プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

お帰り~♪

大荒れの1週間が終わりました。
この1週間のパフォーマンスを問う前に
とりあえず、吹き飛ばされなくて良かった。

ユロドルは1.1200を切り、「定位置」に戻ってきました。
日足のチャートの急激な上下動は見事です。
ユロドルに比べると、クロス円の戻りは鈍いので
今からでも遅くないかも?と思い
休眠口座のセントラル短資で、キウイ円を仕掛けてみました。
とはいえ、まだ本格稼動は怖いので
現値よりも下方向にトラップを仕掛けただけで
10月末に含み益となることを期待しています。
思惑通りに進めば、手動トラリピくんに移行させます。

しかし・・・。こうなると思うこと。
こんなに早くユロドルが戻るんやったら
決済させずにホールドしときゃ良かったよなぁ。
1.1500 なんてサイコーだったかも!?
ま。撤退せずに済んだので、こんなコトも言える訳ですね。
退場させられないように。
チャンスをうまく生かせるように。
今後に生かしたいと思います。

ある方のブログを拝見していたら
「今回のFX取引でショートポジションで稼いだ人は皆無」らしい。
そうなんや~。
隠居おやぢは怖くて仕込めなかったクチなので
お世辞にも「勝った」とは言えませぬが。
でも予め広いレンジにトラリピくんを敷き詰めず
天井(或いは大底)を確認してから
改めて出動するのもアリなんだな、と思いました。
確かにユロドルは豪ドル円やキウイ円などに比べると
証拠金もチョイとかさみます。
それに値動きが荒く、とてもスリリング(笑)。
トラリピくんの醍醐味を堪能できます。
それに、ユロドルのショートはマイナススワップぢゃないので
充分選択肢になると思います。
米ドル>円>ユーロ という力関係が続くと思っているので
当面の間は、このまま行こうと思ってマス。
ただリスク回避になると円高になるので
どうしてもユロドルは上方向に振れます。
このとき、どこまで駆け上がっていくのか
全く見当もつかないので、レンジを絞り込んでいます。
チキンハートは変わりません(笑)。


スポンサーサイト
CATEGORY:FX全般

THEME:トラリピ(トラップリピートイフダン)実践検証 | GENRE:株式・投資・マネー