プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所有権移転申請

実家の共有私道部分の所有権移転登記ができていない・・・。
今から12年前に相続したときは、宅地と住居のみ手続きして
そんな事は完全に見落としておりました(恥)。

慌てて父の原戸籍やら除籍やらを引っ張り出してきて
更に必要な書類を整え、手続の準備に取り掛かります。
隠居おやぢの場合、他に相続人がいないのでシンプルなものですが
世の中ではフクザツな案件も増えてくるのでしょうね。

大昔のことで、すっかり忘れてしまっていたので
インターネットの情報を参考に、申請書類の準備をしてから法務局へ。
別に法を犯しているわけでは無いのですが
法務局の人って「シロウトは司法書士に任せとけや」
みたいな感覚が残っている人が多いのでしょうか。
人を見下した居丈高な対応に呆れることしきりでした。
そもそも不動産の所有権移転登記なんて
人生でそう何回も経験することでは無いので
表面的には大人の対応をしましたけど。

驚いたのは平日だというのに、登記相談に訪れる人の多いこと。
中には結構年配のご婦人が書類を沢山抱えて
ほとんど申請準備もしないまま来ていること。
なるほどね。こんなのを毎日相手にしていたら官僚的にもなるかァ。
一般の人は「戸籍謄本の附票」って言われても
よく分からないかもしれへんもん。
聞きに行く側も多少の予習や準備が必要、ってことでしょうか。

ある登記官に聞くと、相続時に所有権移転手続をしない人が多いとのこと。
手続きしなくても固定資産税の請求は届くので
そのままスルーしちゃう人が多いんだそうな。
聞いているだけで、頭がクラクラしちゃう話です。
先立つ人はいいけど、残った人々には大仕事に立ち向かうコトになります。

隠居おやぢも間もなく54歳。
できればあと10年くらいは健康体でいたいけど
こればっかりは分からへんもんなぁ。
今までは「どうやって運用して増やすか」だけを考えてきましたが
これからは「どうやって使うか」とか
「どうやって遺すか」ということも考えないといけません。

「遺す」っていうと自分がイチバンに逝くという前提になりますが
この順番もよく分からへんし・・・。
嗚呼!どうしたらええねん・・・?

スポンサーサイト
CATEGORY:戯言

THEME:なんとなく書きたいこと。。 | GENRE:日記

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。