プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

「せま割20」ふたたび

「せま割20」がリリースされて、ほぼ1ヶ月が経過しました。
M2Jのリピートレポート(4月10日号)で
豪ドルのバックテストの結果(3/5~4/6)が報告されていました。
それによると「せま割20」を使った時の方が収益が良かったそうです。

ふぅ~んんんんん。そうなんやぁ。考えることしばし・・・。
豪ドルはそのままにして、キウイを「せま割20」に変更する事にしました。
理由は以下の通り。

1.豪ドルとキウイはその値動きが似ていること。
2.リピートレポートによると、キウイの総推移と高低差が小さくなりつつあること。
3.スプレッドが豪ドルよりも大きいこと。

M2Jでキウイの取引をすると、手数料が往復10pips+スプレッドが8pipsです。
つまり1000通貨で500円稼ごうと思ったら、68pips動かないと約定しないことになります。
上記の2と3を勘案すると、これまでよりも約定しにくくなることが推測されます。
先日の雇用統計のときには、このスプレッドが20pipsに広がった時もあったようです。
(もっともこれはキウイだけでは無かったようですけんど)
幸い豪ドルも円高が進み82円台に突入しましたので、
トライしてみても面白いかな?と思った次第です。

とはいえ今はトラリピレンジの下方にあるため、
少しずつ従来型から変更していきます。
豪ドルのトラリピは81.50までしか仕掛けていないので、
今回の結果によっては豪ドルも「せま割20」にするかもしれません。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント