プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

10月12日・・・

ヨメの誕生日。
今年は、あべのハルカスの56階のレストランZKをリザーブ。
お引越しする事になるとは思ってなかったし
展望台にも行ったことがなかったので
いい機会になったと思います。

エレベーターに乗って
19階にある大阪マリオット都ホテルのフロントフロアへ。
高層階用のエレベーターに乗り換えて、56階へと向かいます。
通された席から見た眺望は、なかなかのものでした。
地上の感覚で通天閣を探すと
その遥か手前で可愛らしい姿を見つけることができます。
いつもより近くに感じる見慣れた建物の数々。
天高く、雲の上から下界を見下ろすような
今までに無い不思議な感覚。
とても刺激的なひとときを過ごすことができました。

こちらのレストランでは
まず洋食・和食・鉄板焼きのいずれかを選び
その中で予算に応じたコースをチョイスする事になります。
洋食と和食では窓際のシートからZK(絶景)を愉しみながら
ロマンチックな食事を堪能できます。
鉄板焼きは、専用シートが用意されていますが
他のグループと相席になってしまうので
今回は洋食をいただく事にしました。

こちらのチョイスが今ひとつだったのか
ディナーは「も少し頑張ってネ」というカンジ。
バケットは暖めて欲しかったし
ヨメがオーダーしたミディアムレアのステーキは
どう見てもミディアムだったし
甘さだけで押し切ったデザートも辛かった・・・(哀)。

洋食・和食・鉄板焼きというコースも
「まだ何にするか決まってない」御仁にはいいのでしょうが
ターゲットが決まっていると中途半端に映ります。
お料理がサーブされるタイミングもマチマチで
ゆったりと食事を楽しむという環境に身を置けず・・・。

ま。今回はハルカスの高層階レストランの眺望が
どれほどのモンか見に行ったというコトで・・・。
お引越しすると、あんまり来なくなるだろうし。

家に帰って、ヨメにプレゼントを渡しました。
木製のお弁当箱は
プラスチックなどと違って、抗菌作用もあり味が格段に違う!
と聞いたので、今年はお弁当箱一式にしました。

なかなか売ってないので
百貨店の和食器売場や物産展などを探して
・浄法寺塗のお弁当箱
・木地師 石原晋さんの箸箱+箸
・舞浜土産 ミニーマウス柄の巾着袋
という寄せ集めグッズになりました。
だってぇ。なかなかエエもんが無いねんもん。

お弁当箱は、外側だけ朱塗りになっていてカワイイ♪
細長い小判型で、おかずとゴハンを別々に入れられる2段構成。
けれども収納時には1段にまとまる優れモノ。
めっちゃ気に入りました(ヨメは知りませんが・・・)。

お箸は、隠居おやぢと同い年の木地師 石原晋さん入魂の作。
「売値とコストが釣り合わない」と仰ってました(笑)。
お弁当箱とは微妙に色が違いますが
朱塗りの上品でコンパクトなアイテム。
めっちゃ気に入りました(ヨメは知りませんが・・・)。

あとは9月に舞浜に行ったときに買い求めた巾着袋。
「お弁当箱。入ってくれるとエエなぁ」
と思ってましたが、大丈夫なようでした。

こうして、ヨメの51回目の誕生日は更けて行きました。
スポンサーサイト
CATEGORY:イベント

THEME:なんとなく書きたいこと。。 | GENRE:日記