プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

いろいろありましてん。

アナハイム行。
昨年暮れのシンガポール、夏のオーランドに続く個人手配の旅。
サポートしていただいたのは、例によってミッキーネットさん。
メールによるやり取りでしたが
距離を感じさせないサポートをしていただきました。
お陰様で特にトラブルも無かったし
ロストバゲージも無く、メデタシメデタシでした。
でもね。
いろいろありましてん。

隠居おやぢは英語があきまへんねん。
カタコト英語にも及ばない
英単語の羅列でコミュニケーションを図りますねん。
それでも先方の言ってることは
ある程度理解できていると思っていました。
グアムやシンガポール、オーランドでも。
何が違うのか分からないけど・・・。
相手が何を言っているのか理解できない、というのは
今回初めての経験でした。恐るべし。アナハイム。

隠居おやぢは和食至上主義ではありません。
これまでどこに行っても、その国の味を楽しんで来ました。
でも今回はチョイと勝手が違いました。
何て言うのかな。
店は変わっても、同じようなメニューしか巡り合えませんでした。
ハンバーガー、サンドイッチ、イタリアン。
味が合わないんじゃなくって
「タマには毛色の変わったモノが食いてぇ」という欲求が
満たされなかったということですね。
そんななか、最後に訪れた「ナパローズ」。
ここは良かった!プライスもボリュームも。
繊細だけど濃厚なリゾット。
塊で供されたステーキ。
デザートも最高でした。出てくるの遅かったけど。
ここ以外は「何か違うよなぁ~」と思い続けました。
「ブルー・バイユー」で供されたメニューも
少しイメージが違ったし・・・。
そんなこんなで、お料理に関しては噛み合わず
ちょっと残念でした。

アナハイムでは無駄遣いせずに済みました。
舞浜のように
可愛いステーショナリーやお菓子が少ないんですよね。
オーランドとかぶってるものも多いし・・・。
それなりにお買物するつもりで乗り込みましたが
クレジットカードを切る必要もありませんでした。
仕方なくディズニードルに両替して、お土産にしました(笑)。

今回初めてスーツケースの中がチェックされていました。
不審人物に思われたのでしょうか??
どういった基準なのかは分かりませんが
キチンと「痕跡」を残してくれているので
驚きつつも新鮮な感覚に包まれました。

ディズニーランドホテルのレジのおばちゃん。
東京ディズニーランドのオープニングスタッフだったそうな。
英語力が乏しく、ロクに会話もできなかったけど。
「Happy New Year! 今日から2014年なのよ!」と
明るく話しかけるチャーミングな方でした。

良かったことも、残念だったことも、全てステキな想い出。
オーランド、アナハイムを知って
更に舞浜に行きたくなりました。
7月3連休の予約が、間もなく始まります。
スポンサーサイト
CATEGORY:海外旅行

THEME:アメリカ旅行 | GENRE:旅行

COMMENT

No title

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

そしてアナハイムからおかえりなさいませ(^ω^)
アトラクションたくさん乗られたのですね!
ディズニーづくしのなんとも幸せな年末年始・・♪
でもお料理はちょっと残念でしたね。

今年もたくさんのご旅行をご予定されているのでしょうか。
素敵な1年になりますように♪
どうぞよろしくお願い致します(^ω^)

まぁ!!なんと…。

海外たくさん行かれてるし、個人手配で旅行されているので、勝手に英語ぺらぺらと思い込んでいました(すみません)。
旦那様が感銘を受けていました(*^^*)
アナハイム、人によって私もさっぱり聞き取れませんでした。と言うか、聞き取れていてリピートすると、相手がうんうんと頷くんですけど、頭に入ってこないというか。
ディズニードルに換えるの忘れていました(寄るのが面倒だったとも言う)。
シンガポールはどうでしたか?
今回、日程調整でシンガポールを検討に入れたのですけれど、空席も出ないし、熱帯だし(旦那様が蒸し暑いのだめ)、マラリア心配だし…。
でもUSSあるんですよね…。
近いしなぁ。
よろしければ感想をお聞かせください。

yucaさん

あけましておめでとうございます。

寒い日が続いてますので、お体には十分にお気をつけ下さいまし。
なんせ先が短いので、ヤリタイ事や行きたいトコは沢山ございます。
お財布と相談しながら計画して行きます。

今年も宜しくお願いします。

あしゅりぃ~さん

先日旅行代理店に行ったら、隠居おやぢよりも少し年配のオバサマが来られていました。
彼女達の海外旅行は、基本的にツアーで自由時間の少ないものを好まれるようでした。
でも集合時間が決められ、行きたくもない店に連れて行かれ、馬鹿高い料金を支払うよりも個人手配の方が魅力的に映ります。
そりゃあトラブルは怖いけど、海外からも日本語のでけへん人が多数お見えになってますからね。
エエ大人がツアーでないと旅行がでけへんのが、オカシイのだと思いますよん。
ただ隠居おやぢの場合、個人手配で行ってみようと思うのは
アジアの治安の良い国と先進国限定ではありますが・・。
何をされるか分からない、何を食わされるか分からない中韓は論外だし
南米に個人で行くのには抵抗があります。
でもね今回、多くの日本人とすれ違いましたけど
それほど英語が堪能でない人でも、個人で来ている方はソコソコいらしたようですよ。
深いコミュニケーションが取れないのは確かに残念ですが
それよりも旅の自由度を優先させたいです。

シンガポールは一昨年カウントダウンに行きました。
USSには行かなかったなぁ。
そもそもUSJですら、もう3年くらい行ってないか・・・。
中韓以外の殆どの国は、一度行っても「また行きたい」と思っていますが
シンガポールは数少ない例外のひとつです。
個人的にはマレーシアの方に行きたいと思いました。
ショッピングならグアム、ちょっとしたセレブ感を味わうのであれば、バリの方が好みです。

ご丁寧にありがとうございます。

エエ大人なのにすいません…m(__)m
私の場合は、航空券とホテル(一カ所滞在)と空港からの送迎がセットのものが好きですね。
現地ツアーやレストランなどは、自分で別途手配します。
何せ、あまり丈夫じゃないもので…時間が決められ朝っぱらからバスに乗せられあっちこっち連れ回され数日間で何カ国も回るなんて、体が持ちません(苦)。
シンガポール、微妙なのですね…。
詳しくご回答くださり、ありがとうございました。

あしゅりぃ~さん

何だかトゲのある言い回しをしちゃいました。
申し訳ありません。

ワタシも最初の頃は、ツアーの方が気楽でイイと思ってました。
でも今では、可能な限り、自分の足で行きたいところに行く、という風に変わってきました。
やっぱり旅は連れて行って貰うものではなくて、積極的に楽しむものだろうと思っています。
自分達で考えて判断していくのは失敗もありますが
それも含めて全てが良い旅の思い出です。

あしゅりぃ~さんのように
現地ツアーやレストランをご自身で手配されるのも
旅の楽しみのひとつですよね。
インターネットの普及で英語が堪能でなくても、情報収集や様々なツアーの手配ができるようになりました。
目イッパイ楽しみたいと思っています。

暇に任せて噛みついてみると…

「エエ大人がツアーでないと旅行がでけへんのが、オカシイのだと思いますよん。」

わたし、悩むんですよ。
幾つになったら大人?何が出来たら大人?
交通機関では15歳で大人料金だし、法的には20歳で大人扱いだし…。
それは置いといて、「出来ないことを出来る人にやってもらう」のがサービス業ですよね。
医者しかり、レストランしかり…。
わたしも基本的に自分で出来ることは自分でやります。
スーツのクリーニング、制服の丈のお直し(プリーツスカートは実に大変)、庭木のお手入れ…。割と業者に頼む人が多いことでも、出来ることは自分でやりたい派です。
でも、わたしが出来ることをほかのお母さん方が出来ないからって、「オカシイ」とは思いません。
実際姉など、子供の体操着入れなどは全部母にお願いして作ってもらっていましたから(笑)
自分が出来ないからこそ、相手に感謝しつつ対価をお支払いする。
それじゃ駄目ですか?
実家の近所のオバサマはとってもパワフルで、毎朝某有名ハンバーガーショップで働き、しょっちゅうパッケージで海外旅行されていました。「座ってるだけであっちこっち連れてってもらえるやろ」って。
いけませんか?
どれを選ぶかは自由だと思うんです。
隠居おやぢさんは、あなたなりの旅行を…。
オバサマ方は、オバサマ方の目指す旅行を…。
どちらも「オカシイ」なんてことは無いと思います。

あしゅりぃ~さん

それは当然のことだと思いますし、その方が置かれている状況によって異なるのは当たり前だと思います。

子どもさんがいる方や年配の方は、やはりツアーのサポートがあった方が安心でしょう。
ワタシとて南米や中韓に、個人で行こうとは思いません。

たまたま私の場合、ツアーで参加することに物足りなくなってしまって、料金も旅程も自由になる個人手配に、より魅力を感じているという、ただそれだけのことです。
で。ひとたびその魅力を感じてしまうと、更にそんな旅をしてみたいと思います。
最近はシニア層でもバックパックひとつで、海外を放浪する方もいると聞きます。
いつかはそんな旅にも挑戦してみたいと思っています。


EDIT COMMENT

非公開コメント