プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

金銭信託

隠居おやぢ。あと数ヶ月で54歳になります。
これから何年くらい生きられるのかな、などと時々考えます。
東京オリンピックは、ちゃんと見られるように頑張りたい。
でも10年先とか15年先はもう分からないですね。
3歳違いのヨメと揃って、いつまで元気に人生を愉しめるのか・・・。

あ。悲観的になっているのではありません。
若い頃は資金運用と言えば「増やすこと」が第一義でした。
しかもできるだけ大きく育てることです。
無駄遣いしないで、節約しながら、将来に備えるというものです。
でも、ある程度の年齢になってくると
リスクを取って増やすことを考える一方で
今の生活を豊かにするために
うまぁ~くおカネを使う方法を模索するようになりました。
今までの人生の中で、おカネをためる経験は何度もありましたが
使うことには慣れていないのかもしれません。

母親には「おカネが無いのは首が無いのと同じ」と教えられ
高金利のローンを組んで、借金することの怖さを知り
極力クレジットカードは使わないようにする。
そんな生活を長く続けていると
隠居おやぢのような人間が出来上がります。

隠居おやぢはトラリピくんで、生活費の捻出を目論んでいますが
今ある資金をうまく使っていくことができれば
それほどリスクを取らなくてもよくなると思います。
精神的なゆとりも生まれ、寿命も延びるかもしれない!?

何か良いものは無いかと探してみると
自身や遺族が資金を計画的に受け取れる金銭信託を見つけました。
今から年金保険に入ると、一定期間据え置かなくてはなりませんが
これなら比較的取り組みやすそうです。
死亡時に口座が凍結されない、というのも魅力的です。

こうして自分に合った金銭信託を求めて、銀行巡りを始めました。
信託銀行だけでなく、一般の銀行での取扱いもあり
しかも商品内容も様々で、預入金額も異なります。
何も考えずに定期預金に置いておくよりも
おカネを「活かす」という意味で、前向きに検討したいと思います。
キレイなお姉さんやら、強持てのオッサンとお話ししながら
お勉強させていただきます。

今日もカワイイお姉さんに、ご教授いただこうかしらん。
銀行はキャバクラや無いっちゅ~ねん(笑)。
スポンサーサイト
CATEGORY:預金

THEME:お金の勉強 | GENRE:株式・投資・マネー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント