プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

M2Jのセミナーに行ってきた。

随分久しぶりですね。M2Jのセミナーに行くのは。
決して開催されていなかった訳ではないと思います。
ただ何となく私の足が遠のいていただけなんですね。

テーマは「米ドル・ユーロ・豪ドル 年後半の相場見通し」
講師はM2J FXアカデミア学長の吉田恒先生でした。
吉田先生はかねてから、円安局面への転換を予見されていましたが、
なかなかその実感が無いので不安を感じていました。

間違いだったのか?
状況が変わったのか?
それとも単にモタついているのか?
そのあたりを確認すべく、
梅田にあるヒルトンプラザウエストに向かいました。

結論だけいうと、
7月31日のFOMCを見極めた上で、
8月早々にも円安転換の第2幕が始まるだろうとの事でした。

Σ(゚□゚ノ)ノエー!Σ(*゚◇゚*)ウッソー!Σヾ(*゚○゚)ノホントー!

でもいくつかの過去のデータを元に、その根拠を提示されました。
早速市場が開くまでに、注文を仕掛け直そうと思います。

本家M2Jの口座では、
複数通貨でのトラリピを仕掛けている一方で、
レンジを外れてしまった米ドルやカナダドルのポジションが残っています。
しかしながら今日のお話では、それらが一掃される可能性もありそうです。

またセゾン外貨では
キウイのロングトラリピとスイスフランのショートトラリピを
手動で仕掛けていますが、
スイスフランはもう下抜けてしまって、どうしたものかと思っていました。
今日のお話を聞いて更に追いかけるのは、得策ではないと判断しました。

さらにスワップ目的の外為どっとコム。
吉田先生のお話通りに展開するのであれば、
保有しているポジション以上の円高は期待できそうにありません。
新たなポジションが立たないと、
レバレッジは1倍未満になり、FXの妙味は全く無くなります。
こうなると別のポジションを仕込み直すか、
ダブついた証拠金の一部を引き出すかを選ぶことになります。
当然の事ながら、新たに仕掛け直す方が楽しそうです。

以上のような状況を鑑み、
戦略の建て直しを図ろうと思った次第です。
また例によって
「あーでもない。こーでもない」と考えております。
考えてみると、この時間が一番刺激的で面白いひとときかもしれません。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント