プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホノルル ~2日目~

時差ボケが治りきっていないこの日。
シャトルバスに乗ってアラモアナ・センターに向かいました。
オハナ・ワイキキ・ウエストのカードキーを提示すると
ピンクラインのシャトルバスに無料で乗車できます。

少し早い目に着いたので
屋台で喉の渇きを癒しながら暫しの休憩。
広いモール内をくまなく見て回る。
かなり広いので、どんなショップがあるのかリサーチ。
日本にいる時からリストアップしていた商品をチェックするも
特に収穫はナシ。

途中、ブルーハワイライフスタイルで本場のアサイーボウルを賞味。
日本円で計算するとビックリするようなプライスですが
美味しいことは間違いありませぬ。
ヨメとワタクシ。異なるお味に舌鼓を打ちつつ
「これが本場のアサイーボウルか」と感動した次第。

その後も、日ごろの運動不足を痛感しながら
兎にも角にも歩き続け、モール内を散策した後
18時に予約を入れている
ルースズ・クリス・ステーキハウスに向かいます。
このお店、Tボーンステーキが有名なようですが
ヨメはフィレミニヨン。隠居おやぢはニューヨーク・ステーキをチョイス。
本場のステーキを堪能するには充分なクオリティで
その量の凄まじさは筆舌に尽くせぬものでした。
日本人が少なかったのも良かったですね。
持ち帰ることを前提にオーダーしているカップルもいましたが
やっぱり味が落ちると思ったので、全て食べ尽くしてきました。

ステーキが供されるプレートは鉄板ではなく
陶器製のものを高温にしています。
鉄板だと、折角ミディアムレアでオーダーしても
食べている内にミディアムになっちゃいますが
これだとその心配がなく、ゆっくりと心行くまで味わうことができます。

やや甘口のサイドメニューとデザートのクリームブリュレも
想像を絶する量で、とても2人前はオーダーできず・・・。
しかし。再び訪れたいレストランとなりました。
恐らくニューヨーク・ステーキは300~400グラムくらいあったと思います。
食べきれない時には持ち帰る事ができますが
味と風味を落としたくない方は
慎重にオーダーされることをオススメいたしやす。

食べ過ぎた隠居おやぢとヨメは
大きくなったお腹のため、そっくり返りながら、何とか無事にホテルへ。
この日も時差ボケ解消のため早めの就寝となりました。
そら太るわ。こんなコトしとったら(呆)。
スポンサーサイト
CATEGORY:海外旅行

THEME:ハワイ | GENRE:旅行

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。