プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

野村證券のセミナーに行った。

昨日は野村證券のセミナーに行って来ました。
「為替・マーケットの動向を見る!~負けにくい運用手法~」
というものでした。
口座は開設していませんが、面白い話は聞けないかと興味津々でした。

日本は欧米に続いて(大胆な)金融緩和に取組むので、
今は金融相場の最中で為替も株も上昇している・・・。
今後はそれが業績相場に移行するので、
欧米に比べて割安感のある日本株はまだまだ上昇の余地がありますが、
株の銘柄選定は難しいので、小型株をターゲットにしたファンドはいかが?
といった提案でした。
更に安倍内閣はインフレ目標を年間2%に置いているのは周知の通り。
今後金融緩和を推進して行っても、預金金利は上がらないので、
銀行に預けていても資産価値はドンドン目減りしてしまう。
なので流動性資産以外は、ある程度の利回りで運用することが必要、
とするもので、債券のウエイトの高いファンドで運用されてはいかが?
という提案でした。
2%のインフレ目標ということは、
10年で20%の資産が目減りする可能性があるという事ですもんね。
投資対象を分散すると同時に、購入する時期を分散することも必要なので
ファンド積立をしたらいかが?というものでした。
為替についてもまだまだ強気で、数年先にはドル円は120円目標という
お話もありました。

なるほどぉ。
してみると先日来バタバタしていた定期預金の預け先ですが、
0.1%の金利差を気にするよりも、今後の運用方法について考える方が
大切ということになりますね。
確かに今迄は、預金金利の高い銀行を探して預け替えをしていましたが、
今後は発想を大きく変える必要があります。
講師曰く「去年とは投資環境が大幅に変わった・・・」

またFX運用をしている口座の証拠金は
その全てを充てている訳ではなくて、急激な円高に振れた時に
すぐに動かせる資金として一部を銀行に預けています。
けれども為替の下値不安がやや遠のいたいま、
証拠金のプールは少し減らしても良いかもしれません。

隠居おやぢは証券会社で積極的な運用はしていません。
銀行さんを通じた証券仲介のカタチで口座を持っていますが、
それ以外で唯一あるのがSBI証券。
住信SBIネット銀行と併せ持つことで利便性は格段に向上します。
実際振込やATMの使い勝手の良い事はご存知の方も多いと思います。

今回新たな預け先として楽天証券に口座を開くことにしました。
具体的な運用方法は決まっていませんが、
銀行預金でそのまま置いておくのではなく、
新たな方法を検討できればと思っています。
取扱っている商品はSBI証券と近しいかもしれませんが、
敢えて分けることでメリットもあるのではないかと思います。

将来隠居おやぢが隠居ぢぢいになるに従って、
徐々に金融機関の数も減らして管理しやすくしたいと思います。
先日口座を開いたSMBC日興証券では外貨を運用し、
別の証券会社では円を(投資信託などで)運用することになるのでしょう。

もう何年も資金移動の無い金融機関は、解約してしまいましょうかね。

閑話休題。
今週に入ってキプロスに端を発した欧州不安により、
クロス円はジリジリと下げる展開です。
お陰様でクロス円の決済は一切無く、少しだけポジションが仕込まれ
後は結果を待つだけになっています。
一方ユロ円は今週の稼ぎ頭です。
このまま1.300を切って、今後も推移していくのでしょうか。
早いもので週半ば。
クロス円の巻き返しに期待したいと思います。ではまた。
スポンサーサイト
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

COMMENT

No title

隠居おやぢさん。こんばんは。

本当に勉強熱心ですね。すごいです。
私も見習わないと。
確かに株個別は私も持っていますけど選定するのに手間がかかり、収益確保まで時間がかかる気がします。
もちろんデイトレでやっている人は別だと思いますが。
それを考えると個別株よりはファンドの方がよいでしょうね~。

トラリピ君、今ドル円オンリーなのですが、今後どうしようか迷っています。何かいい案ありましたらまたアドバイスなどください。
ユロドルは大成功でしたね。

ではでは。

No title

今メールを出したのですが届いてますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント