プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールで楽しかったこと

シンガポールの目的は街歩きとショッピングでしたが、
事前にリザーブして楽しみにしていたのは、
アフタヌーンティーやハイティーを味わうことでした。

JCB PLAZA さんのお力を借りて
シンガポールに行く1ヶ月以上前から
狙いをつけたレストランを予約しました。

まず12月30日(日) 15:30~
ラッフルズ・ホテルのティフィン・ルーム。
ハイティーをいただきました。
リサーチしてみると、
あんまり良くない書込みもあったのですが、
大変ステキなひとときを過ごすことができました。
優雅にサーブされた三段トレイ。
サンドイッチやスイーツは大切にいただきました。
併せて飲茶やスイーツのブッフェは数回お代わりしました。
殊にスイーツは甘すぎないオトナの味。
あまり甘すぎるとお腹の前に舌が拒絶しますが、
こちらはそんな事もなく
晩御飯もいらないほど、しっかりと堪能しました。
日本人も多かったですが、
いろいろな国の人たちが見事なハーモニーを味わっていました。

そして1月1日(火) 14:30~
リッツ・カールトンのチフリーラウンジ。
こちらはニューイヤーのスペシャル・メニューで、
アフタヌーンティーをいただきました。
三段トレイはなく、
サンドイッチ、飲茶、スイーツなどのブッフェを
自由に心行くまでいただきます。
サンドイッチで飛ばしすぎた隠居おやぢは、
とうとう全てのメニューをクリアできませんでした。
1時間弱のピアノとギターの生演奏を
しっかり2ステージ楽しみました。

どちらのレストランもそれぞれのカラーがあり、
楽しい雰囲気と時間を味わうことができます。
シンガポールに行かれる方は、
よくリサーチをして複数のレストランで
異なる午後のひとときを過ごされてはいかがでしょうか?
いやホントに良かったと思います。
JCB PLAZA さん。ありがとうございました。

そしてもうひとつ。
何としても観たかったのが、カウントダウンの花火。
どんな形容詞を並べても陳腐になるくらいのスケール。
いやもう、本当にお見事でした。
この花火を観ただけで、来た甲斐があったっちゅうもんです。
日本の年明けはもっと静かで、
ある種おごそかな雰囲気も漂いますが、異国の地は違いますね。
でも世界各地の新年の様子が報道されていましたが、
シドニー、ロンドン、パリ、上海などを見ると
「上には上があるなぁ~」と思いました。
来年もどこかの花火を観てみたいものです。

年が明けて、
タクシーに乗ると運転手さんが、
ドアを開けてくれるホテルマンが、
「A Happy New Year!」のご挨拶。
「わ。こんなん、映画でやってたやん!」と
ミョーなところで感動しました。

困ったり驚いたりもしましたが、
なかなか新鮮で楽しい旅でした。
え?もう一度行きたいかって?
う~ん。他にも行きたいトコが多すぎて。
次回はいつのことやら・・・・。

スポンサーサイト
CATEGORY:海外旅行

THEME:シンガポール | GENRE:海外情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。