プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

近鉄百貨店「ワールドウオッチフェア」

4月24日から行われている近鉄百貨店の「ワールドウオッチフェア」。
ヨメと一緒に行って来ましたよん♪ 
近鉄さんのウオッチフェアはね~、あんまり好きぢゃないんですよね。
大丸心斎橋店のように、新しいブランドがスポットで入る事もなく
決まったブランドさんのニューアイテムを見る機会。
入口から近鉄百貨店のネームプレートをつけた男性が
ジャマになるほど立ち並び、ある意味物々しいカンジです。
そのくせカウンターの中には人が少なく
「すんません。コレ、ちょっと見せてもらえます?」と言いにくい。

スタッフと話していても、
別のスタッフがお得意を連れて来ると、それも中断しなくちゃならない。
後から来たお金持ちをカウンターの兄ちゃんと
別の偉そうなオッサン数人が取り囲んで、商談に入っていく・・・。
お得意さんや招待された方にとってはいいんでしょうが
隠居おやぢのような者にとっては
大変居心地の良くない、購買意欲のそそられない場面ですね。
陳列されているアイテムが気に入らないというのではなく
「客として相手にされていない」感が強いので
いっつも見るだけで終わっちゃいます。

そんな中でパテック・フィリップのスタッフに聞くと
まだ日本のプライスは他国に比べると割安なんだそうな。
日本だけを見ていると
「価格改定=値上げ」が繰り返されている訳ですが
割安な日本のプライスが修正されつつあるということでしょう。

パテック・フィリップのモデルで
100万円台で手に入るものは、もう殆ど無くなってしまいました。
先代のノーチラスは150万円台だったし
6年前にヨメに買ったカラトラバは160万円台でしたから
何だかもう隔世の感があります。
特に時計だけでなく
ジュエリーやバッグなども、ドンドン高くなると思うので
早い目に決断するしか無いんでしょうね。

現行の3針のノーチラス、ステンレス仕様はケース径40mmで
隠居おやぢのものよりも一回り大きくなっています。
この何の変哲も無い時計が270万越えって・・・(絶句)。
腕時計は想像を絶する価格帯に突入し
フェアに行っても、もう指を咥えて眺めているだけ。
「相手にされなくても仕方がないか」って思っちゃうんです(笑)。



スポンサーサイト
CATEGORY:ファッション

THEME:腕時計 | GENRE:ファッション・ブランド

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント