プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

コア・レンジにトラリピ

トラリピの仕掛け方には、2通りあるように思います。
証拠金の範囲内で、想定範囲内にビッチリとトラリピを敷き詰める。
史上最安値を越えてもロスカットしない資金管理を行い
「放置プレイ」を原則とし、本来のトラリピの姿に近い(かもしれない)。
もうひとつは、ある程度予想されるレンジのみに仕掛ける方法。

勿論双方とも一長一短があります。
ビッチリ敷き詰めると、急激な動きにも対応できるので
チャンスを逃すことがありません。
ガツンと下げて一気に反転。トラリピの醍醐味をしっかり感じられます。
でも反転しないとき・・・、この恐怖感ったら無いです。
史上最安値は決してブレイクしない・・・。そんな法則はありませんから。

これに対しある程度レンジを定めてしまうと、
外れたときには収益の機会を失います。
でも無闇にポジションが立たないので、
少ない資金で仕掛けることが可能になります。

最近の隠居おやぢは、
すっかり後者の仕掛け方になっています。
特にサイバーエージェントのキウイ円に関しては
ごく限られたレンジに仕掛けるようになりました。

で。こんな事を考えました。
M2Jでは毎週月曜日に「週刊トラリピレンジ」で、
予想コアレンジが発表されます。
ココだけにトラリピを仕掛けたらどうなるのかな?
メリットは証拠金が少なくて済みます。
そうですね。今の半分くらいでも余裕かもしれない。
毎週金曜日に発表される
外為どっとコムの「週刊 注目の高金利通貨」を参考にして
週末に微調整。
日曜日にセントラル短資から発表される
「ウィークリー投資戦略室」で翌週の仕掛けを決める。
ただひたすらこれを繰り返してみる。
週に1~2回の決済を目指すのであれば、
これでも全く問題無いように思いますが・・・。

因みに今は77.00~79.50に50銭毎に6本のトラップを仕掛けています。
昨日の「週刊 注目の高金利通貨」は77.00~80.00でした。
ある程度下値は限られ、上値は重く狭いレンジで動くってカンジでしょうか。
明日のセントラル短資のデータを元に微調整をして、
月曜日のM2Jのデータでさらに修正して備える。

ということで余分な証拠金を引き出して、
トラリピを集中して仕掛けてみることにします。
限られた本数で、より高い利益を求めるので
利幅も均一にはしないつもりです。

さてさて。どうなることやら・・・。

スポンサーサイト
CATEGORY:外為どっとコム

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー

COMMENT

No title

隠居おやぢさん。こんばんは。

私もどちらかと言うとコアレンジに敷き詰める方です。

ユロドルショートは大成功でしたね。おめでとうございます。

いよいよキプロス問題も休み中か週明けに大詰めです。
いい方に解決してくれると思っていますが少々恐いですね。

もうすぐGWですか。GWはギリシャショックで大負けくらった時なので若干恐怖感がありますね。今だに...

今週もお疲れ様でした。

EDIT COMMENT

非公開コメント