プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚊帳の外

クロス円堅調。
でもFX取引の縮小を進めている隠居おやぢは蚊帳の外。
トラリピくんのレンジは逆方向に突き抜け
残したトルコリラ円は切ない値動き。

タラレバやら反省やら・・・、色々な想いが交錯します。
これを忘れずに、今後に生かしていきたいです。

自らの思惑と外れたチャートを横目に
今はポートフォリオの組み換えを進めております。
外債を全て売却して得た外貨を
一部は投資信託、一部はFXの証拠金とするつもりでしたが
安定した収益を確保するため
そのほとんどを外貨建投資信託にすることにしました。

隠居おやぢが保有する外貨は
米ドル・豪ドル・キウイの3通貨ですが
最も古いものはもう四半世紀以上前に仕込んだもので
もう損益分岐点が分からなくなっています。
初めての外貨預金はシティバンクで
確か米ドル円のレートは104~105円だったと記憶しています。
その後何度か仕込んで
外債を買ったり、外貨建の一時払保険にしたりしました。
外債の利回りはピーク時で4~5%。
その利払を元手に更にまた外債を買う。
そんな事を繰り返してきました。
外貨建一時払保険は途中解約しましたが
3万ドルが4万ドル強になったと思います。
豪ドルやキウイも同じような取引をしていたので
もう何が何やら分からなくなっています(笑)。
ただひとつ確かなことは
「いまくらいの為替水準ならプラスなんだろうな」ということ。
つまり多少円高に振れたとしても
それほど気にする必要はないので
為替リスクは随分と軽減されます。
であるならば、黙って外貨を保有するよりもよかろう
とゆうことで投資信託に移行させることにした訳です。

FXとは違ってレバレッジが効かない分
爆発力はありませんが
安定的な収益がもたらされることが期待できます。
爆益も無いかわりに、大損も無いということです。
安定的な収益が担保されることによって
「秋買い」も仕掛けやすくなるし
「休むも相場」が現実のものとなります。

今はその過渡期にあって
トラリピくんの設定レンジを
広げたり増やしたりしていないので
もうすっかり置いてけぼりを食っております(笑)。
でも、5~6月は例年不安定になる時期でもあるので
慌てず、焦らず・・・
あんまりチャートを見ないようにしてます。
・・・にしてもトルコリラ円。も少し頑張ってくれへんかな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。