの少しだけ、今後に期待できるようになってきました。

いよいよ5月も後半戦。厳しい展開になるのでしょうか?

やっぱり上値が重い

週明け。
日経平均は2万円に近づいたけど・・・
やっぱり届かず、上値が重い展開が続いております。
このまま力尽きて、一度は失速しちゃうのかな。
上値が重いのはニューヨークダウも同じ。
北朝鮮リスクやらトランプリスクやらを鑑み
残っていたニューヨークダウも決済して
FTSE100 のポジションが僅かに残ることになりました。
DAX が順調なようだけど、しばらく静観することに。
落ちたところを拾えれば・・・。

さて・・・。
1週間前に切除してもらった大腸ポリープの事を聞きに
昨日は消化器内科に行ってきました。
横行結腸に7mm のポリープが1つ見つかりましたが悪性ではなく
今回の治療は一旦終了となりました。
「7mm !?」 思ったよりも大きかったので驚きました。
が、お医者様によっては「悪さ」をしないポリープと判明すれば
敢えて切除しない場合もある、と説明を受け一安心。
この5年間で3回切除していただきましたが
特にできやすいとか、何か問題があるということもないそうです。
ポリープが見つかり、そのまま切除、悪性でもないので
「早く見つかって良かった」と素直に喜べばいいそうです(笑)。

あとは18日に眼科、来週は脳外科に行って
病院月間の5月は終わります。

上値が重い

GWまで「今年はセル・イン・メイ」は無いと思ってました。
北朝鮮の緊張がやや遠のき、フランス大統領選挙も予想通りで
一気にリスクオンが進んだ・・・ように思いました。

ただ、ここに来て随分と上値が重たくなってきました。
堅調な値動きを続けていたドル円のボラは下がり
週末は113円台前半まで下りて来ました。
ここから切り返して115円を目指すのか
もう少し下落するのか・・・ビミョーな値位置ですね。
何だかよく分からなくなってきたので
112円台のポジションは全て決済しました。

加えて、ドル円の影響を受ける日経225も
なかなか2万円台に届かず足踏み状態。
昨日は一時19,800 円を切る場面もあったようで
こちらもドル円同様、来週の値動きがビミョーな感じ。
なので利が乗っている内に決済しました。

配当の妙味があるニューヨークダウは様子見。
値動きと配当を眺めつつ、動きが出ることを期待しています。
とっても元気なFTSE 100 。
ジリジリと高値を更新してますが
高値権のポジションを決済して不測の事態に備えることにしました。

今はVIX指数が下落し「総楽観」状態なのがブキミですよね。
専門家も「そろそろヤバイ」とする方から
「まだ上値を追う。ドル円は115~118円を目指す」とする方まで
あちこち探っていると、訳が分からなくなります。
で。持ち越すポジションを減らして月末に備えることに。
上か下か。
どちらにしても、月後半には動きが出てきそうです。

さて。
月曜日の大腸の内視鏡検査で、ポリープが見つかり切除してもらいました。
2年ぶり3回目(笑)で、週明けに悪性かどうか聞きに行きます。
しかしまぁ。これだけ続くと、ワタシができやすい体質なのか
微小なポリープが顕在化するのに時間がかかってこうなるのか
お医者様に聞いてみたくなります。そろそろ落ち着いて欲しいな。

しかし・・・。
この5年間に大腸ポリープ切除(3回)や未破裂脳動脈瘤手術。
人間ドックと医療保険の有難さを痛感します。
「健康にあまり神経質にならない方が良い」とされる方もいますが
大腸ポリープはガン化の恐れもあるし、脳動脈瘤の破裂はもっと怖い。
結局、定期検査で「早期発見。早期治療」がベストなんだと思います。

さて連休明けは?

ゴールデンウィーク。
博多へのマイレージ消化の旅も無事に終わりました。
日経225 は19,700円台半ばを付け
ニューヨークダウも、FTSE100 も堅調な値動き。
「高値掴みで失敗した」と思ったけど
遊びに行ってる内に含み益へと転じてきました。

フランス大統領選挙はマクロン氏が優勢のようで
右派のルペン氏は旗色が悪い様子。
市場はマクロン大統領を織り込んでいるようなので
予想通りの結果になれば更にリスクオンが進むかも。
逆にルペン氏が当選すれば
日本の市場の影響は相当大きくなるんでしょうね。
見てみたい気もするけど、流石に今回は難しいかもしれない。

建てたポジションは今更どうしようもないので
運を天に任せるしかありません。

明日は2年ぶり3回目の大腸内視鏡検査。
ポリープが見つかれば切除してもらいます。
下剤の準備も整い、憂鬱な日が近付いてきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。