プロフィール

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

舞浜再訪

隠居おやぢとヨメ。
これまで重ねてきた時間の中で
舞浜の存在はソコソコ大きいものがあります。
かつては寝台列車に乗って行った事もあるし
夜行バスで往復して
パーク内を駆けずり回ったのも懐かしい思い出。

んで。
とりあえず、大きな手術も無事に終わり
今しばらく、この世での時間をいただいたので
10月3連休に舞浜を再訪することにしました。
ヨメの誕生日も近く、なかなか良いタイミングかも?

10月8日からの1泊はバケパを利用。
宿はミラコスタのトスカーナサイドにしました。
予算の圧縮を第一義に(笑)。
10月9日からの1泊は
アンバサダーホテルのファンタジア・スイート。
このまま行くと
ディズニーホテル初のスイートになります。果たして?

めっちゃ、おカネかかるんですけど・・・。
金額の不確かな医療保険の給付金に期待してまふ(笑)。


閑話休題。
現在発売中の週間ヒュンダイ。
60すぎたら妻に、夫に、受けさせてはいけない「手術」とかいう特集。
隠居おやぢが受けたクリッピング手術も含まれてるんだろうな・・・。
期待を裏切らないところが流石デス。

そもそも、ノーリスクの手術なんてありえへんやん。
親知らず抜くのだってリスクあるねんし。
アタマ触る手術なんだから
病院への信頼とか医師の技量が問われるのは当たり前。
不幸にして、未破裂脳動脈瘤が見つかった方は
自分なりに精一杯情報収集して
患者としての権利を最大限に行使しながら
それでも「自分で」決断するしかありません。
恐怖心と闘い、生への渇望を満たすために
最愛の家族のサポートを得ながら
最後は「自分で決め」て、その身を託すのです。

その時に、こうしたエエ加減なメディアは無視して欲しいな。
そもそも日本のマスゴミは
コイル閉栓術が治療成績が良い、となれば
猫も杓子も、ブタもクラゲも盛んに持てはやす。
患者のカラダへの負担が軽いのは事実だと思うけど
全くリスクが無いわけぢゃ無いし
術後注意が必要なのは、コイル閉栓術だったりもする。

年齢や喫煙暦、飲酒暦、遺伝的要素などを鑑み
場合によっては、それほど時間をかけずに決断するのは
ホントにしんどいねん。
かといって、あんまり時間をかけすぎると
アタマの中の時限爆弾が今日にも爆発するやも知れず・・・。
ホントにしんどいねん。

日本が嫌いな腐ったマスゴミは、全て滅んだらエエのにな。
有益な情報を提供せずに
印象操作や捏造、誤報を垂れ流し
非を認めようとしない、糞マスゴミなんて潰れたらエエねん。

・・・といいながら、来る参議院選挙では与党圧勝との報が。
糞マスゴミ大キライな隠居おやぢも
こうした報道は諸手を挙げて歓迎するのです。
スポンサーサイト

COMMENT

No title

自己責任、重い決断です。嫁に場合は私の選択ミスで人工膀胱になり痛恨の極みです。自分の場合は投げやりだったんですが医者から調べろと言われて納得して手術しました。別の医者で手術しましたがその医者には感謝しています。うちは夫婦そろってなんです。

毎日大事に生きたいですね。

たんちんさん

コメント有難うございます。
酷暑が続いており、病み上がりには本当に堪えます。

自己責任。
若い頃、まるで合言葉のように使っていた言葉です。
最近はその重みをヒシヒシと感じます。
マスゴミは冷静に自己責任をはたす為の情報(メリット・デメリットともに)を
提供するのが使命だと思います。
予定調和のように、結論を一方的に押し付けるべきではありません。
私はヨメに相談し、ヨメのアドバイスも得て、最終的には自分で決めました。
その判断と得られた結果には、心より満足しています。
もしも私と同じような境遇の人が、週間ヒュンダイの記事を読んで手術を見送り
より悲惨な状況になったら、一体どう責任を果たすのでしょうか。
糞マスゴミは、本当に罪深いと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント