プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

舞浜最終日

前日は疲れていたのか・・・随分早く目が覚める。
5時過ぎに外の様子を伺うけれど、あんまり天気は良くない模様。
時々行き交う車や自転車や、ご出勤時のキャストさんを見ると
パーシャルビューであっても、ミラコスタの魅力を十分に堪能でき
改めて「コストパフォーマンスの高さ」を痛感させられます。
その後もチラチラと窓の外を眺めますが
残念ながら大きな動きはありません。
結局この日の朝練はないまま開園時間を迎えました。
お部屋から見ることのできるショーは全て中止となり
早朝のリハーサルも行われない・・・。
パーシャルビューからグレードアップしていたら
さぞかし切ない結果になっていたと思われます。

8時にPSを入れているベッラヴィスタ・ラウンジで朝食。
前日のシャーウッド・ガーデンよりも品数は少ないけれど
落ち着いて食事を楽しむことができました。こっちの方が好き♪
ほぼ全てのメニューを制覇して、すっかり食べ過ぎた2人。
リゾートラインに乗って、ボン・ヴォヤージュに向かい
最後のお買物をしながら、膨らんだお腹が落ち着くのを待つことに。
ホテルに戻ってウロウロしたり、シャワーを浴びたりしても
なかなか元に戻らない。
仕方なくチェックアウト時間ギリギリまで
お部屋から「ミニーのトロピカルスプラッシュ」を見ていました。

今回の舞浜はホテルとクジ運に恵まれましたし
バケパのフリードリンク券も大変良かったと思います。
ただ久々のサマーイベントは、シックリ来ませんでした。
バケパで提供される席も今ひとつだったので
今後の利用については、よくよく検討することになるでしょう。
でも、天気が良くても悪くても、空いていても混んでいても
それなりに楽しめて、その時々で新鮮な経験ができるのが
最大の魅力だと思います。
今回もいくつかの「初めて」を噛み締めつつ、舞浜の地を後にしました。

3連休最終日の東京駅は大変な混雑。
大阪だと何となく「原則左側通行」といった暗黙の了解がありますが
お江戸ではそんなものはなく
めいめいが思ったように歩を進め、キャリーを転がしながら
自由奔放に土産物屋に立ち寄るので、歩きにくい事この上ない。
このため駅構内の散策を諦め
遥か彼方にある総武線近くのコインロッカーに荷物を放り込んで
「銀ブラ」をすることにしました。
特に目当ては無く、歩行者天国を練り歩きます。

・・・と資生堂パーラー発見。
何度も立ち寄りながら、そのプライスに恐れをなして退散した
資生堂パーラー(笑)。たっけぇなぁ・・・(呆)。
でも、そんなにお腹すいてないし
今なら大丈夫かもしれない (何がァ??)。
15分ほどの待ち時間の後店内へ。
あかんがな。すっかりお上りさん状態でおます。
ヨメは自家製ケーキセット
隠居おやぢは和歌山県酒井農園産 白桃のパフェ をオーダー。
美味しかったわぁ。メッチャ高かったけど。
控えめで上品な甘さのクリームに負けない白桃の存在感。
た・た・た・タマラン。
プライスを思うと、もう少し味わっていただけばよかった、と少し後悔。

夕刻。もと来た道を戻り、少しずつ東京駅に近付いて行く。
何となくウロウロと彷徨う内に見つけたブシュロン銀座。
タマタマ通りかかったので、勿論アポイントも入れてないけど
何となくフラフラと入っていく・・・。
そこそこ混んでいましたが
筒型のキャトルペンダントを見つけたので、待つことに致しました。
何年も前にディスコンになったと聞いていたし。
あ。いいなぁ、コレ。
現行モデルよりも安い。ダイヤが入ってないのも好印象。
迷う。どないしょ。困った。時間が無い。
で・・・。一期一会の出会いを大切にすることにしました。
チェーンが短いので、丸カンで繋いで10㌢伸ばしてもらいます。
納期は来月半ば。自宅まで送って下さるそうな。
1時間ほどの内に商談成立。あっという間の出来事でした。
この旅では無駄遣いしないで喜んでいたのに・・・。
最後の最後に、大きな買物をしてしまいました。アカンがな。

脱力の東京駅。
もう歩き回る元気も気力も無く、お弁当買って新幹線に乗り込む。
いろんな意味でホントに疲れましたぁ。ヨメはずっと寝てたし。
自宅到着は22時過ぎ。あ~しんど。お疲れ~♪

スポンサーサイト
CATEGORY:国内旅行

THEME:東京ディズニーリゾート | GENRE:旅行

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント