プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

国民年金保険料

収入が不安定で少ない隠居おやぢ。
国民年金保険料は減免申請の結果が出てから
お支払いをしております。

民主党政権下では
国民年金保険料の納付書を送ってくるだけで
払おうが払うまいが、完全にスルーしていました。
自民党に政権が移ると状況は一変しました。
アベノミクスの影響で大きな運用益をもたらす一方で
支払が遅れると催告状が届いたり
民間業者にフォローさせたりしています。
民主党と自民党。
年金財政へのスタンスが大きく違う一面が見られ
なかなか興味深いです。

7月以降の保険料減免申請の結果が届いたのが11月上旬。
ほどなくして国民年金事務センターから納付書が届きました。
11月から来年3月までの保険料を12月1日までに納めると
僅かながら前納割引があるので、こちらを先に納付しました。
今月上旬。
今度は前の居住区の年金事務所から
「特別催告状」なるものが到着。
国民年金保険料の納付を促しつつ
不可能な場合は指定日時に来所・相談するよう求めています。
この段階で年金事務所に電話して
納付期限の近いものを先に支払ったことを説明しました。
そして今週に入ってから
現居住区の年金事務所から納付書が届き
民間に委託してフォローする旨の文書が同封されていました。
数日前着信のあったフリーダイヤルが
この民間業者であることに気づきました。

つまり隠居おやぢの下には
3方から保険料納付を促す案内が届いたわけです。
それも支払うべき保険料が決定してから
僅か1ヶ月ほどの間に。
考えようによるんでしょうが
矢のような借金の催促をされているように感じましたよ。
いや払いますよ。払いますけどね。
いくら何でも酷すぎやせんかい?
事務センター・年金事務所・民間業者の連携を
しっかりして対応していただきたいものですね。
印刷費や郵券代だって馬鹿にはならないでしょう?
そもそも納付書が届いてから日が浅いので
「特別催告状」ももう少し猶予が欲しいところです。
気の弱い隠居おやぢは夜も眠れません。

でもね~。これだけ厳しい対応をするのであれば
「外国人は生活保護法の対象ではなく、受給権もない」とする
最高裁の判断を速やかに実行してもらえませんかね。
勿論取り扱う役所が異なるのは承知していますが
日本国民には厳しく
外国人(特に在日韓国人・朝鮮人)に甘いのは
いかがなものかと思いますね。
スポンサーサイト
CATEGORY:戯言

THEME:なんとなく書きたいこと。。 | GENRE:日記