プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決済トレールの威力

週末の雇用統計を好感して、久しぶりに米ドル円は動きました。
厳しい見通しもあったようですが
上に抜けることを信じて
米ドル円とユーロ円のロングを仕掛けました。
米ドル円は1,000通貨毎に利幅20pips のトレール決済(115.00~)
ユロ円は1,000通貨毎に利幅20pips のトレール決済(133.00~)と
「せま割20」(133.05~)を織り交ぜてみました。

個人的な2月の目標はとにかくポジションを軽くすること
今後は、若干円高になると思っているので
高値掴みのポジションをできるだけ減らしたいと思ってました。
週末の動きで、ほんの少しだけ身軽になり
来週は更に決済が進む希望が持てるものとなりました。
今後、米ドル円は121円、豪ドル円は95円を目指して欲しいものです。

週の初めは仕掛ける通貨やスタンスが定まらず
設定しても手動決済、またやり直して損切り・・・を繰り返しました。
いきなりのマイナススタートでしたが
兎にも角にも、プラスで締めることができて良かったです。

そんななかで設定したM2Jのトレール決済でしたが
結果は以下の通りでした。

米ドル円
総決済回数14回で
収益金額は、1,400円・1,200円・1,000円・800円・600円・400円・
200円、それぞれ2回ずつでした。

ユロ円
総決済回数は6回で
収益金額は、200円×3、400円×2、600円×1 でした。

ひたすら上値を追い、順調だった米ドル円と思惑の外れたユロ円。
叩き出された結果に明暗が生まれました。
程度の差こそあれ
こうした結果を見ると、今後に大いに期待できます。
スプレッドが大きく、手数料もかかるM2Jですが
新しいサービスは収益性の向上に寄与してくれそうです。


スポンサーサイト
CATEGORY:M2J

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。