プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

特定公社債等 税制改正

2016年1月から税制が変わります。

隠居おやぢの場合
「外債の利払を年金のように受取りたい」と思い
折にふれ外債の購入を図ってきました。
投資信託よりもナマ債の方が低コストなので
それこそ地道に積み上げて参りました。

でも来年から税制が変わります。
イチバン打撃が大きいのは、償還益にも課税されるということ。
外債の償還は外貨のままで受け取り
そのまま新たに新発債を買付けてきましたが
これが行われると、外貨ベースでは変わらないのに
円換算されると利益が生まれ
それに20.315%の源泉徴収が行われる可能性があります。

円高・円安の判断がいつのレートを基準に判断されるのか
よく分からないことにも不安があります。
最初に外貨を買ったのは、もう20年以上も前のことで
そのまま円転しないで現在に至っています。
その間、数多の金融機関を渡り歩いてきました(笑)。
インターネット取引なので、買付時のレートは分かりません(涙)。

税制改正のことは以前から聞いてはいましたが
円転したときに初めて課税されると思っていました。
でももう良く分からないし
少なくとも米ドルに関しては金利が上がるのは規定路線なので
債券の売却価格は、次第に下がっていくことも考えられます。

で。イロイロ考えた結果、外債の売却をすることにしました。
経済情勢を見極めながら、適宜判断できればいいのでしょうが
税制改正は大変大きな問題なので
一斉に売却して、後のことを考えようと思っています。
勿論損失が発生するのは承知の上ですが
外貨で受取れば、少し円安になればカバーできます。

M2Jの証拠金として、再び預け入れることや
外貨建投資信託を買い増すこと
外貨建の一時払終身保険の購入などを検討します。
来週は銀行のお姉ちゃんに相談に行くことにしましょう。
スポンサーサイト
CATEGORY:債券

THEME:資産運用 | GENRE:株式・投資・マネー