プロフィール

隠居おやぢ

Author:隠居おやぢ
リストラで失業に追込まれ、
収入を失った私が出会ったのが
トラリピくんでした。
生活費捻出のために、
しっかりワークしてもらうには
どうしたらいいのか。
悪戦苦闘の日々が続きます。

QRコード
QR
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISA口座開設

楽天証券さんからメールが届きました。
NISA(ニーサ)口座開設のお手続き完了のご連絡
思ったよりも時間がかかりましたね。
開設申込が殺到したんでしょうか。

これで1月から取引できるようになりましたが、
お付き合いの仕方を考えないといけません。
投資収益が非課税になるのは魅力的ですが
損益通算できませんからね。

いま挑戦している投資信託の「秋買い」。
来年の春、納得できる結果につながれば
「NISA」口座と一般口座の両方で
「秋買い」を続けてみようと思っています。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

NISAのセミナーに行ってきた

とある銀行の「NISA」セミナーに行きました。
隠居おやぢはもう開設手続きは済ませていて
日経平均とNYダウのノーロードファンドで
秋買いをするつもりではありますが・・・
「他にどんな活用方法があるじゃろうか??」と思い、行って来ました。
これは邪なキモチからではなく、旺盛な探究心の表れですよん。

会場となる豪華なラウンジで
セミナー前にホットコーヒーを濃い目でいただきました。
平日の午前中という時間帯のせいか、参加者の年齢は高いですね。
うん。いかにも“富裕層”っていう雰囲気の方が多い。
取り扱うセミナーの性格上、自ずと投資信託に触れると思いますが
どの程度商品内容を把握されているのか不安になります。
ま。大きなお世話でしょうけれど。

1時間という限られた時間の中で
その内容はNISAの制度説明に終始しました。
もう少し突っ込んだ話が聞きたかった隠居おやぢにとっては
やや物足りない内容となりました。
各金融機関はキャッシュバック・キャンペーンなどを行って
積極的に口座開設を働きかけてはいます。
でもそろそろ次のステップ
「NISAをどう使うか」といった提案があってもいいと思います。

投資信託は保有期間が長くなれば利益が増える商品ではありません。
よく販売資料などに掲載される株式指数なども
米ドル建てや現地通貨建てであることが多く
円建てで販売される投資信託は、基準価格の動向をより難しくしています。
「為替ヘッジあり」の商品を選ぶことで
そうしたリスクを回避するというのもひとつの方法です。
問題は「5年間」という限られた時間の中で
「損益通算」ができないNISA口座において
投資家がいかに不利益を被らないようにするか・・・
といった提案があっても良いと思うのです。
しかも現在のところNISAは恒久的な制度ではありません。

あまりにも口座開設に軸足が掛かりすぎていて
その先の事は投資家にお任せ・・・。
これだと今までのリスク商品の販売の仕方と
変わらないような気がするのです。
今まで投資に興味を示さなかった人たちを呼び込む
起爆剤になるかもしれないこの制度。
とりあえず口座は開いたけど・・・で止まらないようにする努力も
金融機関には必要ではないか、との思いを強くしました。


閑話休題。
さて米ドル円はあっという間に99.00を超えて来ました。
先日数週間ぶりに立ったポジションも無事に決済されました。
為替王さんもブログで
「円高トレンドが転換した可能性」について触れています。
確かに売買ジャッジでは
買いシグナルが断続的に現れるようになりました。
本日からM2Jのトラリピくんは平常運転に戻します。
楽天さんの方はまだ高値掴みが残っているので
まだ暫くは放置プレイです。もう一段の円安を期待します♪
CATEGORY:投資信託

THEME:資産運用 | GENRE:株式・投資・マネー

隠居おやぢファンド。その後。

為替は大きな動きが無く、
トラリピくんに活躍の機会が与えられていません。

昨年夏「そろそろ円高が終わるかも?」と思って
久々に買った投資信託。
ハイ・イールドとUSリートに続いて、
異なるセクターのファンドを買い増したのは今年の3月。
今では9銘柄に膨れ上がっています。
金額は大したことないけど。
併せて来年から始まる「NISA(日本版ISA)」に向け、
10銘柄に積立投信を始めました。
どういった傾向が現れるか、予行演習のようなものですね。

投資信託については、
「良くない想い出」をお持ちの方も多いと思います。
先日遊びに行った父方の実家。
叔母も5年ほど前に投資信託を手がけたそうですが、
リーマン・ショックの影響で大変な目に遭ったとのこと。

お話を聞いていると、
あまり良く分からないで「銀行さんに言われるまま」
購入していたようです。
個人的には「そりゃあ。アナタも拙かったデショ」と思いますが、
二度と再び投資はしない!と固く決めているご様子。
今後のことを思うと、預貯金だけにしてしまうのは
どうかとは思いますが・・・。

それはさておき、
5月8日の基準価格による投資信託の収益率は以下の通りです。
           (昨年買ったものは除外してあります)

DIAM J-REIT(2ヶ月決算コース)      +9.12%

エマージング・カレンシー債券ファンド        +3.47%

世界銀行債券ファンド           +2.00%

日興GAMエマージングソトラテジーファンド     -5.22%

米国優先証券ファンド           +3.40%

MHAM 株式インデックスファンド225      +16.41%

SMTAM ダウ・ジョーンズインデックスファンド    +7.16%

「え~っ。何でこんなん買ったん?」
というツッコミはナシにして下さいね。
そのときは「このラインナップが最強!」と思ったんですから。
でも「日興GAMエマージングストラテジーファンド」だけが
マイナスになっています(涙)。
かつて新生銀行で買った豪ドル建ての「GAMトレーディングⅡ」の
パフォーマンスが良かったので大いに期待していたのですが、
収支トントンになるまで時間がかかりそうです。

でもそれ以外は、まずまずといったところです。
特に出遅れていた日本株のパフォーマンスがいいですね。
株の売買をされている方の中には、
笑いが止まらない方も多いのではないでしょうか。
今後中長期的には円安からドル高になると思われるので、
今後が大いに楽しみです。

これらの投資信託は、
損失を被らない限り、年内に全て売却いたします。
繰り延べしている投資信託の損失と相殺して
節税するつもりなんです。「取らぬ狸の皮算用」です。
そして銘柄をしっかりと吟味して、
来年から始まる「NISA」に備えるつもりです。
制度そのものは少し先ですが、
利用される方は早い目の準備をオススメします。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

楽天証券とSMBC日興証券

きのう楽天証券から簡易書留が届きました。
ログインIDとパスワードをいただいたので、
併設したFX口座を整えて、少しだけ資金移動をしたりして
取引の準備が整いました。

物事を並行して考えられる方は、あらゆる商品を駆使して
収益機会を逃さないんだろうなぁと思いますが、
隠居おやぢにはまず不可能なことですね。
楽天証券では、積立投資信託を手がけてみます。
それやったら、SBI証券でもよさそうなもんですが・・・。
そうやねえ。住信SBI銀行と併せ持てば鉄壁やもんなぁ。
投信の銘柄数もSBIの方が多いし・・・。
でも「オトナの事情」ならぬ「オヤヂの事情」で
変えることにしましてん。

で。昨日は検討していた投資信託の積立設定を済ませました。
また、他の金融機関で買った投信の移管手続きもしました。
これで楽天証券には殆どの投資信託が集約される事になります。
若干の手数料がかかりますが、これで管理がしやすくなるし、
今後の取引もやりやすくなります。きっと。

SMBC日興証券は先日口座を開きましたが、
三井住友銀行の仲介口座(こちらもSMBC日興証券ですね)にある
外債を全て移管しました。
同じ証券会社内の移管になるのですが、仲介口座では買えない商品も多く
不自由を感じていました。
例えば来月早々に満期償還になる豪ドルやキウイも
次なる預入先は預金しかありませんでした。
新口座では新発債や外貨建てMMF等の預入先が増えるのは有難いです。
外貨建ての資金は、おそらくこちらに集約していく事になるでしょう。

アベノミクスの効果が本当に出てくると
それほど預金金利には、こだわらなくても良くなるかもしれません。
今まではデフレだったので、
資金の預入先も金利だけを考えていれば良かったのですが、
今後は僅かな金利を追いかけても
全てインフレ率で食われてしまう可能性があります。
うまぁ~く、おカネにも働いてもらわなくてはいけませんね。
全てをリスク商品に預けることはできませんが、
「これ、面白いかもしれない」と思える商品に出会いたいですね。
何よりも全幅の信頼がおけるような方と出会えれば、
こんなに楽しくて幸せなことはありません。
・・・という訳で、ようやく身の回りが少し落ち着いてきました。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

野村證券のセミナーに行った。

昨日は野村證券のセミナーに行って来ました。
「為替・マーケットの動向を見る!~負けにくい運用手法~」
というものでした。
口座は開設していませんが、面白い話は聞けないかと興味津々でした。

日本は欧米に続いて(大胆な)金融緩和に取組むので、
今は金融相場の最中で為替も株も上昇している・・・。
今後はそれが業績相場に移行するので、
欧米に比べて割安感のある日本株はまだまだ上昇の余地がありますが、
株の銘柄選定は難しいので、小型株をターゲットにしたファンドはいかが?
といった提案でした。
更に安倍内閣はインフレ目標を年間2%に置いているのは周知の通り。
今後金融緩和を推進して行っても、預金金利は上がらないので、
銀行に預けていても資産価値はドンドン目減りしてしまう。
なので流動性資産以外は、ある程度の利回りで運用することが必要、
とするもので、債券のウエイトの高いファンドで運用されてはいかが?
という提案でした。
2%のインフレ目標ということは、
10年で20%の資産が目減りする可能性があるという事ですもんね。
投資対象を分散すると同時に、購入する時期を分散することも必要なので
ファンド積立をしたらいかが?というものでした。
為替についてもまだまだ強気で、数年先にはドル円は120円目標という
お話もありました。

なるほどぉ。
してみると先日来バタバタしていた定期預金の預け先ですが、
0.1%の金利差を気にするよりも、今後の運用方法について考える方が
大切ということになりますね。
確かに今迄は、預金金利の高い銀行を探して預け替えをしていましたが、
今後は発想を大きく変える必要があります。
講師曰く「去年とは投資環境が大幅に変わった・・・」

またFX運用をしている口座の証拠金は
その全てを充てている訳ではなくて、急激な円高に振れた時に
すぐに動かせる資金として一部を銀行に預けています。
けれども為替の下値不安がやや遠のいたいま、
証拠金のプールは少し減らしても良いかもしれません。

隠居おやぢは証券会社で積極的な運用はしていません。
銀行さんを通じた証券仲介のカタチで口座を持っていますが、
それ以外で唯一あるのがSBI証券。
住信SBIネット銀行と併せ持つことで利便性は格段に向上します。
実際振込やATMの使い勝手の良い事はご存知の方も多いと思います。

今回新たな預け先として楽天証券に口座を開くことにしました。
具体的な運用方法は決まっていませんが、
銀行預金でそのまま置いておくのではなく、
新たな方法を検討できればと思っています。
取扱っている商品はSBI証券と近しいかもしれませんが、
敢えて分けることでメリットもあるのではないかと思います。

将来隠居おやぢが隠居ぢぢいになるに従って、
徐々に金融機関の数も減らして管理しやすくしたいと思います。
先日口座を開いたSMBC日興証券では外貨を運用し、
別の証券会社では円を(投資信託などで)運用することになるのでしょう。

もう何年も資金移動の無い金融機関は、解約してしまいましょうかね。

閑話休題。
今週に入ってキプロスに端を発した欧州不安により、
クロス円はジリジリと下げる展開です。
お陰様でクロス円の決済は一切無く、少しだけポジションが仕込まれ
後は結果を待つだけになっています。
一方ユロ円は今週の稼ぎ頭です。
このまま1.300を切って、今後も推移していくのでしょうか。
早いもので週半ば。
クロス円の巻き返しに期待したいと思います。ではまた。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

「隠居おやぢファンド」

昨年の7月。「長すぎる円高の時代も終わるかもしれない」と思い
恐る恐る買ってみた投資信託。
リーマンショックの傷からココロはまだ癒えず、
本当に「初めて投資をする」かのように買ってみました。
そして今度は異なるセクターのファンドをいくつか買ってみました。

まず前提として、これから伸びるのはアメリカと新興国。
そしてわが国日本であろうと(勝手に)思っています。
根本的な解決に至っていないヨーロッパ、特にユーロ圏は対象から除外。
アジアでは中国と韓国も外しておきたいですね。

去年買ったファンドと同じ額をそれぞれ買付けます。
まず日本に投資するものとして、
日経平均株価に連動するインデックスファンドと
J-REITをそれぞれ1本ずつ選びました。
日本株のインデックスファンドでは、採用銘柄でパフォーマンスが
変動するリスクがあるためTOPIXの方がいいと言われていましたが・・・
忘れてました(哀)。それに僅かにパフォーマンスが良かったので。

アメリカのNYダウに連動するインデックスファンドを1本。
新興国は単一国に投資するものはかなりリスキーだと思い除外。
また株よりも債券に投資するものの方がパフォーマンスが良かったので、
2本チョイスしました。
それから「手数料が高い」ヘッジファンドを加えた6本を採用しました。

見事に(?)「隠居おやぢファンド」の完成。
昨年仕込んだアメリカのハイ・イールドとREITは
既に30%ほど利が乗っているのでリバランスも兼ねて
一部を解約して別のセクターのファンドに振り替えました。
でもタマタマなんでしょうけど、一部のファンドではもう手数料をカバーして
プラスに転じているものもあります。
先週は為替が停滞してましたが、そんな事は物ともせずに上昇しています。

で。昨日クロスパールさんとやりとりさせていただいて、
ふと思いついたことがあります。
来年から始まる「日本版ISA」。
最大500万円までの投資から得られる値上がり益や、配当・分配金が
実質最長10年間は非課税になるというものです。
これを利用すると、投資効率が悪いといわれる(実際そうなんですけど)
毎月分配型の投資信託も完全に複利運用できるって事ですよね?
しかも早い目に運用を始めておくと、
時間をかけることで含み損を減らす事ができるかもしれません。
今回選んだ「隠居おやぢファンド」の銘柄の中から
特にパフォーマンスが良好なものをチョイスできれば楽しいかも?

この制度を利用すると、
隠居おやぢはヨメに毎年100万円の生前贈与を行い、
向こう10年間非課税で資産運用が可能になる、という訳ですね。
う~ん。何やらワクワクするようなお話でございます。
恐らく今まで投資とは縁の無かった方々も
この制度を利用するでしょうから、市場にはおカネが流れ込む・・・。
そうすっと早く手掛ける方が値上がり益も見込める・・・。
人はこれを「とらぬ狸の皮算用」と言います。   ( ´,_ゝ`)

ボツボツこの「日本版ISA」に関するセミナーもあるようなので、
一度足を運んで確認してみようと思います。
証券会社に問合せても、詳細についてはまだ見えていないみたいです。
でもこれから激しいパイの奪い合いが始まるんですね。
私たちはその制度をしっかり理解して、うまく使いこなしたいです。


閑話休題。
セントラル短資の来週の見通しは以下の通りです。
ドル円   93.00-98.00
キウイ   77.00-80.50

どちらも上値が重たくなると予想していますね。
どうしよっかな。
とりあえずドル円とユロ円はそのままにしておいて、
キウイの設定だけ調整してみよっかな。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

SMBC日興証券

三井住友銀行の証券仲介で口座があるSMBC日興証券。
気になる投資信託があったので、早速覗きに行きました。

新生銀行でお世話になっている「GAMトレーディングⅡ」という
豪ドル建ての投資信託がありますが、
同じようなものがないか気になっていました。
モーニングスターのサイトで「GAM」で検索してみたところ
SMBC日興証券で売っていました。しかも1本だけ!
「日興GAMエマージングストラテジー・ファンド」。
新興国の通貨や債券に投資するヘッジ・ファンドになるんですね。
買付手数料は4.2%。たっかいなぁ。でも面白そうやなぁ。

とりあえず口座を開きました。
かねてから保有している外債の移管もできるそうです。ありがたや!
来月から満期が来るのに、償還後どうするか途方に暮れていました。
円高のときは、FXの証拠金にすべぇかと思ってましたが、
相場がかなり動いてきたので、ちょいと情勢が変わってきました。

投資信託のお話も聞きましたが、やはり銀行とは全く違いますね。
こちらの意向を伝えて、それに対する商品の提案をうけましたが、
かなりこちらの考え方を汲んでくれているように思いました。

帰宅後改めて検討。銀行にも確認。今までと異なるのは以下の2点。
・償還金や利払は銀行口座に振り込まれない。
       (自分で資金移動をしなければいけない)
・一定の基準をクリアしなければ、年間3,000円の口座管理料がかかる。
でも今後の事を考えて、移管手続きに踏み切る事にしました。
今後金利が上昇する事があれば、かなり使い勝手が良くなりそうです。

投資信託の買い方として、
銀行では「様子を見ながら、何度かに分散して」というアドバイスでしたが、
日興SMBCでは「予算の範囲内で、とにかく早くいちどきに」と
言われました。
今は上昇相場なので、タイミングを見すぎると参加できなくなるからだそうです。
なるほどね。このへんはスタンスによって見解の分かれるところですね。
正解は無いと思うので、自分で決めるしかありません。

ほぼ銘柄も決めて、ボツボツ買い進めています。
果たしてどうなるんでしょうか。これはこれで楽しみですね。


閑話休題。
3月22日  ハリー・ウィンストン価格改訂(値上げ幅未定)。
昨年8月に続いての値上げです。恐らく円安の影響が大きいと思います。
ドル円は20%ほど円安に振れているので、
上昇幅はかなり大きくなるかもしれませんね。

4月10日  ティファニー価格改訂(平均10%値上げ)。
10%って結構控えめな感じがしますね。
短期間に改訂を繰返すか、上昇幅を大きくして回数を減らすか
とっても悩ましいところですね。

宝飾品ですし、このあたりの価格改訂は仕方がないでしょう。
でもプレゼントを検討されている方にとっては大問題!
特にハリーはお値段が高いので、相当変わってくるでしょう。
どうしようかな。一度見に行こうかしらん。アテは無いけど。

CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

銀行巡り

投資信託を久々に買うことを決めました。
基本的には円安が続くと考え、一時的に調整はあったとしても
それほど大きく崩れることはないと考えているので、
債券型のものはエイヤっで仕込んで行っています。
隠居おやぢ自信のものさしはある程度決まっているのですが、
新しい「気づき」を求めていくつかの銀行を回ってみました。
全てアポは取らず、飛び込みで行きました。

最初にS銀行。
しっかりと顧客の意向を聞いて、考え方を探りながら
商品を提案していくパターンですね。
勿論接客してくれた担当者のスキルもあるんでしょうが、
ご自信の考え方も交え、こちらが求めているニーズに
的確なアドバイスをしていただきました。なかなかの好感触です。
担当者さんの考え方は、
「アメリカはシエールガスなどもあり、今後も経済発展が見込めるので、
 ダウが史上最高値をつけたとはいうものの、
 まだまだ上値余地はあると考える。
 今後は円安からドル高になるのも後押しすると思われるので、
 この時期に仕込むのも面白いのではないか。
 その中でも小型株はイチバン最後にお金が流入するセクターなので
 まだ基準価格が低い内に一考するのもよいと思われる」
なるほど。アメリカが今後牽引するだろうという考え方には
「激しく同意」しました。この考え方を大いに参考にさせていただきました。

隠居おやぢの場合、考え方は参考にさせていただきますが
必ずしもその金融機関で購入することはありません。
その銘柄を買うにしても、自分が口座を開いている金融機関の中で
最も買付手数料が安いところを探しますし、
「あ。それいいな」と思うセクターがあっても、
アクティブファンドの場合はパフォーマンスに大きな差があるので、
より良いファンドを探すことにしています。

続いてR銀行。
S銀行はおじさんの接客でしたが(っておやぢが言うな!)、
こちらはキレイなお嬢さんが出てきました。
うん。この段階で隠居おやぢのテンションは上がります♪ 「わ。カワイイ」
こちらの意向をうまく伝えられなかったのもあるのですが、
提案されたのは
「エマージング・ハイイールド・ファンド」と、「アジア・ハイイールド・ファンド」。
どちらも通貨選択型で、いまトレンドになっているファンドですね。
あとは「USハイイールド」とか
ブラジルに投資するファンドを勧められました。
ふ~ん。先進国ではアメリカ、新興国ではブラジルですか。
興味深く伺い、今後の検討事項とさせていただきますが、
エマージングは単一国よりも複数国の方が何となくアンシンなので、
最初には手がけないかもしれませんね。
帰宅後、いただいたパンフレットを眺め、
もう一度確認したい事があったので、電話しましたが生憎接客中でした。
折り返し連絡していただくように伝えましたが、かかってきませんでした。
この段階でR銀行との取引は無くなりました。
残念ですね。とってもカワイイお嬢さんだったし、
お話ししている間は凄く楽しかったのに(ってキャバクラやないわい!)。

銀行さんを巡っていると、
だんだんこちらも慣れてきて、「どんなファンドを探しているのか」
より的確に伝えられるようになります。

3件目のM銀行では、
「アメリカが今後強くなると思うので、
 米ドルに投資するファンドを紹介していただきたい(基準価格は円で)。
 投資対象はアメリカ国内に拘りません」と伝えたところ、
提案されたのは、売れ筋の「通貨選択型ファンド」。

「今後アメリカの景気が良くなって金利が上昇すると
 パフォーマンスは落ちますよね?」
と歓迎していないことを仄めかしても、やっぱり推してきますね~。
他には「USハイ・イールド」と「USリート」あたり。
まだ入行して4年目のフレッシュなお嬢さんでしたが、
アメリカの株に関する提案がないのが、物足りなく感じられました。
残念ながらこちらでは、参考にさせていただく材料はありませんでした。

昨日S証券で面白そうなファンドを売っているのを発見。
今日お話を聞きに行こうと思います。

閑話休題。
昨日から為替は少し動いています。
動いているんですが、利幅150pipsだと全く影響がありません(涙)。
ポジションも立たないし・・・、決済もありませぬ・・・。
もう少し下りてきてくれると、とってもウレシイのですが・・・。
と思ってチャートを眺めていたら、再び上昇を始めました。
とりあえずキウイの利幅を150pipsから100pipsに縮めてみました。

さて。週半ば。どうなりますかね。頑張りましょうね。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

銘柄探し

池田泉州銀行の満期がやってきます。
5年満期で金利は1.300%!破格ですね~。
今の池田泉州銀行は、定期預金で預ける妙味が薄れているので、
全額引き出す予定です。
先日解説した「香川銀行セルフうどん支店」というお茶目な口座と、
住信SBI銀行の定期預金に預けます。
それだけでは面白くないので、
久しぶりにETFと投資信託の銘柄探しを始めました。

思えばETFや投資信託、そして変額年金。
いずれもリーマンショック前に仕込んで、ボロボロにされました。
もう運用実績などという以前に、円高でメチャクチャになりました。
ほんと円高容認した民主党、特に藤井裕久には恨み骨髄でございます。
そのときのダメージが大きくて、なかなか買う気にならなかったのですが、
昨年夏に購入したUSリートとUS・ハイイールドが好パフォーマンス。
更にNYダウは史上最高値更新ということなので、
改めて買ってみようかな~、と思った次第です。

どちらかというと、隠居おやぢはシンプルなものを好みます。
加えて最近設定されたものは、手数料が高いので
以前からあって基準価格がメチャ低く
そのくせおカネが集まって資産総額が大きいものがいいですね。
アールパパさんに勧められ、かつ私自身も口座を持っているSBI証券では
ノーロードファンドも数多く取扱っています。

いろいろ考えましたが、やはりこれからおカネが集まるのは
アメリカだろうと思います。
債券とリートは既に持っているので、
株投資するETFもしくは投資信託を探してみます。
・・・と、アメリカだけに投資するファンドって案外少ないんですね。
ETFで面白そうなのがあったので、そちらにしようかと思います。
円安が進み、以前ほど為替リスクが意識されなくなると
敢えてアメリカで上場しているETFを選ばなくてもいいように思います。
国内上場ETFの方が、シンプルで分かりやすいのが利点です。

随分上げてきましたが、わが国もまだまだ面白いと思います。
シンプルなインデックスファンドとリートを探してみることにします。
TOPIXよりも日経225の方が基準価格が低いものがありました。
TPX2倍のETFも面白そうですが、
買うタイミングを見計らいたいと思います。

あとはエマージング・カントリーの債券ファンド。
今はブラジルとかトルコあたりがトレンドなんでしょうか。
中長期のお付き合いをするつもりなので、
より多くの国に投資しリスク分散が図られているものが希望です。

ある程度銘柄候補は絞られたのですが、
問題は「いつ」「どのように」買うかですね。
為替はほとんど押し目が無く上昇を続けてきました。
あんまりプライスを気にしすぎると、タイミングを失ってしまいます。
とりあえず、こっそり打診買いを試みて
下げたら買い増すのがいいんでしょうね。

でも隠居おやぢのように、
株や投資信託から離れていた沢山の人が市場に戻ってきたら、
まだまだ上昇が見込めるってことになるんでしょうか。
う~ん。バブルに加担する隠居おやぢ?
でも何となくやけど面白そうやな。銘柄探しは今後も続けて行きます。


閑話休題。
明日からまた市場が開きます。どうなるんでしょうか。
来週の見通しがいくつか出ていたので、
それを参考にトラップを変更しました。
例えばセントラル短資の米ドルの見通しは、94.00-99.00だったので
94.00から下は50銭刻みから1円刻みにして、本数を減らしておきました。
キウイも同じように本数を減らしました。
基本的にクロス円は上昇傾向だとは思いますが、
不測の事態が発生したときの打撃を最小限に止めたいと思っています。
ドル円の75.00~100.00にトラップを敷き詰めるといったような方法は
とても危険な事だし、資金効率が悪いと思います。
円高に動いたら押し目を拾う。その方が怪我が少ないと思います。

そんな訳で、今週もチョコッと微調整。
明日からまた頑張りましょうね。ではまた。
CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー

久しぶりにETF

リーマンショック前に買った金融商品は
莫大な損失を抱え、泣く泣く損切りしたものが殆どです。
投資信託も変額年金も、勿論FXもそうでした。

それらの金融商品には、あんまり良い思い出がありません。
でも一番重要なファクターである為替が高値安定しているので、
そろそろ買ってみようか・・・と思い立ちました。
アールパパさんは
「コストを考えると、ETFの方がよろしいのでは?」とのこと。
確かにそうですね。
為替のリスクが軽減されてきているので、
敢えて国内のETFを検索してみましたが、ビックリしました。
いつの間に、こんなに沢山取扱っているの?
隠居おやぢが取引していた頃は、まだTOPIXとか日経225しかなくて、
確か金価格に連動するETFが初めて出た頃ぢゃないかしらん。

で。いろいろ調べて銘柄を検討していました。
えらいこっちゃ。円安が止まらない・・・。
為替も株も「まだまだ上がる」とは思うものの
「にしても今買うのは・・・」と躊躇してしまいます。
「3月は円高に振れる」という声も聞くし、
「いや。4月~5月にドル円は90円を切る」という話も聞く。

結局「慌てて買うのは止めましょう」という
至極当たり前の結論になりました。
せめて90円台前半まで降りてきてくれるまで、
様子をみることにしましょう。

その為替ですが、今週前半は全く決済ありませんでした。
でも途中から次第に上昇が始まりました。
眠っている間に、もう1本くらい決済されることを願っています。
ここのところ週後半で決済が進むこと(=円安進行)が
多くなっているような気がします。
できれば週前半で決済が進む方が、何かと気が楽なんですけど。

恐らくクロス円のロングのみで仕掛けている方々は
今週も良い結果が得られたのではないでしょうか。
今までのレンジからすると随分円安になった気もしますが、
歴史的にドル円なんぞはまだまだです。
とは言え、いつ揺り戻しがあってもおかしくないので、
お互い専門家の見解などにも耳を傾けつつ
慎重に資金管理をしていきたいものですね。
では、良い週末を。そして来週もイイコトがありますように。


あ。ヨメが風邪ひいてダウンしてます。どちら様もお気をつけ下さいまし。


CATEGORY:投資信託

THEME:投資信託 | GENRE:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。