プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「せま割20」をどうするか

「せま割20」を多用すると決済回数は増えるでしょうが、
その回数の割に利益が伸びない・・・といったジレンマを感じることになりそうです。
しかしながら狭いレンジで決済が進むことで
値動きが乏しい時でもワークしてくれるような期待もあります。

当初は「せま割20」の導入を通貨毎に変えようかと考えていました。
けれども値動きは全く予想がつかないので、
なるべく通貨によって差はつけない方がいいように思います。

こうして豪ドル、キウイ、カナダドルに仕掛けていたトラップに、
米ドルを加えてアレンジしていきます。

1)豪ドルはボラティリティが大きいので敢えて「せま割20」は使わない。

2)キウイとカナダドルは20pipsの「せま割20」と
  50pipsの「従来型」とをブレンドして仕掛けてみる。

3)米ドルは全て10pipsの「せま割20」を敷き詰めてみる。

M2Jでは今まで無かったサービスなので
とりあえず「せま割20」を仕掛けて検証するしかありません。
10pipsと20pips。
そのパフォーマンスの違いは、実績として追々分かってくることでしょう。
それを踏まえて改めて手直しすることにします。

さぁ。これで準備は整いました。
どんな結果が待っているのか・・・、とても楽しみです。
今の段階で設定は終わっていますが、
先輩方のブログ記事を拝見して又変えるかもしれません。
「優柔不断」と笑わないで下さいまし。
トラリピは仕掛けを考え、設定している時が一番楽しいと思うから。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。